マイブーム

施術に関してのマイブームです。

 

足、特に足の指周辺の硬さを緩めること、にいま注目しています。

 

以前は気づかずあまりしっかり見ることのなかった点でした。

 

興味を持ちはじめると自然とそういった方面の情報が集まってきて、むかし習ったけどできなかったようなことができたりもします。

 

5本指の靴を休日は履き、鉄球で沈む練習をして、時々自分の足をさわっていたところ、20年近く前に病気で麻痺がのこってしまった足に力が入るようにもなってきました。

 

また、患者さんで足指用のゴムのグッズを教えてくれた方は、半身麻痺で拘縮があるのっですが、足首だけでなく上肢の拘縮も少しずつ緩みやすくなっています。

 

さらにその方は肺気腫を患っており、血中酸素濃度が平均82と相当低かったのが、数日前からなぜか平均88~90に上昇しています。

 

原因はわかりませんが、足の指を緩めることによってなにか体全体に変化をもたらしてくれている感じがして、さらに興味がわいてきました。

 

いざ注目してみると、足首はやわらかくても足の指が意外に硬い方がかなりいらっしゃいます。

 

グッズを使ったり、自分でもんだり動かすなど、手入れしてみると結構体調にいい効果を実感できるかもしれません。

 

テレビなどで芸能人の方が、足裏マッサージを受けて悶絶する光景など見たことがあると思うのですが、まだああいう感じで痛い施術になってしまうことが難点です。

 

もっと効果的に痛みを感じなくても改善を促せるようにすることが課題です。

 

 

  

節目

昨日はお世話になっている先生の最後の勉強会でした。

 

本部での勉強会で自分では理解できないことを、こちらでは独自の視点から指導してくださることで理解を促してくださっていたので、今後の自分の取り組みに大きな影響をおよぼすはずです。

 

他県の実家に帰られることが理由で、2月の節分を前に一つの区切りを迎えた感じがしています。

 

また、お隣で小さな商店をやっている御夫妻が、年齢を理由に明日閉店することになりました。

 

これから長いお付き合いになるとおもっていただけに残念です。

 

神棚をなくし、お正月も神社仏閣への参拝を基本的にいかなくなりましたが、旧暦の大晦日にちなんだ節分は豆まきをしようと思います。

 

やったほうがいいですよ、というお話をBBSで以前に見ていたためですが、年間の行事ごとというと今後はこの豆まきくらいしか無いのかも知れません。

 

けっこう生活がシンプルになってきました。 

 

 

 

 

徐々に

日曜日、なんとも身の置き所のないすっきりしない感じがありました。


おそらく21日の春分の日あたりにかけて、そろそろ身の回りで動きが出てくるのかな、という感じがしています。


そう思っていたら、今朝は患者さんの入院の連絡がありました。


もう7年くらいうかがっている高齢の男性ですが、年末に危篤になったものの、一度持ち直して自宅に帰ってこれたので、今回なんとかご家族の想いも落ち着かれる方向にいってもらえるといいな、と考えています。


身の回りのことでいくつか不快な感覚があり、平常心を心がけようと思っています。


土曜にいらしてくださった方は非常にしっかりした印象の方で、平常心を地でいっているのではないかと思うくらいでした。


過去に苦労もされており、その反動もあってのことだったようで、少し肩の力を抜いていただくようお伝えしました。


お話していて、振れ幅の中でもっとゆとりをもっていかれるといいと感じたのですが、あとで宇宙全史1巻の「中庸」を読み返してみると、そこに書かれていたことがそのまま当てはまる感じでした。


もっとちゃんと読み込まなくては、という感じです。



※今週7日の土曜日は都合によりお休みさせていただき、振り替えとして21日営業したします。

    21日は予約がはいっておりませんので、平日御来院が難しい方はご検討ください。

    11:30~15:30で営業予定です。

ゲゲゲの鬼太郎

息子が日曜からゲゲゲの鬼太郎に夢中です。


妖怪ウォッチも保育園で流行っているため好きみたいですが、「妖怪」繋がりではまってしまいました。


きっかけはその前の休日、出先で鬼太郎たちのキャラクターが描かれたバスを見たことでした。


「あれはなに?」


の問いかけから少し話をしましたが、その時はそこでおしまい。


しかし、じわじわと気になりだし、スマホのYouTubeで動画を見せると、どんどん気になってしまったようで、古本屋で見つけた鬼太郎を本人に確認して購入したところ、寝ても覚めても読み続けています。


意外だったのは、水木しげるさんの本は全体的に品薄だということです。


流通量は少なくないと思うのですが、古本市場ではあまり多くは出回っていないとのことでした。


鬼太郎と目玉のおやじ誕生のシーンは強烈ですが、子供がここまで食い入るように夢中になることは初めてなので、好きに読ませるようにしています。





粗削りな自分

今日は予約も無く、のんびりしています。


2月初旬からの展開の激しさに圧倒され、来てくださった皆様に失礼もあったな・・と反省していました。


せっかく来てくださりなにかお伝えしたいと思うのですが、時に厳しい言葉が浮かぶこともあり、優しくお伝えできない自分にへこむこともありました。


施術に関して固定化されてきている面もあり、もっと解放しなくては、と気持ちばかり焦ることもあります。


まだまだ足りていないところだらけですし、足りることは一生ないのかもしれません。


勉強不足もあり、今日はゆっくりそちらに時間を当てようと思います。




最近、身近なところで「人からエネルギーを奪う」ということをみています。


憤りがあり、平常心を保つことが大変でしたが、今日ㇷと力が抜けました。


やさしさに包まれているようでとても穏やかで心地よく、施術もこうありたいと思っています。


寄り添ってくださっている存在は身近すぎて、自分は独りのように思ってしまいますが、近すぎてわからないだけなのでと先日気がつきました。


だから、大丈夫なんですよ。




阿部仙陽整体医療研究所

http://sensin-ryouhou.com/pages/cat231/001112.html



以前こちらでご紹介したことがありましたが、私が施術をお願いしている阿部先生が、3月31日までの限定で初回割引のキャンペーンを行っています。


通常価格の約10分の1です!!


様々な症状に幅広く対応するだけの技術と経験、やさしくお話を聞いて下さる人柄が私は大好きです。


詳しくは上記のURLをクリックしてご確認ください。


ここまでの技術はあまり一般では見かけられないものですが、今回より多くの人に知ってもらいたいということで、こちらでもご紹介させていただきました。


施術の技術というものがどういうものか体感できると思います。


ぜひこの機会にご利用ください。




濃い2日間

昨日、今日と、濃い二日間を過ごしました。


いらしてくださった方たちがまずいい意味で濃かったこと、そのうちのおひとりの方は二日間で約9時間施術を受けていかれたこと、入院されていた患者様が亡くなられたこと、施術では新しい体験ができた、などです。


今夜は満月です🌕


まだ空を見上げていないので天気はわかりませんが、帰り道に見れたらいいなと思います。


明日は子供の保育園の行事があり、ついでにお休みをいただいて一泊だけ帰省してきます。


帰省したら帰省したで、これまたハードな内容が待ち受けていますが、少しはリフレッシュして帰ってこれると思いますので、来週も頑張ります!





春、間近

実家に土日で帰省してきました。

 

東京よりは若干寒い地域なので梅もこれからです。

 

田んぼのあぜ道あたりには春の気配を感じさせる草花が芽吹いており、穏やかな小春日和の陽気のなか、家族でゆっくり散歩するなどして過ごすことができました。


てんとう虫やトカゲも見つけ、春の気配を感じて帰ってきました。


リフレッシュしてこれたので、気持ち新たに頑張ります!

 

 

絵本作家

http://matsutani-miyoko.net/miyokosroom/publics/index/1/detail=1/c_id=3/page3=1/type014_3_limit=10/#page1_3_59


子供がいるため、夜寝る前には妻と一緒に、子供たちに絵本を読み聞かせて寝るようにしています。


友人が上の子の誕生祝で贈ってくれたのも、松谷みよ子さんの絵本でした。


松谷みよ子さんの「いないいないばあ」は、上の子も下の子も大好きな絵本です。


私も幼少時から絵本などよく読んでおり、松谷みよ子さんの絵本には特に親しみを感じながら育ったと記憶しています。


先ほどニュースでこの訃報を耳にしました。


ご冥福をお祈りいたします。



STAP細胞の溶液

先ほどネットの書き込みで見かけたのですが、STAP細胞の研究に使われた溶液は、熊本大学で研究されていた『玄米乳酸菌』ではないかという文章がありました。

 

「20年後の・・・」の中でも書かれていますが、BBS上だと左の「2014/5/9 No.265」の中に書かれている内容を見ていただくと、上記の内容も比較的一致するものが多いため、今後理研に関してはなにか新たな情報が出てくるかもしれません。

http://www.mandarake.co.jp/publish/space/data.cgi?tid=default&did=m;not1=alldata;reverse=1;tid=defaulttop;target=157;max=281;print=3;p=5

 

しかし、すでに特許申請をしたアメリカの組織があるようで、BBSに書かれていたようにひろく世の中のために活用されることはあまり期待できないような気がします。

 

この情報が一般に出回りだすと宇宙全史との整合性が注目される可能性もあり、これからの展開が楽しみです。

 

南半球に行ったことによるエネルギーの影響が出始めたひとつの表れではないかと思うのですが、いよいよ世の中は激しく動き出し始めたと覚悟する必要性も感じています。

 

 

 

最近新たに施術で目指したいと思えていることがあります。

 

勉強会でお話を聞いていることがベースにあるのですが、どんな状況でも、どんな状態でも、自分を見失わずに生きていける、そういうものを施術を通して見出して伝えられたらなぁ、と考えています。

 

文化のお話を聞いた時、過酷で厳しい時代に生み出された芸術作品ほど、内に秘めている豊かさはとても力強い、というような内容でした。

(※きちんと理解できていないので厳密な言い方はちがいます、すいません。)

 

なにかそういうものを施術を通して見いだせたらうれしいです。

 

それには、自分を磨かなくてはいけませんね。

 

大変な時代に生きている私たちだと思っているのですが、大変大変と振り回されるばかりではなく、その中で自分の中に核となるなにか、自分を見失わないで済むほどの豊さを秘めた核、そうしたものを見出すことができたなら、この先に未来を見出すことができる気がします。

 

世界平和の祈りは、まさにその真骨頂だと思います。

 

怪しげな宗教と思われがちな今の時代ですが、何かを否定することも、奪うことも、エゴを助長することもありませんし、宇宙全史を通してひろく多くの方に伝わればいいかなと思っています。

 

 

 

もう4年

震災から今日で4年も経つんですね。


そのおかげもあって、今こうして開業できていると思います。


それまでの生き方とはやはり変わりました。


震災で変わった理由は、自分の生命を初めて感じたからかもしれません。


これからも変わり続けていきます。



ねぎぼうずのあさたろう

昨日、妻が保育園で借りてきました。


この作家さんの絵はバカバカしいくらいダイナミックで大好きです。


ほどばしるネギ汁で敵を倒し、泥棒を改心させる冒険物語でした。


今朝は昨日借りた1巻2巻を返却し、残りの3~5巻を借りてきています。


楽しみです。

続きを読む

神伝式整体

先週、BBSを見てわざわざ北海道から2日間ホテルに泊りがてら、施術を受けに来てくださった方がいました。

 

ほぼ貸し切りで2日間で約9時間、一人で施術を受けていかれるという荒業を成し遂げていかれました。

 

こういうことは後にも先にも無いと思います。

 

その方と先ほどお電話で話をしていて、

 

「私の施術を『神伝式整体』とよんだらどう?」

 

と提案してくださいました。

 

最近の施術はオープン当初のものとはずいぶん変わってきています。

 

感じていることをお伝えしたり、手が動いたり、そういったものを少しずつ出せるようになってきました。

 

お伝えする内容は主にお話の中で話題にのぼった内容に関してで、キーワードのような形でお伝えすることができつつあります。


それはその方にとって今取り組むべき課題であることが多く、それを踏まえて実生活で向き合っていただくことで、施術の効果も持続している方がいらっしゃいます。


フィーリングとして私自身が神様の指導を受けている感じもあるため、その北海道の方が私との会話も踏まえて、私の施術をこう表現してくださいました。

 

素直にうれしく、頑張ろうと思いました。

 

 

 

 

 

WBT

ウォーク(W) バランス(B) ティーチャー(T) といいます。


足の指につけるゴムですが、患者さんが通販で購入して教えてくれたことがきっかけで、私も購入してみました。


実感する効果としては、


・足の指をこれまで感じて歩いていなかった。


・そのため歩き方でズルをしていた。


・内転筋をよく使えるようになり、腰も安定するため動作の負担が減るがキレが増す。


上記のようなことを感じ、当院でも取り扱いを始めました。


とりあえず簡単なご紹介です。


これは自転車の補助輪のようなものと考えています。


これに慣れたら五本指の靴に移行してもらうと、日常生活での体の感じ方がさらに変わると思います。




移動した?

独り言です。


木曜の夜のことですが、


『今夜、世界移動する』


という言葉が浮かびました。


翌日の金曜は前日までとは違う感じで忙しく、なにか変わったのかも、とは思うのですが・・・


どうなんでしょうか?


20日の新月あたりかと考えていたので、思い込みで違うこともありますし、なんとも言えない感じです。



近況

昨日今日とお問合せのお電話等が急に増えました。

 

なるべく余裕をもって予約をお取りして、施術後も少しはお話しできるように心がけています。

 

お伝えしたことなどは、なにぶん施術中ですのであとで思い出せないことも多々あります。

 

お体に関しても、ご自身でまずはなんとかするように、というわけのわからないことをお伝えしたケースもあって、まだ万事解決するような内容ではとてもありません。

 

しかし、いま向き合うべきこと、そういったものが体を通して伝わってきている感覚を磨いていき、必要としている方に必要なことを提供できるように一日も早くなりたいと思っています。

 

そのために、いまはBBS関連の方たちが来ていただけていることが非常にたすけとなっており、いましばらくはそうしたみなさんの協力に甘えさせていただきたいとも思っております。

 

よろしくおねがいいたします。

 

 


つい・・・

ある患者さんが先日簡単な手術をされ、3週間ほど経ち施術をさせていただきました。


どうにも首肩と腰がしっくりしない、という訴えです。


手術は簡単なものとはいえ数日の入院を求められたそうですが、仕事の関係もあり日がえりでなんとか済ませてもらったそうです。


疾患名は痔です。


体を診させていただくと、専門学校で習う痔に関連のあるところがまずおかしくなっており、それに伴い体の左右バランスが崩れてしまっていました。


動けなくなるようなひどい頭痛も手術後数日した頃に一時あったそうで、ご本人とお話しして、


「やはり、入院すべき時はきちんと入院しないとダメですね」


ということになりました。


幸いある程度回復してきていたこともあり、施術後はずいぶん楽になったご様子でした。


「つい」無理をしてしまうことがありますが、休むべき時は休む、けっこう大事なことだと思います。




WBT 補足

http://chezmoi-co.com/511

 

商品として取り扱いをしていますが、発売元のサイトを掲載しておきます。

 

当院では税込価格で2,000円で販売しております。

 

日本各地の遠方から来ていただける今の状況で、何度も足を運んでいただくのは申し訳ないことと、あまり手間をかけずに日常で足元から改善していけるきっかけになるなら、施術を受けに来ていただく回数が減るのではないかと考え、現在お勧めするようにしています。

 

ただし、伸縮性のあるやわらかいゴム素材とはいえ、サイズに限界があります。

 

『  適応サイズ :  22.5 ~ 25.5cm  』


女性から一部男性向きといった感じですね。

 

合理的、楽して、というのは学びを大事に生きるということからするとなにか違う気もしますが、現代社会の中で多忙な生活を送る方たちにとって、少しでも改善に取り組むきっかけになることを願います。

 

前に書いたかもしれませんが、今この時、大地をしっかり踏みしめて立てることは、地球とのつながりをよりしっかりと育むことでもあると思っています。

 

私が施術でそうしたことをきちんとできるようになればいいだけのことなんですけどね。

 

 


古本屋さん

予約の空き状況についてです。


お陰様で遠方からいらしてくれる方が多いこともあり、早い時間帯はけっこう予約で埋まってしまいます。


平日であれば17時以降が比較的空いているため、ご予約いただく際の参考にしてください。




今日は温暖で穏やかな一日となりました。


花粉症があるのですが、なぜか今日は思ったほど症状もでずに済んでいます。


昨日、前から気になっていた通勤途中の古本屋に寄りました。


ジャンルは様々ですが、専門書や小説のほかに古い鉄腕アトムの載った雑誌などもあり、久しぶりに時間を忘れていろいろ見てしまいました。


しかし余計な心配ですが、お客さんがまったく入るところを見たことが無く、その時も私も一人でした。


治療関係とカスタネダに関する書籍を見つけ、購入時にそのことを聞いてみると、今はネットで通販したりオークションに出品するなどして売り上げを作っているのだそうです。


言われてみれば納得ですが、職種として通販でなにか売ることはあまり縁がないため気づきませんでした。


そこで以下のサイトがあることを教えていただきました。



『日本の古本屋』   :    https://www.kosho.or.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc



古本の検索にかなり役立ちますし、相場はこういったところを基準に決まるそうで、便利な時代ですね。



伝 1

いま伝えるべきことは

 

気持ちをこめること

 

 

あなたが見つめる先に待ち受けるものがなんであっても

 

今この時

 

目の前を通り過ぎていくあなたの人生を不安にかられて追いまわすのではなく

 

気持ちを込めて祈ること

 

 

そこから開けてくる展望を

 

希望とよんではどうだろうか

 

 

祈りにこめる気持ちとは

 

あなたのすべて

 

 

むだなく生きようとしたところで

 

むだはなくならず

 

焦りと後悔だけが積み重なっていくのであれば

 

ただひたすらに祈ればいいのです

 

 

そうすることで開ける世界が

 

もうすぐそこまできているのですから

 

3月20日

http://oka-jp.seesaa.net/article/415830016.html

 

先日、世界移動のことを迷いながら書きましたが、やはり違っていたような気がしています。

 

上記のブログによると、金曜日の20日はスーパームーンと皆既日食が重なる日だそうです。

 

日本で皆既日食は見れないと思うのですが、太陽からの磁気嵐がここ数日報道されていたり、天体による影響が地球全体に及ぼすことがなにもないとは思えません。

 

世界が移動しても実感はできないのでしょうが、どうなっていくのか興味津々です。

 


※ごめんなさい、スーパームーンではありませんでした。

    訂正いたします。

 

伝 2

そこはかとなく楽しむのではなく

 

真剣に生きてこそ

 

人は喜びに身を浸して生きることが

 

できるのです

 

 

喜びに生きるあなたが向けるそのまなざしは

 

つぼみであることを忘れたものたちを

 

花開かせることもあるでしょう

 

 

あるがままを受け入れて

 

あるがままで生きていく

 

 

それに気づいたものは

 

自らを花開かせて

 

なにも残すことなく散っていきます

 

 

その潔さもまた

 

漂う香りとなって消えていくのです

 

 

 

 

ホームページ一部変更

背景などいろいろ選べるため、時々遊びで変えることがあると思います。


伝、というのはこれまで自分向けに取っていたものですが、試しに自分向けにこだわらずにとって載せてみることにしました。


どんどん怪しくなっていきます。(やばいな・・・😓)


まだ粗いので、これまた手探りです。

お客様

今日は雨が降ったり止んだりの不安定な一日です。


こういう日は患者さんも少なく、一(はじめ)の前を足早に通り過ぎていく人たちを横目に、内職に勤しんでいました。


患者さんがいない時、時々遊びに寄ってくださるお二人がいます。


今日も通りかかり寄っていってくれました。


ムーミン谷から来たスナフキンのような方たちで、等々力渓谷近くにお住いのお二人、私と妻に癒しの時間を提供し、笑顔で帰って行かれました。


五本指の靴を教えてくれた方たちでもあります。


20年後も、ばっちり今の生活を続けていそうです。


あまり余計なことを気にせずお話できる方たちが近くにいらしてくださるのは、ありがたいことです。(拝)  (笑)




伝 3

日差しをあびてぬくもりを感じ


夜露に濡れて孤独を思う



経験することを通して人は学び


生きることを通して存在の糧とする



誰もが同じことを経験し


同じものなどないことを知る



経験は


命の数だけ糸となり


時の流れの中で


その糸は紡がれていく



紡がれた糸は形をなくし


あらたななにかへと姿をかえる



「ある」ようで「無く」


「無い」ようで「ある」



紡がれた先にひろがるのは 永遠





啓蟄(けいちつ)

※啓蟄:   3月6日頃(2014年、2015年は3月6日)。および春分までの期間。



昨夜帰宅途中、自宅近くで大きなヒキガエルが二匹、交尾したまま道の真ん中にいました。


危うく轢きそうになりました。


そういえば「啓蟄」という言葉があったな、と思い先ほど調べて、やはり虫などが春間近で出てくる時期なんですね。


野生の生き物を目にすると、なんだか体の中で動きだす感覚があります。


季節を感じた出来事でした。




伝 4

踏み越えた一線を振り返り


踏みとどまった一歩を考える



どちらが後悔のない選択であったかは


自分にしか決められません



越えた先になにが待つかは


見たものにしかわからないのです



踏みとどまった未来がどうなっていくかが


立ち止まったものにしか経験できないように



どちらも自分が決めたこと


その目でしっかり見届けましょう


心でしっかり味わいましょう



お詫び

ブログタイトル「3月20日」に掲載した内容で、皆既日食とスーパームーン、と書きましたがスーパームーンではありませんでした。

 

間違いを教えてくださった方がいて、わかりました。

 

不注意で御迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

 

今後、気をつけます。

伝 5

一滴のしずくがこぼれおちるように誕生した命は


寄り集まって磨かれていきます


純度を増した魂の輝きは


自らその輝きに気づくことはないかもしれませんが


周りのささやかな輝きにも気づくことで


自らの世界を明るく照らしていくのです


自らが灯す光は小さくとも


自らを照らす数多の光に気づけたならば


誰よりもあなたは輝いてみえるのです


エゴをなくすことで増すその輝きが


あなたが望むものかもしれません




やわらかいお祈りの理解につながりますように




私は幸せでありますように


私の悩み 苦しみがなくなりますように


私に悟りの光があらわれますように


生きとし生けるものがみな 幸せでありますように




遂に更新!

決して面倒だったわけではないのですが、ようやく「ご利用者の声」を更新いたしました。


現在2名の男性の患者さんのご協力があり、掲載させていただいております。


他にもこれまで私の施術を受けてくださった方の中で


「施術の感想やその後の経過などを載せてもいい」


という方がいらっしゃいましたら、お手数ですがメールにてお送りいただけると非常に助かります。


施術内容が開業当初とは変わってきており、これからも変化は続くため、個人差がある結果という前提のもとお読みいただけるといいと思います。


よく目にする言い回しですが、施術による効果・効能を保証するものではございませんので、受けてくださった方の好意的な感想としてお読みください。


雰囲気だけでも感じていただけたら幸いです。




メダカ

昨日、自宅近所で「ご自由にどうぞ」とめだかを配っていました。

 

去年初めて、そちらでいただいて飼いはじめ、今年もわけていただいたわけです。

 

昨年いただいたのは「幹之(みゆき)」という、青白く光るタイプで、今年はそれと一緒に「錦三色(にしきさんしょく?)」と思われるオレンジ色の金魚のような色をしたメダカを分けていただきました。

 

三色くずれ、といういい方をされていたので、おそらく養殖してかけ合わせていらっしゃるのだと思いますが、どちらも綺麗な色をしています。

 

錦三色を一(はじめ)の入り口で飼うことにしました。

 

底に敷き詰める砂利の色をよく考えずに購入したため、色がいまいち冴えませんが、ご来院の際に楽しんでいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

伝 6

礎として

 

ひとつ積んではまたひとつ

  

人は学びに生きているのです

 

人それぞれが積み重ねる真実が

 

たどりつく境涯の高さであり

 

見渡せる世界を決めています

 

今日見渡す景色が

 

明日まったく違って見えたとしても

 

それは積み重ねた真実によって

 

あなたの境涯がかわったからにほかなりません

 

季節の移ろいのなかで

 

揺れ動くものに振り回されることなく

 

日々当たり前のことを当たり前にやっていくのです

 

あなたが積み重ねる真実が移ろいとなり

 

あなたは世界を変えていきます

 

 

「等々力」の由来

諸説あるようですが、左の写真を見ていただくとわかるように、お城が近くにあったようです。

しかも、「城」の字の上の3文字が衝撃的でした!

「と・・と・・・ろ!?」

そう、トトロです!

宮崎アニメのあれがこの等々力にも!

 

昨日の「伝」が私情が入りあまりにひどかったので、今日は気分転換です。

すいません。

私の天命

昨日いらしてくださった方とお話しをしていて、なにか誤解があるようですので、今回は私の天命について考えていることをお伝えしようと思います。

 

みなさん想像力豊かで、なにかと期待していらしてくださっていますが、私、覚醒しているわけではありませんので、そこはお間違えのないようお願いいたします。

 

お会いしてお話しした方はわかってくださると思いますが、ちょっと薄い坊主頭のおじさんが必死こいてマッサージをしています。

 

場合によってはいろいろお話することもありますが、基本的に私はたくさん学ばなければいけない人間だということが改めてわかってきました。

 

私の天命はBBSで教えていただき、「質疑応答2」に掲載されているのですが、

 

『相手の身体を通して、自らの魂をも解放する』

 

というものです。

 

患者さんとしていらした皆さんへの施術内容やお話しすることはそれぞれ違いますが、一つ言えることは、みなさんのこととしてお話しする内容は、ほぼ同時に私が学ばなければいけないことです。

 

場合によっては、患者さんに対して話しているはずが、私自身に向けられている比重のほうが大きいこともありました。

 

つまり、患者さんの数だけ私は問題を抱えており、患者さんの課題は私の課題でもあるのです。

 

なにか上からお話しするような立場では当然ありませんし、ブログを読んでいただければそそっかしかったり、エゴにまみれてしまうこともあることがよくわかると思います。

 

施術に関してはそういうことが無いよう、細心の注意を払うようにしています。

 

ですので、共に学び、共に歩む、というスタンスで取り組んでいると考えていただけたら誤解がないかもしれませんので、その点だけ、ご理解よろしくお願いいたします。

 

 


文字化け

突然、各項目やブログタイトルなどが一斉に文字化けしてしまいました。

 

なんともビックリです。

 

覚えているものは時間をかけてブログタイトルを戻していこうと思いますが、ちょっと時間がかかりそうなので、読んでくださる皆様には読みづらくご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

上記のコメントを載せて少ししてから、再度文字化けし、修正していないところは元に戻りました。

 

しかし再度文字化けした分は掲載されていないようなので、そのままで少し様子を見ようと思います。

クリアー

昨日は気持ちの浮き沈みがそのままHPに反映されてしまったかのようで、ご覧になっていただいた方にはご迷惑をおかけしました。


文字化けの原因はサーバーにあったようで、現在はどこも復旧しているようです。


ブログのタイトルも一通り戻せましたが、一部以前とは違うものになってしまったかもしれません。


いろいろ整理しながら、いずれはクリアーな状態を保てるようになりたいと思いました。


施術への取り組みについても、昨日は思いこみに気づかせていただけたこともあり、課題がわかったのでしばらくはその解決に向けてとりくみます。




伝 7

道行く人々を眺めながら


あなたが想いを馳せるその先には


いつも孤独がつきまとっています



誰かと共に生きることは


時に孤独ではありますが


あなたが一人でいる時まで


孤独になる必要はありません



道行く人から話しかけられたら


笑顔でこたえなさい


その笑顔があなたの孤独を癒してくれますよ



孤独を恐れるあまり人に近づけなくなることは


孤独ではありませんが


孤独でないことを知らない人は


いつまでも孤独であろうとしています



人との関わりを恐れないでください


いまあなたに差し伸べられている手に気づけるかどうか


それはあなたが孤独とどう向き合っているかによるのですよ



包まれている温かさに気づけたなら


あなたは一人でも生きていけるのです



もう孤独ではないのだから



気づけるあなたでありますように


「咬む」こと

このところ咬み合わせについて調べています。

 

正直、これまでは咬み合わせについてあまり勉強してこなかったため、けっこう考えさせられています。

 

骨格の問題、年齢、歯、生活習慣、影響や要因は様々ですが、治療できれば変化することも多いところです。

 

ただ、治療費が高い!

 

悪いことではありませんが、なにかお金をかけずに取り組めることはないか考えていましたが、やはり食事の時によく咬むことが基本だと思います。

 

ある時、私自身あまり咬めていないことを実感しました。

 

咀嚼という咬む動作はしているのですが、動いているだけで「しっかり」咬めていないことに気づいたのです。

 

顎の周りについている筋肉がしっかりしていれば、ある程度は咬めるのですが、しっかり噛んでいないため筋肉が弱い、咬めないから体全体も力が入らない、そういう理屈があります。

 

顎がつかれるほど咬む、奥歯を使ってしっかり咬む、ということを少し意識してみてください。

 

顎回りの筋トレを日々していくことで得られることは相当にありそうです。

 

しっかり咬めない理由の一つに、「急いで」生活していることが考えられます。

 

朝ぎりぎりまで寝れば、ゆっくり食事をすることはできませんし、食べやすい柔らかい食事になってしまいます。

 

仕事の合間に片手間で食べれば、当然しっかり咬む食事にはならないでしょう。

 

疲れて帰宅すれば、ゆっくり休みたい、くつろぎたい気持ちもあり、これも難しいと思います。

 

我が家はまさにそのパターンで、子供たちを急かしてしまうことも少なくないため、一度見直すことにしました。

 

マッサージを受けにいらしてくださる方は、基本的にくたびれています。

 

理由はそれぞれですが、みなさん忙しそうにしているようでもあり、こういうお話しを実行するのが難しい方もいるかもしれませんが、ひとつゆとりをもって食事していただくといいのではないかと思います。

 

そのために、夜更かししない、少し早く起きる、でしょうか。

 

今回は自分向けですね、がんばります。

 

 

※「噛む」という字を使うのかとおもっていましたが、今読んでいる本が「咬む」を使っているので、今回はこちらの字を使いました。またそれぞれ意味がありそうです。


※歪んだ咬み合わせのまま咬み続けると「骨格が歪むこともある」と教えていただきました。

ご注意ください。

 

伝 8

順風満帆にものごとをすすめるためには


日々の積み重ねが欠かせません


あらゆる想定をして取り掛かっても


見落としや想定外といったことはおこることがありますが


それすらも範疇におさめてしまえば


あとはなるようになるということしかないのです


生きるか死ぬかの瀬戸際に至ってからでは


そうした準備に取り掛かる余裕もないことでしょう


今ある時間の中で


できることをしておきなさい


焦って張った帆には


風が吹くことはないと知ることです


今できるのであれば


必ず追い風があなたを目的の場所へと運んでくれることでしょう


旅を楽しむ余裕もまた


うまれます



「サービス内容」更新

「サービス内容」に「神伝式施術」についての項目を加えました。


この名称を考えてくださった方は「整体」という名称で提案してくださったのですが、いろいろ思うところもあり、「施術」という言い方に代えさせていただきました。


「運がよければ・・・」と書いたように、どなたにもお伝えできているわけではありませんので、その点だけご了承ください。


お伝えできた場合でも、人によって内容はずいぶん変わります。


しかし、いらしてくださった皆さんの大まかな経過をみていると、いい人生になっていくようにも思え、施術を通して関われていることがうれしく、また頑張ろうと思える今日この頃です。




伝 9

10あるうちの1を知ることで


あなたの世界は大きく変わります



1あるうちの1さえも知ろうとしなければ


微塵も変わることはありません



知ることから始まります


知ろうとすることから変わっていきます



興味感心をもたないままでは


葛藤を抱くこともできなければ


前に進むことさえままなりません



いまなにを知りたいのか


自分の胸に問いかけなさい




非公開情報について余談です

いまBBSをみたところ、非公開情報取得権利について定員となりクローズ、と書かれていました。

本日から株式分割されたことにより、ひとつ区切りを設けられたようです。

購入を検討されていた方は確認してみてください。

さくらが咲き始めました

先週末あたりから桜が咲き始めていましたが、一日あけただけで今日は8割近く咲き誇っていて驚いています。


春到来です。


実家にいたころはあまり気にしてませんでしたが、東京に出てきてから春先は花を楽しみにしています。


桜も種類が豊富で、ソメイヨシノに山桜、八重にしだれに彼岸桜、河津桜もありどれがどれ

だかわからないくらいあります。


コブシやモクレンも綺麗で、夜バイクで移動していると、明りを灯しているかのように暗闇に白く浮かび上がっている光景はとても神秘的でつい見てしまいます。


時期がよかったこともあり、皇居の千鳥ヶ淵で数年前に見た夜桜が今でも忘れられません。


見頃をはずすとちょっともったいない気がします。


ここ数年は入学式に桜の花びらが残っていることもあり、季節感が戻ってきたのかも、と感じています。




伝 10

虫の羽音が聞こえるようになると

 

生き物は活発に動き始めます

 

 

ようやく春がきました

 

春の訪れはあなたになにをもたらすのでしょうか

 

 

冬  待ちわびた暖かさをまとい

 

あなたはこれからどうしていくのでしょうか

 

 

囚われからひとつ解放されて

 

あなたは大きく羽ばたこうとしています

 

 

春がもたらす解放感を機に

 

感じる自由を自覚してみましょう

 

 

そしてその自由がもたらす新たな感覚こそが

 

あなたを大きく羽ばたかせてくれます

 

 

生きることへの素朴な感覚こそが

 

培われるべきものでもあるのです

 

 

一年前

AquaTimez  「エデン」

https://youtu.be/-_wygm61uJs

 

ちょうど一年前の今日、前職の上司が他界されました。

 

訃報を受けたのは翌日でしたが、あまりに急なことに驚き、ショックもあり動揺したことを覚えています。

 

また同時に「いよいよ始まったのか」と、痛感した瞬間でもあります。

 

会社の状況を考えると、当時辞める話を進めていたことを一旦保留にすべきかも、と一瞬考えましたが、こういう時だからこそ強い気持ちで踏み出さなくてはいけない、そう決意した時でもありました。

 

「エデン」は歌詞がこれからのことに重なる気がして、その頃によく聞いていた曲です。

 

生きがいとしての想いではありませんが、「もう後悔したくない」そう感じたあの時の想いは、しっかりと一歩を踏み出すために背中を押してくれました。


ありがとうございます。



  

自然との同調感

続きを読む

伝 11

幾年月かけて育んできた想いであっても


その虚構に気づいたときから


形はこわれていきます



形あるものはいつかこわれます



それがたとえどんなに強固なものであっても


形をなくすときが


やがてくるのです



いつの日かあなたも


自らの殻を抜け出て新たな生命のいぶきとなって


形をかえていくことでしょう



いまあるあなたは


いまここでしかありえないのです



形をたもつということは


この場から消え去ることであり


いまこの瞬間に姿を現すことはありません



形を無くしてこそ


いまここにあるのです



無機質な含有物を吐き出し


形をとどめることをやめましょう



すべてを捨て去ることで


あなたは息を吹き返すのです




夏休みでした

先週土曜から月曜まで岐阜の実家に帰省してきました。


一番の目的は、母がパート勤務しているデイサービスのお祭りに参加することです。


子供向けのイベントで魚の掴み取りがあり、ウナギもいると聞いて息子に参加させるよう去年から計画していました。


3~4m四方のコンクリのプール内に鮎やウナギが放され、小学生と未入学児に分かれて10名ずつ程度でしたが、にぎやかなひと時となりました。


息子の参加した未入学児グループではウナギが1匹だけでしたが、息子が大半の時間を費やしなんとかウナギを袋に入れることができました。


妻がその横でガッツポーズをとりながら歓声をあげていたのが印象的です。


困ったのはその後で、ウナギをさばいたことが無いものですから、魚屋さんにお願いしてさばいてもらい、翌日の食卓にならんで美味しくいただきました。


田舎のデイサービスですが、地元との交流に力をいれており沢山の方が手伝いながら参加し、村のお祭りみたいです。


最後には小規模ながら花火師さんによる打ち上げ花火があがり大盛り上がり。


子供たちも大満足で帰宅すると、その途中で流れ星を見かけ、さらにはウリ坊を従えた猪にも遭遇。


賑やかな一日となりました。

 

過ぎてみるとあっという間の3連休です。

 

ありがたいことに再度宇宙全史のBBSにてご紹介いただき、新たな問合せもぞくぞくといただいている感じでして、体調管理も気をつけながら仕事を頑張ろう、そう思うここ数日です。



続きを読む

学びの共有

7月末のブルームーンの頃から、いらしてくださっている方たちのお話を聞いていると、みなさんそれぞれに気づかれていることがあるようです。


少し前に「気づきのゴールドラッシュが来る」という言葉が浮かんだことがありましたが、あながち間違いではないのかもしれません。


今はまだそこまでの規模ではとてもありませんが、今後気づく人達の勢いは増していくのだと思います。


ここ数日のみなさんから感じる変化を通して、反転したエネルギーが戻り始めているのかもしれないと思いました。


わたし自身も特別専任コーチの特訓の甲斐があって気づきを得られたのですが、昨日今日といらしてくれた方たちにはまさにその内容をふまえてお話するべくいらしてくださったのだと感じています。


まだ理解が伴わない点もあるので、わたし自身も確認しながらお話させていただいたこともあってか、これまでの施術とはどこか密度が変わっていたようにも感じました。


施術内容は指圧マッサージですから大きく変わりはしないのですが、自分の施術を通してなされていることの意味は少しずつ分かり始めています。



そういえばこの間バイクを運転していたところ浮かんだ言葉が「悶絶慰安系」で、自分の今の施術をよく表していると思うのですが、いらしてくださった複数の方には納得いくでしょうか?



さらに余談ですが、先日の帰省の帰り道、息子がまた導通していたらしく、心の神様についていろいろお話してくれました。


彼の心の神様は「龍御神(りゅうごじん)」というのだそうです。


しりとり遊びをしてくれたり、こうもりの事を教えてくれたり、コミュニケーションをしっかりとっているようでした。


私の神様は龍御神の家来だそうです。



おかげさまでお問合せが増えており、ご予約も徐々に埋まってきています。


「患者様の声」や「神伝式施術」を参考にしていただき、受けてみたいと思う方は是非一度いらしてください。


がんばります。



環境の変化


昨日、自宅を引越しました。


慌ただしい毎日を送っていますが、環境が変わると気分が変わり新鮮です。


それまで住んでいたところから徒歩一分という移動距離であっても、やはり生活環境は大きく違います。


引越してからわかったのですが、新住居付近は猫がやたらにいます。


それまで住んでいたところでは見かけたことのない猫ばかりで、縄張りがやはりあるんですね。


ベランダを通りかかった猫には「なんで人がいるの!?」という感じで何度かびっくりされました。


あまりに猫を見かけるので妻と話していたところ、妻の守護霊さんから、私たち家族一人一人に見守ってくれていることをわかりやすくするためですよ、とあり、今朝も起床してカーテンを開けると、お向かいの屋根でひなたぼっこする2匹の猫と目が合い笑ってしまいました。



昨日の報道ステーションにまんだらけの古川社長が水木しげるさんの訃報に際し、なにかお話されたうです。


我が家はテレビがありませんので、内容をご存知の方がいらしたら、教えていただけるとうれしいです。



そういえば、胃カメラの結果は


「とりあえずピロリ菌はいないでしょう」


ということでした。



アカスジキンカメムシ

先週、息子が近所で見つけました。


初めて見る虫でしたが、知り合いで名前を調べてくれた方がおり、タイトルの名前が判明。


この虫、変身するらしいんですよ!


ちょっとびっくりです。


手足はタマムシのようで、とてもきれいでした。


http://www.insects.jp/kon-kameakasuji.htm



ご予約について、など

今週と再来週はさほどでもありませんが、来週は予約が埋まり始めております。

 

冬至までにまだ時間がありますが、ご検討中の方は早めにご予約のご連絡をいただくといいのではないでしょうか。

 

その方のタイミングがあるので冬至を基準に考える必要もありませんが、少しでも状態の改善に取り組んでおけば、そこからの流れというのはやはり違うと思います。

 


今日はバランスということを考える機会をいただきました。

 

先日も太極拳を習われている方がいらしたときに、最初にいらしていただいた時よりもずいぶんバランスがよくなっている印象を受け、バランスについて考えていました。

 

気の通りがよくなっているということがよくわかる変化で、幾通りか働きかけてみたところ、きちんと感じ取れる感性がはぐくまれていました。

 

きちんと体を動かす稽古を積めばバランスは自ずととれてくるようで、今日はそのようなお話しを聞く機会に恵まれました。

 


身体の働きは、このバランスを常に保とうとする働きでもあり、それが健康の意味であるとどこかで読んだ気がします。

 

その働きが弱ったり歪む理由が、おそらくエゴの働きではないかと最近考えています。

 


1年前と比べたらマシにはなっていますが、考えていないこと、わからないこと、山のようにありますね。

 

笑ってしまいます。

 

 

少し前に患者さんとのお話に関して浮かんだ映像がありました。

 

それが下記のサイトの白い点でできた銀河に似たものだったのですが、

 

http://www.bathsheba.com/crystal/galaxy/

 

それをお伝えした際に患者さんから確認のために送られてきた画像が上の写真です。

 

スマホの画面をそのまま載せているので見づらいかもしれませんね。

 

その時に浮かんだ言葉が、「緻密だけれどダイナミック」でした。

 

その後しばらくして、別の患者さんから「糸かけ曼荼羅」というものを教えていただいて写メを見せていただいたところ、上記の写真にそっくりで驚きました。

 

いまのところ関連はわかりませんが、なにか気づくこともあるかもしれませんので、記録代わりに掲載しておきます。

 

 


伝 97

 

存在は命の働きを通して存在している

 

 

無機質に見えるものであっても

 

それはまごうことなき命なのだから

 

全存在を通して命を発現させたいのだ

 

 

その内なる声

 

ほど走る光

 

わきでる泉のような形なすあらゆる事象は

 

人間の存在そのものを大きくのみこみ

 

溶かし

 

一体化しながら

 

次の有り様へと流れていくのだ

 

 

一瞬を捉えて理解しようとしてもむだだよ

 

流れに一体となることでのみ理解は可能となる

 

 

そのためのダイナミックさは

 

緻密さと表裏をなしており

 

 

命がけであることが

 

瞬間瞬間の緻密さとして現れてくるのだよ

 

 

 


お礼


先日描いていただいた漫画について、感想をお寄せくださりありがとうございます。


小妹さんも喜んでくださっており、私からも次の作品をお願いしたいと思っているところです。


異業種の方とのこうした関わりは大変なこともありますが、今回は非常に楽しいものとなりました。


様々な広がりのベースとなる自分をまずは磨いて、その先でなにかご縁があれば楽しいかもしれません。


引き続き、ご感想をお寄せいただける方はよろしくお願いいたします。



お祈りについて


さきほどある方とお話していて、以前私の守護霊さんから


『実感がないのがお祈りなんだよ』


と言われたとのことでした。


ほぼ覚えておらず、「あぁ・・」という感じです。



御利益のあるお祈りはある意味危険で見返りを求められることもありますが、上記のようなお祈りだと「気がついたらよくなっていた」という感じで、自力を活かしてのよい変化は無理もなくて負荷も少なく済みます。



最近ご報告受けた方たちに共通しているのが、自分の変化よりも周りの方たちの変化です。


荒い気性の方が穏やかになってきたり、家族の間柄がよくなっていたり、自分に関わる身の回りでのそうした変化に気づかれたようでした。



一緒に居る方が落ち込んでいたりイライラしているだけでこちらもなんだかすっきりしませんが、逆もしかり、こちらがぶれていると周りの人もすっきりしません。


だとすると、自分が変われば周りも少なからず変わるわけで、自分の取り組みが及ぼす範囲が自分であると考えてみると、自分のやったことはきちんと結果が出ていると考えられるのではないでしょうか。


なかなか変わらない、と焦ってしまう前に周りを一度見渡してみるといいかもしれません。



人によって違うことばかりなので、ひとくくりでこうですよ、とは言えませんが、やはり目に見えた実感というものがあれば、気分が違いますから、一つ視点を変えたり視野を広げることで生きやすくなるかもしれないと思ってもらえたらいいのではないでしょうか。



余談ですが、私が最近いただいた課題です。


勝手な理想像をつくりあげ、それを例えば着ぐるみのように関係ない人に被せてしまい、中の人を無視してその着ぐるみの印象通りにいかないことに対して腹を立て続ける。


その理想像と中身は別物です。


そもそもその理想像は実現可能なのか?


前提として考えていることは本当に信じていいものなのか?


男性とは、女性とは、父とは、母とは、その価値観はあなたの考えでしょうか?


それにそぐわないことに腹を立てる理由は?


 

エゴの理解に深くかかわる内容だと思います。


理解が進めば、必要な方にお話できるかと思います。



エゴについて、メモ


全体を見渡したうえで「理論」「理屈」を考えるのであれば、全体の働きを知ることはできるし、バランスもとれる。

 

 

しかし、ある部分だけを見て、その枠組みの中だけで同じことをやると、足りないために歪みが生じる。

 

 

その歪みをどれだけ正当化しようとしても、歪みが正されないばかりか、もっとひどくなることさえある。

 

 

「死」「見えない世界」そうしたものをまずは全体の一つとして考えないと、片手落ち。

 

 

「エゴでコントロールできるところ」「エゴでコントロールできないところ」、この組み合わせでも全体を考えてみるといい。

 

 

エゴのやること・考えることだから完壁ではないが、それを完璧と思いこむところがエゴでもある。

 

 

エゴ(不完全さ)ではエゴ(不完全さ)を理解できない。

 

 

エゴ(この次元をこえることのできないもの)を超えたところ、エゴが理解できないところ、そうしたところから物を考えると見えてくるものがある。

 

 

エゴで考え続けている限りは、考えが足りない。

 

 

守護の御神霊たちの御指導、宇宙全史で開示されている情報などは、エゴを超えたところのお話。


 

お祈り、エゴを超えた全体の働きを形にしたもの。

 

 

それらに限らず、そうしたものはあちこちに見え隠れしているのかもしれないが、多くのウソやごまかしや意味のないものなどに紛れているため、それを探し出すための感性や知識、経験が必要となる。

 

 

世に出回っている情報について、まったくウソのないものはまずありえない。

 

 

ウソや矛盾を見出し、真実や有益な情報を拾い集めて生きていく。

 

 

そのためにも勉強が大事。

 

 

学びが大事。

 

 

自他のまちがっていることや失敗を非難したり責めても意味がない。

 

 

見つけ出すことが、自身の成長につながる。

 

 

生きやすくなる。

 

 

大事なものを見つけるために、その目が自分の目であるのか、一度よく考えなくてはいけない。

 

 

誰かの価値基準でものを見ているから、考えや行動や結果にズレが生じて生きづらい、歪みが生じる。

 

 

「本来、人は自由に生きていい」と言われている。

 

 

ということは、自分の見たこと感じたことを信じて、自分のやりたいようにやり、考えたいように考え、生きたいように生きれば、生きやすさを感じ自由に生きられるということ。

 

 

しかし、実際は生きたいように生きると、生きづらい。

 

 

それはなぜか?

 

 

自他を否定したり責めるということが、お互いの自由を認めない生き方であるため、そうしたことが一因ではある。

 

 

それとは別に、信じていることが、自分の自由につながる見方で見れていないから、とも考えられる。

 

 

その信じているものが、自分の価値観、ものの見方ではないからではないか?

 

 

いま自分が信じているものは、他人の価値観、考え方ではないか?

 

 

親から、先祖から、社会から、代々受け継がれてきた「思い込ませる」という(BBSでいうところの)黒魔術によるものではないのか?

 

 

もしかしたら、物心ついてから一度も「自分」の生き方をしたことがないのではないか?

 

 

「自由に生きていい」

 

 

この一言をよくよく考えてみる必要がある。

 

 


 

 

以上、備忘録です。

お祈りについて思うこと

 

エゴや思いこみについてこのところ考えています。

 


エゴに気づいてエゴを薄くする、とは、思いこみに気づいて考え方を変えて新たな考え方を行動に移してみる、ということだと考えています。


 

ポイントは行動に移すこと。


 

固定化された考え方に気づいたとしても、変える取り組みを先送りにしてしまうと忘れてしまうこともあり、次いつ同じことに気づけるかもわかりません。


 

ですから、気づいたらなるべくその場で変えていく。


 

完璧でなくてもかまいません、10%でもやれば10%分結果はそれまでのパターンと変わってきます。

 


余裕があれば思いきってやればいいでしょう。


 

この時、順位の入れ替えが行われています。


 

いま一番大事なことはなんだろう?


 

この問に対する答えを、これまでのものでいいのか、それとも他の新たななにかにするのか、それを考えて行動に移しています。


 

思いこみに気づかないうちは、考えるということがそもそも行われず、その時無意識に一番正しいと思いこんでいることをやっています。


 

人は一度にいろいろ考えているようでいて、実際は一つの時間軸の中では一つのことしか考えられません。

 


ですから、無意識とはいえ行動に移していることは、一つの考えに基づいて行動しています。


 

そうなると、自覚はなくても自分が一番大事と思っていることを行動に移していることになります。


 

あ、ちがう選択肢でもいいんだ、と気づけば、行動を変えることで結果も変わってきます。


 

結果が変われば運命が変わったということ。


 

なにかあった時、消えていく姿と思い祈るということは、これまで思いこんでいたことを最優先しなくなり、お祈り(の意味)を一番大事に考えるということ。

 


エゴを超えたところから見た、エゴを超えた世界の道理を最優先するということ。


 

お祈りをすることでエゴが薄くなるとは、ある面こういうことではないかと考えています。





空きができました


今週の土曜日ですが、ご予約にキャンセルがあり 11:00 ~ 13:30 の時間帯で空きがございます。


ご希望の方がいらっしゃいましたら、営業時間外であればメールでもかいませんのでご連絡ください。


 

削除しました


さきほど『伝98』を載せましたが、あとで確認してみるとエゴがしゃしゃりでた文章でしたので、削除させていただきました。


失礼いたしました。



慣れないこと


今日は慣れない「頭を使って考える」ということをやっていました。


使っていないところは錆びついているようで、使うことで錆落としをしています。


なかなかかみ合いませんが、わずかに歯車が合う感じもしたので、明日はもう少し働いてくれるかもしれません。



明日は 12:15 から1時間空きがあり、来週も空き時間がたっぷりあうのでご予約できます。


お時間合う方は、お問合せをお待ちいたしております。



備忘録として


先日いらしてくださった患者さんから聞いたお話で、ネットでも出ていたので一応残しておこうと思います。


真偽のほどはわかりません。


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NT1T156KLVR801.html


4000人 × 365日 = 146万人 (1年)



濃い時間


このところ、自分のエゴについて考える機会をいただいており、今日は特にその内容が濃かったです。


一番見たくない、気づきたくない、そういう思い込みがあることがわかります。


意識を向けていると苦しくなるので、実感としてわかります。


いろいろ言い訳を考えたり、話をすり替えてはぐらかしたり、自分で無意識にやることなのでちょっとびっくりしてしまいます。


そんなことを感じて一日が終わりました。


エゴを実体験している最中です。




質問しました

 

以下、本日BBSに質問したものです。

 

 

 

虚空蔵55様、みわ様

  

先日はご回答いただき、ありがとうございます。

 

またRIE様へのご回答を読ませていただき、もっとレベルをあげなくてはいけないことを再確認いたしました。

 

ご回答を読ませていただき、わかりやすく伝えることが今後も継続的な課題となると教えていただいたのですが、今の私の理解では今後の課題はあまりに力不足なため、まず私自身が理解して自分のエゴと向き合わないことには、この先どうにもならないと感じています。

 

エゴについて、これまでにこちらで教えくださったことと、患者さんとしていらしてくださった方から教えていただいたことを、自分なりに整理していたところでした。

 

患者さんとしていらしてくださった方はこちらで私のことを知って来てくださったのですが、その方のお話を聞いて、これまでこちらで教えてくださっていることを理解しているつもりで、実は殆ど理解できていないことがわかりました。

 

私のレベルを上げるために、特別専任コーチをつけていただいていると感じています。

 

大変な時期ですが、一度目を通していただき、ご指導いただけるようでしたらお願いいたします。

 

エゴについては未だにつかみどころがない感じがして、考えるほどにエゴに翻弄されています。

 

こうした文章も、自分の言葉ではなく、借りものの言葉で書き連ねていることがわかってきました。

 

自分のことでありながら、これまではエゴにいいように転がされていたことがわかりつつある状態ではないか、と考えています。

 

エゴについて考えるようになったここ数日は、妙な落ち着かない息苦しさがあります。

 

こういう感じは思い返すと学生時代などにもありましたが、そうした場面で都度逃げてきたのが今の私です。

 

ここから逃げないことが今は大事だと思っています。

 

少し前に、エゴを薄くするとか無くすことについて考えていたはずが、気がつくと知らず知らずにエゴを正当化しようと考えていて、驚いたことがありました。

 

エゴを理解できていない状態でエゴについて考えていると、あやふやを積み重ねていることがわかるだけに、非常に歯がゆいです。

 

全体を見渡したうえで「理論」「理屈」を考えるのであれば、きちんと物事を考えられると思うのですが、エゴの自分という局所だけで理論や理屈を考えると、未熟でもありどうしてもなにか抜け落ちてしまいます。

 

ですから、まず全体像をとらえようとすることから考えてみては、と教えていただきました。

 

エゴが反応しやすいと思われる、目に見えるものやわかりやすいもの、また手っ取り早いなにか、そうしたものだけでは「全体像」は捉えられない気がします。

 

全体の働きのなかで考えてみると、エゴ以外、エゴ以上のものは、「死」や「見えない世界」「わかりづらいもの」などにあたると思います。

 

しかし、そうしたものはエゴが認めたがらないようですし、結果、限られた範囲の認識から生まれる理論や理屈は、自ずと片手落ちになっていくはずです。

 

そこで全体を、「エゴでコントロールできるところ」と「エゴでコントロールできないところ」にわけて考えてみることを話してくださいました。

 

私たちの体の働きでいうと、思うように動かせる骨格筋である随意筋と、意思とは別の働きをする心臓や内臓などの不随意筋があります。

 

体の働きとしてはもちろんそれだけではありませんが、随意筋だけで体の仕組みを理解したつもりになって、現れている症状や働きを理解しようとしてもうまくいきません。

 

エゴだけで考えるとは、そういうことかと思います。

 

また、エゴが働くところは、通常ほぼエゴに主導権をとられてしまいエゴに使われている状態だと思われます。

 

しかし、トレーニングして身体を意識的に使うことで、私たちはそうしたエゴの働きを少しはコントロールできるようになるのかもしれず、よく噛むことや肉体のトレーニングをされている意味もこうしたことが含まれているのでしょうか。

 

エゴを理解しようと思うと、エゴを超えたところやエゴが理解できないところ、そうしたところからものごとを考えると理解しやすくなるのでは、とも教えていただきました。

 

エゴでエゴを考え続けている限りは、おなじところを堂々めぐりしている感じです。

 

守護の御神霊たちの御指導、こちらの宇宙全史で開示されている情報などは、エゴを超えたところからのお話ですので、エゴにはまり込んでいる私たちがそこから抜け出したいと思ったときに、初めて意味がわかるのでしょうか。

 

他にもそうした恩寵ともいえるなにかが身の回りをはじめとする世の中あちこちに見え隠れしているのかもしれませんが、多くのウソやごまかしや意味のないものなどに紛れているため、一層わかりづらくなっているように思います。

 

それを探し出すためには、磨かれた感性や、役に立つ知識に、いきた経験が必要となるのであり、それらを身につけ成長していけばよりよく生きられ、成長がなければダマされ翻弄され続ける自由が私たちにはあるのだと思います。

 

ウソや矛盾を見出し、真実や有益な情報を拾い集めて生きていく。

 

そのためにも勉強、気づき、学び、は大事ですね。

 

また、学び方だと思うのですが、自他のまちがっていることや失敗を非難したり責めるよりも、反省して気付いたところから変えていくほうが生きやすくなるよ、と教えていただきました。

 

そうした改善点ともいえる箇所を見つけ出すことが大事で、気づいていないところは変えることができませんし、見つけて取り組めば自身の成長につながり、たしかにより生きやすくなるのだと思います。

 

しかし、そうした大事なものを見つけるためには、その目が自分の目であるのか、一度よく考えなくてはいけません。

 

誰かの価値基準でものを見ているから、考えや行動や結果にズレが生じて生きづらくなり、カルマというエネルギーの歪みが生じます。

 

 『人はこれから「自由になる」ということを心がけねばなりません』と別巻に書かれていました。

 

 これは自分の見たこと感じたことを信じて、自分のやりたいようにやり、考えたいように考え、生きたいように生きれば、生きやすさを感じ自由に生きられるということだと思います。

 

 しかし、今の世の中では生きたいように生きると、生きづらいことが多いです。

 

それはなぜか、そう考えると、自他を否定したり責めるということが、お互いの自由を認めない生き方であるため、そうしたことがまず一因ではありますが、それとは別に、信じていることが、自分の自由につながる見方で見れていないから、とも考えられます。

 

その信じているものが、自分の価値観、ものの見方ではないからではないか、と話していただきました。

 

いま自分が信じているものは、他人の価値観、考え方ではないのか?

 

親から、先祖から、社会から、代々受け継がれてきた「思い込ませる」という(こちらでお話のあった)黒魔術によるものではないのか?

 

もしかしたら、物心ついてから一度も「自分」の生き方をしたことがないのではないか、 そう考えると「自由に生きる」、この一言をよくよく考えてみる必要があると思います。

 

ここまで、とりあえず理解はできていないまでも、知識や考え方として整理をしてみたことです。

 

昨日改めて非公開情報など読み返してみると、私がこれまで理解できていなかったことが点々と目に付きます。

 

理解できることが増えてきているため、こちらで教えていただいたものの気づけず見落としたり、理解したつもりになってスルーしてきたものなど、時間をかけて読み返して確認してみようと思います。

 

この文章を読み返しながら、自分のエゴが色濃く出ているところをこれでも修正したつもりではいますが、これ以上は今の私では難しいと感じましたので、読みづらい内容ですがご容赦ください。

 

一昨日こちらで左の更新がありましたが、書かれていた内容について以下のような考え方でいいのか追加で教えていただきたいと思います。

 

虚空蔵様が肉体に不調を感じたと今回左のNo.303に書かれていました。

 

意識の世界では思い込みがエゴだと考えていますが、自他の境目がある肉体もエゴだと思うので、エゴを通して陰始は私たちに働きかけていることになると思います。

 

であれば、私たちが注意しなければいけないのは、自らのエゴに他なりません。

 

魂が削り取られる、とは、例えばエゴで無意識にやったミスや失敗などが、今後想定以上の大問題になって身を削るような責任を負い、疲弊することが考えられます。

 

エゴの強い方が引き起こす無用なトラブルに巻き込まれたり、怖い夢を見ることももちろんあるでしょう。

 

最低限自分でできることは、今自分がしている仕事や発言、行動などに注意をはらい、無意識におかしなことをしていないかチェックすることだと思います。

 

家族や同僚についても、目の届く範囲で声をかけあっていくのは、やらないよりはやったほうがいいことではないでしょうか。

 

冬至までの過ごし方として、外出をなるべく控えること以外の考え方として、このような考え方でいいでしょうか。

 

 よろしくお願いいたします。

 

 

エゴとの対話

昨日アップしたブログは、後で見返すとかなりな長文でした。

 

理解できていないことの現れと教えていただき、納得しました。

 

これから落とし込んでいく日々です。

 

 

今日は神様やらエゴやら、いろいろな方?たちとお話するという、やや頭がシュワシュワする時間を過ごしました。

 

果敢に主導権を獲ろうとアプローチしてきたり、かと思うとフレンドリーな態度を見せたり、すぐ手のひらを反すエゴの様は、ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男を彷彿とさせるものがあります。

 

意識して見ていると、徐々に分かることが増えてくるため、エゴのイメージが変わってきています。

 

面白い反面、気を許せないしたたかさもあり、ある一定の注意を保つようにもしています。

 

 

写メは例によって息子作、知り合いのおばさまです。

 

6歳の子が描く目力にびっくりです。

 

 

 

伝 98

 

施術を通して

 

自分は命あるものなのだ

 

と気づくための光をいれています

 

 

今生きている

 

そういう自覚がないと

 

地に足つけないで理想ばかりを追い求めてしまう

 

だからまずそこから始めないとね

 

 

大事に

 

真剣に

 

一生けんめい

 

生きようとする

 

 

そうすると初めて

 

どう生きよう

 

と疑問がわいてくるから

 

それを答え合わせするのが人生なんだよ

 

 

 

施術中に感じていること

 

施術中に感じていることについて今回は少し書いてみようと思います。

 

 

 

患者さんの体に触れながら私が感じていることです。

 

 

 

これまで施術を受けていただいた方はわかると思いますが、私は患者さんのお腹に手をあてることがあります。

 

 

 

なにをするでもなく目を閉じてじっとしているため、沈黙のその時間にやや戸惑う方もいるかもしれません。

 

 

 

寝ているわけではないんですよ(笑)

 

 

 

体を通して感じるものを探っている、といえばいいのでしょうか。

 

 

 

そんな時に時折感じるのが、部分的に見える宇宙空間と、宇宙空間を覆うもの、そしてその覆いに刻まれた亀裂や丸い穴などです。

 

 

 

それらは意識の世界のエネルギーを私なりの解釈で感じ取って表現したものとお考えください。

 

 

 

宇宙空間は全体性、覆いはエゴ、亀裂や穴はエネルギーが漏れてしまうところ、と解釈しています。

 

 

 

これらは常に見えるわけではないですが、覆いがあって宇宙空間が見えない方はエゴが濃い方、宇宙空間が広く見える方はエゴが薄い方、そう見分けるようにしています。

 

 

 

亀裂や穴は、宇宙全史で描かれている陰始に通じるものだと考えており、最近の施術で一番最初に取り組むのは、この亀裂や穴が塞がるようにイメージすること、もしくは意図すること、です。

 

 

 

そこから全体的な施術をすることで、歪んだ状態が改善されて体のバランスが取れてきますので、感覚として楽になったと実感していただけることが多いようです。

 

 

 

ただ、そのまま日常生活に戻っても、それまでの生活パターン、無意識の思い込みに従った考えと行動により、同じような歪みが出てくるでしょうから、そこを繰り返さないために今まで意識してこなかった事を自覚してもらうこと、考え方を少し変えること、無意識だったことを意識してみること、など、変化を促すようなお話をすることもあります。

 

 

 

以上、おおまかな感じで書いてみました。

 

 

 

亀裂や穴については別に書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

キズについて

 

 

 

亀裂や穴のようなキズは、いつどのようにしてついたのでしょうか?

 

 

 

その疑問に対する答えが以下のものです。

 

 

 

 

 

キズはエゴが形成され始めて間もなくつけられることが多い。

 

 

 

ちょっとキズをつけてしまえば、それを隠すように新たなエゴが覆いかぶさっていき、小さなキズは隠れてしまう。

 

 

 

すると、キズがどこにあるかわからなくなり、あとは歪んだエネルギーを注ぎ込んでいけば、そのキズを元にひずみが勝手に大きくなっていき、キズが穴になっていくことでエネルギーの搾取構造をエゴが勝手に作り上げてしまう。

 

 

 

キズはエゴにつけられる。

 

 

 

この事に気づけるかどうか。

 

 

 

心や魂が傷ついたと感じる時、実はだいたいエゴが傷ついている。

 

 

 

しかし、自分が傷ついたと思えばエゴの傷は大きく深くなるため、搾取する側からすれば思い通りになる。

 

 

 

また傷をつけたり深めたりするには、身近な存在のエゴに加害させる方がより効果的だ。

 

 

 

エゴにどこまで意識的でいられるか、それが今のあなた達の課題だよ。

 

 

 

 

 

 

冬至が過ぎて

冬至が過ぎてから、なにか変化を感じている方はいらっしゃいますか?

 

はっきりしないこともあれば、いままでにない変化が起きている方もいるかもしれません。

 

わたし自身はちょっと曖昧ですが、前回のブログが「伝」の進歩した形でしたので、少しずつ変化を感じている状態です。

 

今回、息子は未知との遭遇経験があり、そのことに興奮していました。

 

機会があればお話できるかもしれませんが、展開が止まっているため、様子見中です。

 

冬至後にいらしてくださった方たちを診ていて感じることは、これまでなんとなくぼんやりしていた状況からしっかりとした一歩を踏み出し始めている印象があります。

(自覚は無さそうですが)

 

伝え聞いたりするお話の中にはそうでないものもあり、そうしたものはなりふり構わない印象でしたので、宇宙全史で勉強されてきた方たちは、これまで学んできたことを踏まえて実地テストのようなことがあるかもしれません。

 

冬至前にエゴが元気いっぱい活躍しやすい時期がありましたが、そこで学べたことはありがたかったです。

 

施術にいらしてくださった方には、施術の際にそうしたお話も交えてお伝えしていけたらいいかと思っています。

 

今年も残りあとわずかですね。

 

年内は明日まで営業いたします。

 

 

 

仕事納め

 

おかげさまで今年は最後まで施術をさせていただくことができました。

 

1年経ってみると、あっという間です。

 

来年の今頃はさらに成長した、そう思えるよう、まずは一つずつ気づけることを増やして取り組んでいきたいと思います。

 

 

仕事始めは、年明け4日(月)からとなります。

 

メールにて御予約承りますので、ご不明な点などお気軽にお問合せください。

※PCを操作できない環境に正月はいるため、スケジュールの空き時間の更新が遅れる予定です。

 

ご来院くださった皆様、お世話になった皆さま、一年ありがとうございました。

 

よいお年をお迎えください。

 

 

節分を前に

先日BBSで大きな発表があり、ここ数日は落ち着かない方もいるのではないでしょうか。

 

やってきたことが形になる時というのは、うれしいですよね。

 

無事果たされることを願っています。

 

 

今日いらしてくださった方とのお話です。

 

好不調の波がありますが、低調の時ほど、どん底に近いところでつかみとった自分の信じられるものや大事に思えることほど、重要なのだと知りました。

 

最小単位の自己肯定感というもの、それを認められないらば、その上にどれだけいい経験を積んだとしても、最小単位の積み重ねである以上はなにも積みあがっていかないのと同じ、そういう言葉が出ました。

 

そこから思うような生き方にシフトしていくのも大変だとは思いますが、完ぺきにはできなくても、取り組めば変化もするし前進もします。

 

思うように生きられる、自由を感じて生きられたら、いいですよね。

 

やったことが返ってくるわけで、思うようにやって思うような結果が返ってきたなら万々歳です。

 

やってないことが返ってきたらちょっと怪しいので、そういう時は慎重に見定めてもいいと思います。

 

これまでの取り組みの中間発表としてどういう結果がでるのか、今回の節分はそういう気持ちで迎えようと思います。

 

明後日の朝がどうなっているのか、楽しみです。

 

 

 

全然関係のない話ですが、ちょっと目に入ったので興味のある方は見てみてください。

 

水木しげるさんの対談です。

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47443?page=2

 

 

 

写真は息子作「猫」です。

 

手塚治虫さんっぽいかな(笑)

 

 

ちょっと感じたこと

 

昨日から数人の患者さんを施術して感じたことです。

 

いらした方たちが自分で気づくことの速度と深さが今まで以上に増している、そういう実感があります。

 

お話を聞きながらご本人の口から重要なキーワードが出てくると、それに関してのお話をしている最中に、どんどん吸収されていくのが分かります。

 

何かをつかんで喜んで帰っていかれる姿を見送ると、いい仕事ができたのかもしれないと思え、結構うれしいです。

 

本を読んだり人と話をしたりしながら、意識していつもより深く掘り下げてみるといい時期かもしれません。

 

来週も楽しみです。

 

 

 

前のブログでも書きましたが、明日はお休みになりますので、今週は今日までとさせていただきます。

 

皆様、一週間お疲れ様でした。

 

 

 

鵜呑み

最近は、鵜呑みにしないよう心がけているつもりです

 

長年の癖なので、気が付くと何も考えずに信じてしまうことがよくあるからです。

 

注意して物事を見るようにすると気が付けることもあるので、そういう時は

 

「これまでよく考えずに生きてきたな・・・」

 

と軽く凹み、

 

「いや、気づけるような成長をしたんだ」

 

そう切り替えています。

 

 

 

エゴについて知ることで「エゴを踏まえた学び方」ということが徐々にわかってきています。

 

エゴをあまり「意識しない」「考慮しない」物事の受け取り方が、鵜呑みといえるかもしれません。

 

効率的に学ぶためにも、また教えていただく方に対するマナーとしても、エゴの影響というものを考慮することは大事だと思っています。

 

意識するようになってから、それまでとは見え方が確かに変わってきたからです。

 

こういうことがわかってくると、けっこう楽しいですね。

 

 

 

写真は息子作、「レンジャーと敵」だそうです。

 

どちらかというと、憎めない悪友二人、という感じがしないでもないです。

 

 

息抜きに体操でも

 

 

出来る方はどうぞ。

 

出来ない私は観て楽しみました。

 

御存じの方もいるかもしれませんが、昨日知り合いから教えてもらったサイトです。

 

 

 

http://youtu.be/_56PBxDFPys

 

http://youtu.be/Ep4JAf8hECE

 

 

『誰が地球に残るのか』

 

今日の昼間に届きました。

 

少しずつ読み進めていますが、各章が思いのほか短く、『20年後・・・』よりは読みやすく感じる方がいるのではないでしょうか。

 

大事なことも書かれていると思うので、飲み込みの悪い私は何度か読み返すことにはなると思います。

 

待っていたものを手にして読めるというのは、なんともうれしいですね。

 

まずは今夜、ひと通り読み切りたいと思います。

 

 

掃除

 

今日は午前の予定が空いたので、少し早く出勤してお店の窓の掃除をしました。

 

通りに面していることもあり、排気ガスだと思うのですが細かな埃がけっこうたまっていました。

 

軽く汗ばむ程度に掃除をし、きれいになったところでタイミング良くご予約も入り、気分よく一日を過ごせています。

 

 

 

明日と明後日は空きがあります。

 

土曜に空きがあることは珍しいので、ご検討中の方はこの機会にいらしていただけるといいのではないでしょうか。

 

 

 

「誰が地球に残るのか」については、昨夜はくたびれてほとんど読めずに寝てしまいました。

 

内容について思うことは昨日も書きましたが、地球に残る理屈は簡単だと思います。

 

今回わかりやすく書いてくださっていると思います。

 

しかし、理屈はわかってもその簡単なことができない理由が、やはりエゴなのでしょうね。

 

今日いらした方とのお話でもそうでしたが、自分の想いに素直になれば(エゴではありませんよ)、その優先順位を一番にもってきて行動に移していけばいいのだとおもいます。

 

そこを小難しく考えてかえってわかりづらくしたり、損得勘定で考え出してその損得勘定を優先順位の一番にすり替えてしまう。

 

エゴの特性を少しずつ理解していくことで、エゴを薄くする、ということがわかるようにもなり、生きやすくなっていくはずです。

 

問題は、エゴに主導権を取られている私たち自身かな。

 

読み返しながら、もっと考えてみようと思います。

 

 

 

驚き桃の木

 

ふざけたタイトルですが、今日はちょっとうれしい驚いたことがありました。

 

 

年末から何度かいらしてくださった方がいて、今日もお越しいただいたのですが、その方から

 

「むかし、※※から家にマッサージに来ていただいたことがありませんか?

 

と聞かれ、ハッとしました。

 

約8年前ですが、当時勤めていた治療院で、その方の住所を改めて聞くと心当たりがあります。

 

驚くやら、うれしいやら、気分よく施術をさせていただくことができました。

 

 

 

春、間近

続きを読む