6月の営業案内

娘が描いたコアラの絵

6月になりました。

 

もうじき、今年も半分過ぎようとしています。

 

 

 

今月の営業案内です。

 

今週の4日(土)は、稽古会参加のためお休みします。

 

13日(月)は12時からの営業、18日(土)は稽古会参加のため15時までの営業となります。

 

 

 

寒暖差で体調を崩したり疲れやすくなっている方が見受けられます。

 

メンタルでも不調になったり、過去の失敗を思い出してつよく自分を責めて落ち込むこともありそうです。

 

休むときは休みましょう。

 

 

 

コロナが少し落ち着いてきたかと思うと、今度は新たな病気が騒がれ始めています。

 

国の経済対策に回せるお金がどれほどか調べていませんが、コロナに対してかなりの量を投入してきた後、次の対策に回せる余裕があるのでしょうか。

 

あてにしていては振り回されて気分が滅入るばかりの人もいるでしょう。

 

逃げていても待っていても、まだしばらく状況がよくなるとは思えません。

 

今できることの中で結果をだせることをできるだけやり続ける中で、自分の能力を上げていくことが有効な選択だと思います。

 

 

 

他人は自分が期待するように振舞ってくれません。

 

自分のために動いてくれることがあるとすれば、その人にとってなにか得になることがあるからです。

 

人をあてにして自分のためになることをやらないと、結局時間だけが過ぎていきます。

 

陰謀論という言葉で片付けることもそうで、それを見下す人たちもいますが、それは誰かのせいにしていることがわかるからかもしれません。

 

ただ、陰謀論と陰謀は別物です。

 

その違いがわからなければ、だれかの都合のために一方的に利用され続けます。

 

そしてそこにかけた無駄な時間は、自分が自分のために使えた時間でもあるのです。

 

人が自分のために何かやってくれないなら、自分が自分のためにやるしかありません。

 

それが基本です。

 

自己犠牲も必要ありません。

 

 

 

これから世の中が大きく不況に傾く可能性を感じている人も多いと思います。

 

今現在、資産もなく手持ちの金銭にも余裕がなければ、不況になるほど生活が苦しくなるのは当たり前です。

 

だから、そういうことに不安があれば、余裕があるうちに蓄えておくことです。

 

また、あるだけ使うような浪費癖を改めたり、最低限とはいわなくてもつつましい生活、必要な分だけ贅沢をしなくても納得できるような生き方を少しずつしておくといいのではないでしょうか。

 

稼ぐ能力も磨いておかないと、経済が苦しい世の中で中途半端な人を雇いたい雇用主もまずいないでしょう。

 

今の仕事を続けるのであれば、一流を目指すこと、一緒に働きたいな、と思ってもらえうなりのことをする、など、自分で課題を見つけてやることです。

 

貯金があっても物価が上がれば足りなくなることもあります。

 

時代の変化に振り回されている人もいるでしょうが、その時々で稼げるなりの力を今からでもいいのでつけておくといいと思います。

 

こういうことは数年前からお話をしてきました。

 

考え方を変える、能力を上げる、ということは地道な取り組みの先で徐々になされることだと思っています。

 

要領よく効率的に、ということでも、ベースができているからできることです。

 

ベースをつくるためには、それを理解できるレベルになるまで時間を要したりします。

 

例えば、いまの給料や売り上げを5万上げる、ということが、自分にとってどれほど大変か考えてみてください。

 

いまは、むしろ下手をすれば給料を減らされかねません。

 

痛い目にもあいながら、創意工夫して結果をだせるところまであきらめない人たちが、これから大変な時期になったとしても、なんとか耐えていく可能性があります。

 

能力のある人はまた違うかもしれませんが、自分がその能力のある人かどうかはき違えていると、いつかできる気になってずっとやらずにその時をむかえることになります。

 

 

 

この間聞いた話ですが、アメリカの物価が上がり始めているようです。

 

社員とパートの雇用保証や負担などの違いも出始めているようです。

 

これから経済が大きく揺らぐ可能性を前から感じていましたが、あまり時間を置かずに、私たちの生活が揺れ動くかもしれません。

 

新たなことをするのであれば、なにかあった場合も想定しつつ考えて行うといいでしょう。

 

 

 

健康面もそうですが、なにかと振り回されることが多い昨今、周りの情報ばかりあてにしていると、これから先も新たな情報が出るたびに振り回され続けます。

 

自分で考えること、判断すること、そういうことを繰り返すことで、マスクを外すことも自分で決められるようになります。

 

周りをあてにして、責任を取りたがらない生き方をし続ける限り、不安があってもなくても我慢しながらこの先ずっとマスクをしつづけることになるでしょう。

 

もともと強制されるものでもありませんが、世田谷区ではようやく、子供たちの登下校時にはマスクをはずしてもいいですよ、的な案内がだされていました。

 

この時期に熱中症にかかるリスクが圧倒的に高まるのは当たり前の話です。

 

熱がでるとか、一時的にふらつく、くらいのものではなく、重度の障害が残ることもあれば死ぬことだってあるのが熱中症です。

 

自分で外せない子供も多くいるでしょう。

 

家の中でつけている人もいるので、昼間はもちろん、夜高齢者が寝ている間も含めて、今年はマスクによる熱中症がけっこうあるのではないでしょうか。

 

 

 

当院では、不必要なマスクの着用や消毒は求めていません。

 

ご本人の判断に任せています。

 

 

 

今月もみなさまのご来院をお待ちいたしております。

 

写真は、娘が描いたパンダのパズルの下に描かれていた隠し絵のコアラです。

 

 

 

 

 

親子で運動

息子が描いてつくったパズル

今日は薄曇りの空です。

 

先日のゲリラ豪雨のような雨はあれからなく、梅雨らしいといえば梅雨らしい天気がなんとなく続いています。

 

娘の通う小学校では、胃腸炎風邪が流行りだしたと聞きました。

 

この陽気で体を冷やすこともあるでしょうし、体にたまった疲れもあることでしょう。

 

子供は敏感です。

 

風邪に関してはとくに大人よりも早くかかりやすい傾向があります。

 

体力のある人も疲れをため込んでいたり、油断して寝冷えすることがありますので、体を冷やさない服装、一枚羽織れる薄手の上着を持ち歩く、温かい食事をとる、湯舟にゆっくりつかる、寝不足になって体力がおちないよう夜更かし等に気を付ける、体温が上がり血流がよくなることで体の働きもよくなりますし免疫力も上がるので、軽めでもいいので運動をする、など、できることをしながら気分よくすごせる体調管理をしていくといいと思います。

 

先週から、子供たちと一緒に朝晩体を動かすようになりました。

 

きっかけは娘の習い事で夏にイベントがあるため、それに向けて動けるからだにしよう、ということになり、娘のトレーニングを習い事とは別に始めています。

 

これまでいくつか学んできたこともあり、それらを活かす機会にもなると思って始めましたが、子供の柔軟性や体力などは、きっかけさえあればどんどん変わっていくことがわかります。

 

中学生になった息子も一緒にやっていますが、すでに体も固くなってきているため、同じようにはできず手こずっています。

 

私にいたってはひどいものですが、ただ、やればやったなりに感覚が呼び起こされたり、以前気が付かなかった体の動きについて理解が得られるなどするため、仕事での発見にもつながり、けっこう楽しめています。

 

時間にすれば15分から30分程度のことですが、それでも毎日、できれば朝晩つきっきりで教えることで、体の変化を実感しながら定着させていくこともできているため、子供たちも自分の変化や成長を実感していますし、教えている私も教え甲斐があります。

 

一度に大きく変化させることはそうそうできることはありませんが、少しであっても続けることで、積み重なっていく経験は私たちに好ましい変化をもたらせてくれます。

 

目的にあった具体的な取り組み、うまくいかないときにできなかったことよりもまずはできたことに目を向ける習慣、やるごとに変化を実感しながらモチベーションを保つ、続けることでさらによくしていけることへの理解、そういうことを子供たちと一緒にやれていることが、とても幸せな時間に感じられます。

 

夏のイベントは一つのきっかけで、自分を伸ばしていくことを通して自信をつけてもらいたいですし、楽しみながら創意工夫することを覚えてもらいたいと思っています。

 

 

 

東京は梅雨入りしているらしいですね。

 

梅雨明けまでまだしばらくあると思いますが、寒暖差や湿気に低気圧の影響等で体調を大きく崩さないよう、ご自愛ください。

 

お疲れでしたら、ぜひマッサージを受けにいらしてください。

 

みなさまのご来院を、お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

一週間お疲れさまでした

土曜日なので、今日で一週間が終わります。

 

先週あたりから、精神的に不安定になっている方が多いことが気になっていました。

 

なにが原因か考えたのですが、一番可能性として高そうなのは、梅雨時(日照不足と気温の不安定さや気圧など)の影響でしょうか。

 

酸素の影響ということもいえるのではないかと考えています。

 

もしそうであれば、体を温める、軽く運動する、ゆっくり休む、など、体の細胞一つ一つに酸素を含む血液が行き渡るイメージで過ごしてもらうことで、多少はちがうはずです。

 

自暴自棄になったり、周りに当たり散らしたり、不安に苛まれたり、いつもの半分くらいしか仕事に集中できない、細かなミスを連発する、などなど、思うようにいかないことのオンパレードのドはまりしているような方は、梅雨が明けるまで今しばらく気を付けて過ごした方がいいと思います。

 

調子が悪かろうが、そんなつもりがなかろうが、やらかしたことの結果は自分で受け止めることになるのはごく当たり前のことです。

 

無意識にやらかすことも同じです。

 

それを意識でどこまでコントロールできるか、が結構問われる時期になるかもしれません。

 

また、取り乱したりパニックになってからでは歯止めが効かないのであれば、そうなりづらいように意識して行動できるところで、なるべく自分から変なところに首を突っ込まないことです。

 

完璧な人間なんていませんから、どこかで失敗したりうまくいかないこともあるものです。

 

ですから、やってしまったことを責めるよりも、気づいたのであればそこから立て直すことに目を向け、迷惑かけたなら謝り、つぎに活かしていけばいいのです。

 

ただ、なにもしないで次に備えていても、また同じことを繰り返します。

 

気づいて反省しているところで、次同じようなことがあったらどうすればいいのか、自分なりの結論を出しておきましょう。

 

そうすることで、とっさのことでも対処できたり、やらかしている最中に歯止めが効いたり、未然に防いだり大事にならずに済んでいきます。

 

困りごとが少ない方が気が楽です。

 

物事は道理にそって結果がでます。

 

自分にその気がなくても、それは無意識にやってしまったことがもたらす結果であれば、自分で受け止めることになります。

 

意識すればそうならないのであれば、そうすればいいだけです。

 

苦しいことや困りごとが好きなら、エゴの好き放題で考えなしにその時の気分でやり続得ければ、そういう結果が起こりやすくなるでしょう。

 

苦しいことや困りごとが悪い、というわけでもありません。

 

自分が望んでそれが叶っていれば、思うように生きられて幸せな人もいます。

 

自分が何を望んで生きているのかは自分で決めることです。

 

外的要因であっても内的要因であっても、行動を起こすのは自分です。

 

人のせいにするうちは本当の解決には向かっていきません。

 

梅雨のせいなのか、それ以外の要因なのか、それは人によりますが、情緒不安定になりやすい自覚がある方は、上記のことを踏まえて考えながら過ごしていただければと思います。

 

天候もそうですが、アメリカの株価が不安定になっている気がします。

 

円安もまだこれから下がる可能性があるようですし、資源や食料が乏しい日本は、これから高い金額で輸入し続けることになる可能性も考えておく必要があるでしょう。

 

生活の中でかかるコストが上がる、経済的負担が増える、そういうことを懸念しています。

 

ブラックマンデーではありませんが、ある日突然、ということもあると思っていますが、株価と実際の経済活動へのは時間差があったりずれることもあるので、パニックになって振り回されず、まずは目の前のことをしっかりやっていくことを忘れないようにしてください。

 

コロナや紛争、サル痘、食糧危機や経済活動への不安など、振り回されがちな話題が出がちですが、個々に必要なことをそれらから判断すること以上に振り回されると、結局自分のために使える時間や労力などが目減りするばかりです。

 

上でも書きましたが、自分のやったことが返ってきます。

 

行動して初めて事態は動き、その内容によって結果も全く違ったものになります。

 

意味のないことをして時間を浪費しても、自分のためになることを懸命にやっても、使う時間や労力はかわりませんが、結果は全く異なります。

 

大変な状況になってから慌てても、狼狽してあちこちに目移りしているので、大事なことがなにかさえ分かりません。

 

普段の積み重ねがあるからこそ、いざという時にもできたり分かるのですから、時間をつくってそこはしっかり確認しておくといいでしょう。

 

そう遠くない時期に、世界はまた大きく動き出すかもしれない、と最近感じます。

 

まだそうなっていない今が、後で振り返った時にもしかしたら貴重な時間になるかもしれません。

 

漠然とした不安があれば、考えを整理したり、具体的にできることを考えておくといいでしょう。

 

その中で一番大事なことは、目的をしっかり決めていくことです。

 

いきなりはできませんが、大きな枠組みで自分が目指す方向を決めることで、そこへの道のりが具体的になっていきます。

 

自分の持ち味をいかしながら、気分よく過ごしていけるといいですね。

 

 

 

来週、13日(月)は、都合により昼からの営業になります。

 

18日(土)は勉強会参加のため、10~15時の時間帯での営業になります。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

生き残りをかけて、か

私たちがいま置かれている経済の状況について、面白い動画を見つけたので、一度見ていただければと思います。

 

https://youtu.be/nvIClmNq_YE

 

ブログ「全肯定への道」で先日書きましたが、私たちの生活に直接影響を及ぼすかもしれないことが起き始めており、それに関することがこちらでも語られていました。

 

生き残りをかけてエネルギーの奪い合いが始まることは、以前全肯定への道でも書いていたと思いますが、それはすでにあちこちで始まっていると思っています。

 

これまで裏で動いていたものも隠れていられず表に引っ張り出される、ということが起きていると私は考えていますが、なりふり構わなくなってくると、かなり激しいことが起きることもあるでしょう。

 

その時犠牲になっていくのは、弱い立場の人たちからです。

 

その弱いの意味がわかっていないと、あとで気づいて手遅れになるかもしれません。

 

まだ、わかりやすく何かが起きている、と皆が認識できてはいない状況ですから、確信をもってなにかやることもためらわれると思います。

 

実際にこのさきどうなるかはわかりませんが、可能性として大きな影響を受けることが考えられているのであれば、なおかつそれがあまり猶予なく起きるとしたら、できることの中でどう転んでも困らないようにして早めに備えておくことはしておいた方がいいのではないでしょうか。

 

なにかあってから慌てても、狼狽して終わるだけです。

 

目にする情報にばかり囚われていると振り回されますから、自分なりに調べてみること、考えてみることです。

 

状況が変わる可能性はあるものの、私はカウントダウンが始まっていると思っています。

 

念のための注意喚起として掲載しておきます。

 

 

 

写真は娘がつくったものです。

 

玄関の扉に飾ってありました。