伝 88

幕が開けました

 

第2章

 

これからはじまるあなたの物語は

 

あなた自身が綴る物語です

 

自力(地力)が試されます

 

とことんまでやってみるといいでしょう

 

すでに手にした力に気がつけるかどうか

 

まずはそこからですよ


伝について

以前書いた気もしますが、「伝」というのは私の守護霊様から私に向けてのメッセージをこちらでご紹介させていただいているものです。


一時期は私個人に向けたものとも思えない内容でしたが、このところはやや厳しめの内容で、私に対して「もっと成長しなさい」とはっきりお伝えいただいている状況です。


この先の自分の感覚的な目標が分かり始めたため、今日は私にとっても節目ですし、数日前から始めていますが気持ち新たに取り組んでいこうと思います。


まだ設定されている段階には程遠いレベルですので、時間を無駄にしないよう頑張りたいと思っています。


ブログの文章など雑で読みづらいと思うのですが、それでも読んでくださる方がいらっしゃるというのはありがたいことですね。


よりきちんとみなさんにお伝えできるよう、励みます。


第二章の幕開けだそうなので、改めて皆さまよろしくお願いいたします。


(※写真は息子の描いた「どくだみ」です)





伝 89

圧倒的であれ

 


その決意があなたの集合点を動かすほどのエネルギーを引き出すことになるはずです


 

もう踏み出す事に迷いは無くなりつつあります


 

着実に歩みを進めるだけであなたは変わります


 

その進める歩みには細心の注意をはらいながら

 

繊細に力強く踏み進めていきましょう


 

大きく変わることは

 

あなたを磨き抜いてくれるということ

 


そのことに感謝して

 

一日を終わらせていきましょう

 



伝 90

あきらめない覚悟をもっているから

 

神様でいられるんだよ


伝 91

立ち向かわなければならない試練もあれば

 

流れに身を任せることで解消する課題というものもあります

 

どちらもあなたが成長する足がかりとして

 

目の前に現れるものですから

 

忌み嫌うことはなにもありません

 

生き長らえることが人生の醍醐味ではないため

 

そうした自らを奮い立たせたり

 

押し上げてくれるような事象に遭遇すると

 

沸き立つ感情にあなたは気づくことでしょう

 

 


伝 92

現象と原因の関係は 

 

エネルギーに於いては等価であるが

 

それが等質かと問えば

 

やはりあなた達現象の世界に生きている者達には

 

違うと答えた方がわかりやすいのかもしれないね

 

反転という言葉を機に考えてもらうとよりわかりやすいのかもしれないけれど

 

ときに現象面にこそ解決すべき問題があるのであって

 

原因に解決すべき問題はないこともあるのだよ

 

問題を解決するために働きかけるならば

 

あなた達が通常は現象と思うことを

 

実は原因にすりかえてしまっていることもある

 

ということにまず気がつかないと

 

進歩の足取りは非常に優雅なのんびりしたものになるから

 

注意したほうがいいんだよ

 

 


伝 93

よりよく生きるというのは


今の地球ではけっこう上質な生き方になるんだよ


その生き方に入っていけたなら


今回はほぼ合格ラインといえるものだけれど


みんなその意味を取り違えているし


そのように仕向けられてるからね


丁寧に真剣に考えないと


大半の人は成長のない欲望を満たすことに


かけがえのないエネルギーを注ぎ込んで消耗し疲弊し


浮かび上がれないまま 


その時々を迎え入れていくことになるからさ


やはり自分の抱え込んでしまっている価値観みたいなものを


よくよく疑ってみたほうが


よりよく生きることにはなるんだよね


わかる?



補足(伝 91)

 

 

昨日ご質問をいただきました。

 

伝91

 

立ち向かわなければならない試練もあれば

 

流れに身を任せることで解消する課題というものもあります』

 

の「立ち向かう」と「身を任せる」の判断基準が分からない、というものでした。


それに対しては下記の内容になりました。

 


『自分の限界まで果たしてやり切ったといえるか?そう自問自答したとき、偽らざる心でみれば自ずとわかるものだからね、もうこれ以上できない、そう思ったなら流れに身を任せればいいよ。


身を任せて結果を見た時、その結果に不満なく向き合えたならよし、わだかまりが残るなら反省して次にいかす。


他の人ではなくね、自分がやるべき課題として目の前に現れたものを試練と表現しているから、そうしたものは常日頃からやるべきことをやって整理しておくと、比較的わかりやすいだろうね。


試練という言葉では重く受け止められがちだけど、生きていること自体が試練みたいなものだから、がんばってくださいね。』


 

私もわからないことが多い「伝」ですが、なるべくわかりやすくお伝えできるよう努力します。

 

 

 

備忘録


参考になる方もいるのではないでしょうか。



◎成績が伸びない子に効く「直しノート」の威力

  http://toyokeizai.net/articles/-/91063


◎続けられない人の欠点は「努力」でなく「分析」

  http://toyokeizai.net/articles/-/90949



学びの整理として

 

このところの学びの整理として、備忘録として途中までのものを残しておきます。

 

 

 

生きることにおいて、よりよく生きるということは、生きやすさが増す生き方をしているということ。

 

それは成長するということでもあり、では成長の方向性はどこに向くかと考えると、エゴを薄くして全体との調和が成される方向と考えてみればいい。

 

なぜそちらを成長の方向性として求めるのか。

 

それは元々が全体性であり、そこに部分、局所という歪みを作ったから。

 

宇宙は完璧であるとは、常に歪みは解消され続けているということ。

 

その宇宙という全体の働きが、エゴで囲い込んだ中にもあり、それを小宇宙と呼ぶのかもしれない。

 

小宇宙はエゴにより歪みを生じているので、その歪みを解消するために取り組むことが、カ

ルマの解消とよばれるものである。

 

神は万物の創造主であるということを考えると、自然は神が作ったものであり、神のエネルギーがそのまま現れているものを自然と呼んでいる。

 

その自然を歪めたものがエゴとしての人間であり、陰始に組する自然の一部である。

 

エゴの自分がより神に委ねる生き方をしようとするならば、神に近づく必要がある。

 

全託となれば、一致しなくては成り立たない。

 

どうすれば一致するか。

 

それは神の行い、想いを真似ること。

 

自分より上質な生き方を学ぶには、まずは真似ること。

 

神様は大常識人なので、神様を真似て、神様が考えていることまでわかるようになれば、全託により一層近づいたと言えるのではないか。

 

その真似を深めて隅々まで行き渡らせることで、神と一致する。

 

お祈りはその真似ることにあたる。

 

全体性という神への回帰を求めるエゴに覆われた局所の神性は、その求める感覚として故郷

への郷愁、母性への想いを拠り所としている。

 

 

 

以上、理解や整理ができていないことも点在していますが、読んだ方の考えるきっかけになることもある気がするため掲載しておきます。


 

 

質問しました


ご回答いただけるかわかりませんが、先日の「学びの整理として」の内容を加筆修正してBBSにて質問いたしました。


前回同様、考えるきっかけにもなると思いますので、そのまま掲載いたします。





① 虚空蔵55様、みわ様 


いつもご指導いただきありがとうございます。

 

最近、進化の方向性ということについて考えていたのですが、曖昧なところがあり考えを整理してみました。

 

ご指導いただけるようでしたら、よろしくお願いいたします。

 

 

私たちには選択の自由がある中で、今の地球においては大きくわけて2つの方向性があると考えています。

 

一つはアセンション、もう一つはディセンションです。

 

エゴを薄くして、より全体との調和をはかる方向性がアセンションで、より生きやすい方向性ともいえると思います。

 

これは地球に残る、または地球を卒業する魂だと考えています。

 

一方、ディセンションに関しては、より生きづらい方向性を選択しています。

 

この生きやすさ、生きづらさ、というのは、例えば人間が持っている能力をより多く使えるようになるか、より制限して今より少ない能力で生きていくかとも言えると思います。

 

アセンション、ディセンションした先のそれぞれの世界に生きる人間のDNAの稼働率がプラス数%になるかマイナス数%になるか、という考え方でもいいかもしれません。

 

生きることにおいて、よりよく生きるということは、生きやすさが増す生き方をしているということだと思います。

 

それは成長するということでもあり、では成長の方向性はどこに向くかと考えると、エゴを薄くして全体との調和が成される方向と考えています。

 

なぜそちらを成長の方向性として求めるのか。

 

それは元々が意識の世界では完璧である全体性であり、そこに思い込みなどによるエゴによって囲い込んだ部分、局所という歪みを作ったため、歪み(エゴ、カルマなど)を解消して完璧な世界を保とうとする働きがあるからです。

 

宇宙は完璧であるとは、常に歪みは解消され続けているということだと考えています。

 

その宇宙という全体の働きがエゴで囲い込んだ中にも部分としてあり、それを小宇宙と呼ぶのかもしれません。

 

小宇宙は大宇宙に歪みを生じた状態と考えられるので、その歪みを解消するために取り組むことが、カルマの解消とよばれるものでしょうか。

 

神は万物の創造主であるということを考えると、自然は神が作ったものであり、神のエネルギーがそのまま純粋に現れているものを自然と呼んでいるのだと思います。

 

その自然を歪めたものがエゴとしての人間であり、陰始に組する自然の一部でしょうか。

 

そう考えると、エゴを無くす方向性というのは、世界が完璧であるための歪みを解消する働きであり、自然なことと考えやすくなります。

 

普段の生活の中で出掛けたりしたとき、自然に触れるといっても違和感を感じることがありますが、森や川があるからいいわけではなく、本来の純粋な宇宙のエネルギーを何らかの形で歪められている場合は、あまりいい環境ではないと感じているのかもしれません。

 

これからの地球に残る生き方は、地球と調和した生き方ができるかどうかだと思うのですが、エゴの自分がより地球に委ねる生き方をしようとするならば、より自然な生き方が必要になります。

 

それがエゴを薄くした意識からの思い、本心に従って生きる生き方だと思います。

 

自然は神様のエネルギーの現れですから、より自然な生き方というのは、エゴより神様に近い生き方になっていくということになるのでしょうか。

 

全託となると、一致しなくては成り立ちません。

 

どうすれば一致するか考えてみると、神様の行い、想いをまずは真似ることだと思います。

 

技術の習得について考えた時、初心者や未熟な人は、より上手な人の技術を手本として技術習得に取り組みます。

 

よりよい生き方をされている方がいるならば、そうした方が見本になります。

 

できること、できそうなこと、できないこと、を知り、いまできること、できそうなことに取り組むことでできないことを減らしていくことが成長の一つのあり方だと思いますので、その取り組み方の最たるものが五井先生の世界平和の祈りだと考えるようになりました。

 

お祈りすることで、未熟な私が神様の想いに近づいていく、そして全託できる道筋をつけてくださっている気がいたします。

 

ですから、いまの自分より上質な生き方を学ぶには、まずはより良い生き方をされている方を真似ることであり、お祈りすることです。

 

神様は私の理解できないような範囲まで物事をよくわかっているため、人間であれば当たり前のことが当たり前にできる一番常識をわきまえた存在だとも私は考えています。

 

神様を手本とし、日常生活では日々目の前のことをキチンと取り組み、神様が考えていることまでわかるようになれたならば、全託により一層近づいたと言えるのではないかと思いました。

 

その真似を深めて隅々まで行き渡らせることで、神様と一致していく気がします。

 

全体性への回帰を求めるエゴに覆われた私たちの本心は、その回帰の方向性の手がかりでもある求める感覚として、故郷への郷愁、母性への想いを拠り所としているのだと思います。

 

ここが曖昧に感じているところでもあります。

 

以上、理解や整理ができていないこともありますが書かせていただきました。

 

現状の理解の確認をしたいという個人的な理由ですが、なにかご指導いただけることがございましたら、よろしくお願いいたします。

 

理解の難しさ、言葉で表現して伝える大変さを日々感じています。

 

わかりづらい言い回しは私の理解が足りていないゆえだと思いますのでご迷惑をおかけいたします。

 

よろしくお願いいたします。




② 虚空蔵55様、みわ様

 

先日はやや長めの文にてこちらにご質問させていただきました。

 

開業以来こちらを通して来て頂いた皆様とお話するにつれ、私の今の段階や理解度など、なかなか足りていないことを折に触れて実感するようになりました。

 

わからないなりに考えていることではありましたが、こちらは真理に照らし合わせてご指導いただける貴重な場でもありますので、未熟なりの学びを得ていきたいと改めて考え、現状の把握と課題を自覚するため、ご質問させていただきました。

 

自分なりにこの一年で成長させていただけた実感がある一方、こちらで教えていただけていることの難しさも実感する機会が増えた気がいたします。

 

こちらで教えていただけていることを大まかにでもよりはっきりと全体像がつかめれば、今よりも理解が深まるのではないかと考え、書かせていただいた次第です。

 

私もそうですが、いらしてくださる方たちも理解が追いつかない事が多いようですので、少しでも理解して私なりの言葉で分かりやすく伝えていけるようになれたら、と最近は考えるようになりました。

 

因果応報が早くなる、というお話でしたので、理解した分だけよくなる、と考えています。

 

関わる方に少しでもいい理解を得てもらえたら、やはり嬉しいです。

 

自分に限らずより多くの方が陰始に引きずられないためにも、できることの一つとして自分の理解を深めることは大事であると考えています。

 

以前は人に話す前提ではなかったので、わかったつもりで済ませていたことが多々あることに気づかされています。

 

いらしていただいた方たちになにかを伝えようとした時、細かな事柄一つ一つをわかっていないと話ができないことも実感していることです。

 

改めて読み返すようにいたします。

 

先日の質問で、なにか言葉が足りなかった気がしたため送らせでいただきました。




緻密だけれどダイナミック


タイトルは、先日ある患者さんとのやりとりで守護霊様から出てきた言葉です。


イメージとして浮かんだ映像が、細かい白い点が集まり銀河のような形を作っていました。


以後、物事のとらえ方として自分でも意識するようにしています。


先日のブログ「質問しました」は、そういう意味で緻密さを目指したつもりでしたが、結果的に「学びの整理として」にあったダイナミックさを見事に損なったものとなってしまいました。


細かく丁寧に書いたつもりでした。


もっとわかりやすく良くしようと欲がでていたため、自分ではカルピスに水を混ぜて飲みやすくしたつもりが、実は牛乳に水をいれて台無しにしてしまったかのようです。


今後に活かしたいと思います。


『「善・悪」について』のときよりは分かりやすくなったかと思っています。



今週の土曜日は最近には珍しく空き時間がありますので、ご都合つく方はご検討いただければと思います。



おぼろげに

昨日あたりから、なにか気づけそうな感じがしています。


大きな方向性に気づくことにより、自分の限界を知ってその先にすすむためにより大きな存在に委ねる、みたいな。


断片的にいろいろなものが浮かんでは消えています。


肉体改造も行われているようで、頭がぼわんとしています。


いらしてくださった方たちのその後の変化を実感する機会にも恵まれ、なんとなくいい感じではあるので、焦らずいきたいと思います。



息子作、お皿にのったプレーンワッフルとフォークと紙ナプキンです。


おいしかったです♬



少し変えました

髪形を・・・うそです。


昨日アドバイスをくださった方がいて、HPを少し配置換え、追加等いたしました。


気づいたところから少しずつ修正していきます。



ある患者さんに勧められて「鼻の洗浄器」を使い始めたのですが、非常に使いやすいこともあり、BBSをご覧の方は特に興味があると思いますので店頭にて販売することにいたしました。


必要な方はご来院の際にご購入いただければ、その日から始められますよ!


腰の重い私でも簡単に始められました!!


私は最初違う物を購入したものの、やり方を間違えてひたすら苦しみながら続けていましたが、正しいやり方がわかれば非常に簡単にできます。


とある裏の情報筋から、「急須でも可能」という衝撃情報も入手していますが、こちらのほうが安心かと思います。



よろしくお願いいたします。




伝 94


なにかをあてにしている分だけ

 

あたまもからだも

 

働かないものだよ

 

 

心までかたまってしまったら

 

ちょっと考えた方がいいよね


新江ノ島水族館

日曜に家族で水族館に行ってきました。


息子の希望で行ったのですが、これまでも何度も行っていることもあり、今回はせっかくなので生きているものを直に見ながら描く、ということをさせてみようと思いました。


最近息子はなにかと絵手紙やらお絵かきで描くことが多く、好きみたいなので本人も乗り気でした。



いざ描き始めてみると、やはり動いているものは難しいですね。


描いている途中でどこかに行ってしまうことは当たりまえで、向きは変わるし、近くを通る子は必ずのぞき込んで見ていきます。



他にも描いたものがありましたが、帰るころには描き切ったようで満足げです。


日曜は朝が雨だったものの、帰るころには写真のようにきれいな夕日と富士山を観ることができました。



次の休みは鮭の遡上を見に行こうかと考えています。


子供と過ごしていると、私の場合は自然に近い環境に行く機会が多いですね。





伝 95


心地よいそよ風に吹かれながら

 

あなたの向かう先は

 

その風に背中を柔らかく押されるように

 

定まっていきます

 

 

いつしかそよ風はちからづよい後押しとなり

 

いまだかつてない

 

途方もない恩寵であったことに

 

ある時気づくことでしょう

 

 

その風も

 

最初はかすかな空気の動きですから

 

その風に気付けたならば

 

感謝して前に進みましょう

 

 

いずれその意味がわかる時がきます

 

 

 


「わたし、よくやった!」


昨日のことですが、私の帰宅前に妻が子供たちを遊ばせていた時の事です。



2歳の娘がアンパンマンのひらがなのパズルをやっていたそうです。


まだわからないことも多いので、妻が娘に


「『あ』はここだよ」


という感じで教えていました。


しかし、娘は途中投げ出して


「ちょっとひと休み、ごろごろするの!」


といって休んでしまいました。


でもそこから気を取り直して最後までやりきると


「わたし、よくやった!!」


と自分で自分をほめたそうです。



妻は自分をなかなか褒められない性質であっけにとられたようですが、間髪入れずに6歳の息子が


「自分をほめることは大事だよ」


とサラッと言われてしまい、びっくりしたそうです。



2歳の子供でもできることが、大人になるとなかなかできないものですよね。




営業日についてのご案内


明日21日(土)は、ご予約でいっぱいとなっております。


次週23日(月)は勤労感謝の日で、暦通りお休みさせていただきます。


再来週30日(月)は平日ですが、私用につきお休みさせていただきます。



12月のご予約を少しずついただいています。


冬至の22日も1件ご予約いただきました。


遠方からのご来院をご検討してくださっている方は、少し早めにご予約いただけるといいのではないでしょうか。



腰を痛めた方が数人いらっしゃいました。


風邪をひく方もいたり、体調を崩しやすい時期なのかもしれません。


乾燥しやすい時期でありながら、雨が多いので助かってはいますが、足元や首筋が冷えて調子が悪くなることもあります。


また、食べ過ぎたり、甘いものをとりすぎてしまうことで、疲れが抜けにくくなることもありますので、自分の体の声に少し耳を傾けてみてください。


いつもの惰性や習慣で負担になってしまっているものもあります。


そこまで必要としていない、ということがわかれば摂生すると気持ちいいですよ。



鼻の洗浄器」が好評です。


使い方の注意点などもありますが、免疫力を上げるのに効果が高いようです。


興味のある方しか購入はされないでしょうが、鼻洗浄をいつかやろうとなんとなく考えていた方は、この機会にいかがでしょうか?



いま、ある方にお願いして、その方の施術の感想を楽しんでご覧いただけるように作成を頑張っていただいています。


いらしたことのない方も、イメージがわくのではないかと期待しています。


いずれHPに掲載できると思いますので、お楽しみに♬




鮭の遡上と蒸気機関車

日曜日に茨城県筑西市というところに家族で出かけてきました。


実際に自然環境で生きている姿は水族館で観るものとは明らかに違いますし、古い時代の乗り物ではあっても感じるよさはあり、いろいろと考える機会となりました。


鮭に関してはその後、夢の中での指導も受けられ、得られた経験は今後の施術の課題となっています。



明日は胃カメラです


明日は念願かなっての?胃カメラの検査です。


果たしてピロリ菌はいるのでしょうか・・・



自宅の引越しの準備も忙しく、年末にかけてなにかと用事が入り始めており、なにやら慌ただしくなってきました。



このところいらっしゃる方に多いのが、やたらに眠い、というケースです。


日々の疲れというのはあるのでしょうが、体が求めていることには応えていくほうが自然な流れだと思いますので、そういう方はなるべく寝る時間を確保されるといいかと思います。



歪みの解消が常にされ続けることでこの宇宙の完全さは保たれている、と考えていますが、それは肉体にもいえることです。



マッサージ関係の教科書で大体目にするのですが。恒常性の維持、という言葉があります。


ある一定の基準を常に保つ働きが肉体にはあるのだそうです。



病気をこじらせずに経過することで体のバランスが整う、とおっしゃる先生もいました。



睡眠はそうした体の働きをよりしっかりしたものにしてくれます。


寝る子は育つといいますし、休みたいときは上手に休めるといいですね。




体験レポート(漫画版)

 

私のイラストも描いてくださった患者様の小妹いもこさんにお願いして、ご自身の「患者様の声」を漫画で描いていただきました。

 

とても読みやすく、面白く、わかりやすい内容です。

 

夜かみさんに見せたところ、目を丸くしして「すごい、わかりやすい!」と絶賛していました。

 

皆さんにも是非一度読んでいただき、感想などもお願いしたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

体験レポート(漫画版)

 

( ※ご感想を書いていただけるようでしたら、下のコメント欄にお願いいたします。)

 

ご感想のお願い


昨日掲載した『体験レポート(漫画版)』を早速多くのみなさんがみてくだっており、うれしいですね!


ありがとうございます!!


以前左のデフォルメについての時もお願いしましたが、読んだ感想などを率直なものでもかまいませんので前回のブログのコメント欄にいただけますでしょうか。


漫画を描いてくださった小妹(おいも)さんも喜んでくださいますので、よろしくお願いいたします。



ブーっ!

タイトルと写真は適当に。



以下、教えていただいたことのメモ書きです。




・自分の価値観で生きているか?


・善悪と思い込みはリンクしている


・思い込みをエゴとするなら、善悪をまず理解しないとエゴはわからない


・人の普段の考えは、人から教わった価値観を当然と思いこんでいる


・主に親から教わったもので善悪を決めている


・つまり自分の価値観ではない


・自分の価値観で生きているか??



以上、考えるきっかけにしてみてください。

※「善・悪」について


私もまだ理解しきれていませんが、おそらく善悪についての内容は流し読みされている方が多いと思います。


「人間知で思いつくのはそれくらい」ということは、人間で考えられる限界に近い内容でもあるということではないでしょうか。


まずはそこまでは理解しておかないと、と感じます。


私も教えていただいた内容ですので学んでいる途中です。


「エゴを薄くする」ということ、「自分に向き合う」ということ、それぞれこういうことから取り組まないとなかなか前に進みませんし、こうしたことがそうした取り組みそのものでもあると思っています。


自分の価値観を折に触れてチェックするようにされると、いろいろ生きやすさが増す実感が得られるとおもいますので、気づいた方は気づいたところから価値観の優先順位を入れ替ええていかれてはどうでしょうか。


因果応報が早くなると教えていただいていますので、行動に移した分だけ変わりますし、先延ばしにした分だけ先に延びていきます。


ある程度区切りも明言されている中で先送りするということは、そういう選択をしたということだと思います。


まだこういうことを書くあたりが、自由を認める難しさですね・・・観照者とは程遠い感じです。




伝 96


きらめく星々の光のように

 

私たちはみな

 

その輝きを自らに併せ持ち

 

そのきらめきを美しいと感じる心があるのです


 

エゴをなくしていくと何も残らないかのように思うかもしれませんが


 

あなたの内面が宇宙であるならば

 

外の宇宙とつながったからといって

 

なくなることはありません


 

果てしなく広がる宇宙には

 

きらめく星々があるように

 


わたし達もまた

 

そうした輝きを放つことができるのだということを

 


遠い記憶の彼方から

 

思い返すことができるのです