GW前後の営業等について

お陰様で今週はそれなりに忙しくなりました。


先の御予約もパラパラはいっていますが、


4日は17:30以降


6日は13:30以降


で今のところ空きがあります。


御予約などメールでもかまいません、お気軽にお問合せください。


御着換えのご用意もございます。


9日の土曜日は勉強会のためお休みとさせていただきます。


よろしくお願いいたします。


伝 33

迷いの分だけぶれますが


ぶれた分だけ


幅ができます



求める方向を定めていれば


あなたの中心は変わりません



ぶれから戻した中心からは


求める方向に深めましょう



器を広げて


視野を広げて


あなたを成長させてください



あなたが変われば


周りも変わり


変化はどこまでもひろがっていきます



周りが変わるのを待つよりも


あなた自身を変えていくほうが


ずっと生きやすいはずですよ



哀れさに囚われているよりも


快活さに惹かれましょう



じめじめしているよりも


大きな声で笑いましょう



陰口をささやくよりも


のんびり口笛でも吹いていたらいいじゃないですか



どちらを選んでもいいのなら


あかるくいられるほうが気持ちいいですね



そうした自分の気持ちに


目を向けましょう


耳を傾けましょう



本当の自分の気持ちと言うのは


そうした先にみえるものです




大阪から友人来る

今日は大阪から大学時代の友人が遊びに来がてら、ついでに施術を受けていってくれました。


結婚して子供ができると、家庭のことや子供のこと、仕事のことなど優先することが変り、それまでの交友関係が希薄になっていきます。


そんな中でもいまだに連絡を細々と取り合う友人の訪問はとてもうれしいことでした。


スピ系は一切信じない彼で、痛い施術を笑いを交えながら受けてもらい、息抜きをさせてもらった感じです。


東京ドームに阪神戦を観に来たついででしたが、今日は残念ながら阪神は負けたそうで、非常に悔しがっていました。


子供がもう少し大きくなったら、野球観戦にでも行ってみたいですね。



一昨日、開業して丸半年経ちました。


4月中旬あたりから少し忙しくなってきているものの、なんとも信じられない話ですが地元の方はほとんどいらしてません。


8割の方がBBS関連、そんな感じです。


それが一昨日あたりから地元の方が新規で数人立て続けにいらしてくださり、慣れない飛び込みの受付にあたふたしてしまうという笑える状況もありました。


忙しくなってきたのかもしれません。


昨夜は久しぶりに月の光が心の奥まで照らしてくれたかのような瞬間がありました。


その後、このところ考えていたことの整理がつき、ちょっとすっきりしています。



明日は家族サービスでのんびり過ごそうと思います。



伝 34

積み重ねてきたものを今の自分としてみたとき


やりきったことはあなたを更に成長させ


やり残したことは今の課題としてあらわれます



因果応報を通して学ぶこの瞬間を


あなたがどう生きていくか



今のあなたをどうとらえるか


あなたが果たすべき課題はどこにあるのか


今一度整理して考えてみるといいでしょう



あるがままを知るために


経験を通して自らを学ぶのです



経験を通してあぶりだされたものを


自分のことと認められたなら


あなたはひとつたくましく生まれ変わります



伝 35

掘り下げても掘り下げても


底は見えず



広げても広げても


きりなくどこまでも広がるあなたの器



いつか限界が来ると思って広げていないでしょうか



そんなものはいつまで待ってもありません



考え方を見直す時期にきていますよ



似顔絵 其の2

息子がその後も楽しく描いてくれたのはいいのですが、私の顔はどう見ても劣化してます。


じかに見ながらとイメージで描いての違いですが、どちらかというとこちらのほうが似ているかもしれません。


うれしいんですけどね(笑)



神田祭

昨日いらしてくれた患者様から、この雑誌をいただきました。


一度もこのお祭りに足を運んだことはなく、今年もあいにくの予定で行けそうにありません。


実家にいた頃は小さな子供神輿くらいしか知りませんでしたが、東京のお祭りはなんとも大人が元気です。


機会があれば見に行ってみたいと思っています。



伝 36

日々積み重ねるものごとが


この先の自分をつくると知ると


今ある自分は過去の自分の積み重ねであるとわかります



明日何が起こるのかわからなくても


明日自分がどうありたいかは考えられます



先の見えない世の中であっても


自分の生き方を自分で決められることを知ると



わからないことも


少しは明るく感じることができるかもしれませんね



10キロ先で何が起きているかわからなくても


今のあなたは平気です



10年先のことがわからなくても


今のあなたは平気です



見えないことに不安を抱くのならば


見えていることに希望を抱きましょう



できることを今その時にやる


その積み重ねた先にまだ不安が広がっているのならば


御祈りをしましょう



御祈りもまた見えない雰囲気で


今この時から遠く広がる


時間と空間とあなたの中を


やさしくきちんと


覆ってくれます




地球少女アルジュナ

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=370


患者さんでいらしてくれた方から教えていただいたアニメです。


第一話のみ無料で見れます。


いろいろと身の回りのことを考えるきっかけになるかもしれませんので、興味のある方は続きも見てみられるといいと思います。



気づきの気配

今日は日中からなにか気づけそうな感じがずっとありました。


平常心、平和、消えていく姿、有難い、感謝、そうしたことについてなにか自分なりのつながりや理解が得られるのかもしれません。


10年ほど前に御指導くださっていた方が


「認めることに感謝する、ってわかる?」


と問いかけてきたことがあります。


その意味が分かりかけているようでもあります。



明日、5月9日は終日お休みとなりますので電話対応はできません。

11日(月)は13時から営業、13~16時、19:30~(1件)、それぞれ空きがありますので、御予約はメールであれば明日、明後日でも承ります。

※返信が遅れることもありますので予め御了承ください


伝 37

いま見えているものが本当にそのままそのものか


いま考えていることが本当にその通りか


いま信じているものが本当に嘘がないのか


一度疑ってみることが大事です



自分をみつめ


周りを見渡し


なんのために


どこに向かおうとしているのか



地図を広げて旅に出ることと同じです



確認することで得られる安心は


その旅をより快適なものにしてくれます




伝 38

鏡をのぞいて自らの姿を省みるように


自らの内面に目を向けて自らを内観してみると



ありのままの姿


思い込みの姿



様々な自分の姿が浮かび上がっていきます



見えているもの


感じているもの



すべてをそのまま受け取るのではなく


すべてをそのまま流してみてください



悪い想いも


良い想いも



すべて流してしまいましょう



なにも留めず


なにも滞らせず


ただただ流していくといいでしょう



そうすることで


これまでのあなたが信じていた自分とはまた違う


なにかが現れてきます



見え方も見方も変わります


なにも留めず


なにも滞らせず



そこからあらわれてくる過程を通して


変化とはなんであるかを教えてくれるはずです



ゆっくりじっくり眺めてみましょう



きれいさっぱり流してしまいましょう




人から見ると

ここ数日は仕事や家庭や勉強とあわただしく過ごしていました。


なんとなく気づきつつある感じというのは今もかすかに続いています。


いまだに明確なものは得られていませんが、いくつかのことに整理がついたように思います。



その一つが、自分は今自分だけの人生を歩めている、と実感できたことです。



最近、ある方が私のことを「教祖」という言い方で例えていたと聞きました。


実際にお会いした方は坊主頭のさえない中年おやじとわかるので、笑ってしまうかもしれませんね。



HPには『お祈り』や怪しげなブログ、その他疑ってかかると不信に思えるような言葉や内容もあるのかもしれません。


それらは私の至らない点です。



文字だけを追って感覚や感情などの伴わないものは経験ではなくただの知識でしかない、と最近お話しをした方から教えていただきました。



実際に今私が開業して日々経験している中で培われているもの、真摯に生きようとなにか少しでも学び深めようと施術にいらしてくださる方たちとの間で交わされている施術を通してのやりとり、真剣に生きようとしているからこそ得られるその後の改善や経過、そうしたものは実際に施術を受けていただいた方にだけわかっていただけるような気がします。



「神伝式」と表記していますが、やたらに言葉が浮かぶわけでもありませんし、施術がおもうような即時的な結果をもたらさないこともあります。


なかなか傍目から見るとわからないことはたくさんあると思います。



しかし、それは当たり前で、私だけが経験していることだからです。


いらしてくださった方だけが経験していることだからです。


その経験を言葉にしたものは、求めている方にしか伝わりません。


見ているだけの方には実体験がないため、本を読んで考えていることと同じだと思います。



「教祖」という言葉が私の経験しているものとかけ離れていることがわかるため、私は人には理解されない独自の生き方ができるようになってきたんだ、とうれしくなりました。


なぜうれしかったかといえば、自分の独自性がわかってくれば、他の方の独自性も素直に認められると考えているからです。


そうなれば、なにかと否定をして人のエネルギーを奪ったり、抑えつけて弱らせる、人からの無理解に落ち込むこともなく、加害者や被害者のようなそんな生き方をしなくて済むようになっていくと思うからです。



自分だけの真実の探求を続けていくと、どこかで孤独を感じる時がくると思います。


いまはまだそこまでも至りませんが、どんな時も見ていてくれる、この方だけがわかってくれていれば自分は納得できる、そう心底思わせてくれるのは自分についてくださっている守護霊、守護神、という方たちだと思っています。


五井先生には直接お会いしたことはありませんが、宇宙全史や書籍を通してつたわってくる感じは、守護の御神霊とはまた違う優しさやおおらかさがあると思っています。


気の合う友人や、慣れ親しんだ家族、昔からの御近所さん、仕事の同僚、様々な人たちに囲まれて生きていますが、ずっと一緒ではありませんし、大きなところか見守ってもらうという関係性でもありません。

それぞれが果たすべき課題をもって生きているからです。


死ぬまで一緒、死んでも一緒、死ぬ前から一緒、そうした存在を信じられるようになると、人目を優先することなく自分の心からの想いにしたがって強く生きられるのではないでしょうか。



まだ理解が伴なわないのですが、少し考えていたことを言葉にしてみました。




さとり

数年前のことです。


知り合いの女性と話していた時に、


「私気づいちゃったのよ!『悟り』って、本当の私と今の私との『差を取る』ってことなのよ~っ!」


と話してくれたことがありました。


さとりを知らない私にもわかりやすかったです。



昨日の台風は、目につくところでは思いのほか被害がなく済みました。


日本列島をなめるように縦断した動きや、1回だけの地震などを考えると、なにか調整や浄化の類だったような気もします。



以前、『世の中の波動が上がってきている』『人の波動が高くなってきている』という話を目にしたことがありましたが、その頃はよくわかりませんでした。

(いまもよくわかりません)


みんながみんな上がるわけではないでしょうし、今回の台風や地震がなにかの調整や波動が全体的に上がる要因だった場合、単純に考えて上がる選択をしない方は下がる体験をしていくことになります。


方向づけがより明瞭になっていく過程をいま経験している、そんな感じがしており、ある段階まで来た時にはっきり出始めるのだとすれば、目の前のこと一つ一つを丁寧に取り組んでおくことがやはり大事ではないでしょうか。



では、なにを一つ一つやるのか。


できないこと」をできないところまでやりきることで限界を知り、謙虚さが養われます。


「できそうなこと」を見つけてやりきれば「できること」になり、自信になります。


(よほどの方でない限り、感情や感覚を伴わない経験は知識を増やすだけで、自信や謙虚さを育み養ってはくれません。)



過信でも妄信でもないその自信が、揺れ動くなかでの支えとなりありのままの自分(例えば、できること、できないこと、自分にあるもの、ないもの)を受け入れやすくしてれます。



ありのままの自分を認めることで、他者を認めることがしやすくなります。


ありのままの自分の様々な面を認め、執着しないで流していくことで、消えていく姿と思うことで、軽やかに生きやすくなります。


実体験を通しての言葉は人に伝わりやすくなり、自分に合う人たちが増えることで環境も変わります。



そして、誰のためでもない自分のために生きる上で重要な「生きがい」という方向性を見出しやすくなっていくのだと思います。



覚悟とは、これらがベースにあって初めて余計な気張りなしにできるのではないでしょうか



今の段階で思う「平常心」とはこのようなことではないかということを書いてみました。



「差を取る」のか「広げる」のか、答えは神のみぞ知る、でしょうが、尽くす人事とは上記のようなことだと思います。




ツバメもリフォーム

いつも行く御宅の途中に保育園があります。


その入り口に今年もツバメが巣をつくっていました。


それが先日、少し崩れてしまっていたので心配でしたが、更に数日後通りかかると見事にリフォームされていました。


良い悪いは別として、保育園らしいやさしさの漂うものです。


子供たちがいつも見上げて話しかけてるのでしょうね。



伝 39

蓋をあけたら神も仏もありゃしない


そんな世の中で暮らすよりも


神も仏もいらっしゃる


そんなおおらかな生き方のほうが


人は優しくなれるものですよ



平常心などについて

先日書いた「さとり」の中の平常心について、続きというか整理途中のことを少し書いてみようと思います。



平常心と覚悟は似ており、平常心を段階的に深めていくことで、覚悟もまた変わってくるような気がします。


「力を抜くこと」を耳にすることがありますが、おそらくリラクゼーション的なものと、気づきを促す方法として肩の力を抜く・抜ける、というのは似て非なるものだと思います。


疲れを抜くためにリラックスすることは、継続が困難です。


しかし、覚悟をもって力が抜けたときというのは、なにか嗜みとして身に付くような変化が起きているのではないでしょうか。


またここで少し話が飛びますが、「平和」というのは「平常心で和む」という意味のような気がしています。


以前は単純に、争いが無い、穏やかな日常、程度にしか考えていませんでしたが、平常心について先日自分なりにまとめてからは違います。


平常心という覚悟を秘めた状態、嗜みとして身に着けたうえで和む、というのはまさにリラクゼーション的なものと違う肩の力を抜くことだと思いました。


世界平和の祈りはそれを真言として「世界人類」にそれを当てはめているわけで、相当な決意というか真剣さを初めて感じることができた気がします。



最初に書いたように整理できていないことですので読みづらいものだとは思いますが、整理の過程として掲載させていただきました。



明日は13時から15時半まで空きがあります。

来週は月~火は連休とさせていただき、HPの更新はできませんので御了承ください。


その間電話対応もできなくなります。


御予約については連休中もメールにて受け付けますので、お気軽にお問合せください。

伝 40

お勤めを果たすことは大事です



約束したことは守りましょう


できないことはできないと伝えましょう


わからないことはわからないと表明しましょう



そのうえで


できることはきちんとやりましょう



どんな時でもそれを続けることで


あなたは自分がわかってきます


そして自信ができてきます


気持ちの揺れ動きが楽しくなってきます



楽しく揺れに合わせていれば


合わせた分だけずれが減るので


あなたはしっかりしてきます



揺れの幅だけ


あなたの器が広がります



広げた分だけ


たくましくなるのです




あぁ・・・

昨日16:30から90分施術を受けてくださったYさんへ


もしこのブログを見て覚えていてくださったら御連絡をいただけないでしょうか?


施術中にいろいろお話した中で、「セラピストの真髄は・・・」というお話をしたと思うのですが、なにを言ったのか全く思い出せません。


私自身の課題でもありそうで、覚えていたら教えていただけると本当にありがたいです。


よろしくお願いいたします。



手作り教室

妻が一昨日と昨日、それぞれ別の集まりで手作り教室に参加してきました。



藍染の手ぬぐいには息子も参加し、手伝ったつもりで本人は鼻高々でした。


教えてくださる方達もみなさん気さくな方ばかりだったようで、


「とても楽しかった!!」


と目をキラキラさせながら妻は話してくれました。



手をかけて作るものはいいですね。


関わる人との時間も、彩り豊かな記憶として残ります。



いい時間を過ごせたようです。



来週の予定

明日は午前中にウルトラマンと握手をして、午後から実家に帰省予定です。


18日(月)と19日(火)はお休みをいただき、20日(水)から営業を再開いたします。


連休中は電話対応できませんが、メールで20日以降の御予約は受け付けますので、お気軽にお問合せください。

「いでよ神龍!」

日曜日から連休をとって実家に帰省していました。


行きの中央道,諏訪湖PAで空を見上げると上記の雲が!


いつのまにかドラゴンボールを集めていたようです(笑)


なかなか立派な雰囲気でした。



帰省して感じたこと

調子にのって画像載せまくってます。



今回帰省を前に、ひとつ課題を与えられていました。


勉強会で先生のお話に出てきたことです。


内容を口外することはあまり佳しとされないためはっきりとはかけませんが、自然とは、という感じのものでした。



私の実家は田舎というほどの田舎ではありませんが、近所に田んぼがあるので水路があり、あぜ道があって、野の草花もそれなりにある環境です。


朝家族で散歩していると、見知らぬ登校中の学生たちと挨拶を交わしたり、子供たちと散歩していればちょっとした生き物を見つけただけでわくわくし、田んぼの中を泳ぎ回るたくさんのおたまじゃくしを見て興奮、毛虫や芋虫を見つけて驚き、カエルを妻に見せて悲鳴をあげさせるなど、充実した時間があっという間に過ぎていきました。


また夜になるとカエルの大合唱が聞こえます。


とても賑やかですが、不思議と嫌な感じはしないんですよね。



息子はだいぶ慣れてきましたが、実家はいまだに汲み取り式のトイレで、ハエもたくさんいて怖くて一人では行けません。


夜になればなおのこと、今住んでいる環境とちがい、本当に暗くなります。



日中に少し車を走らせて出かけたところではキジの鳴き声を聞きました。


「見に行ってみようか?」


と息子と二人で歩いて行くものの、彼の身の丈以上に生い茂る草むらにはばまれてそれ以上進む気が起きなくなってしまいました。



場所にもよりますが、東京での生活は非常に楽で快適だと思います。


人工物に囲まれて、田舎では当たり前に目にする雑草さえも珍しい環境は、他の生き物との接触がほとんど無くなってしまっているからです。


しかし、楽で快適といっても、自然の多い環境で生きる上での大事な緊張感が抜け落ちてしまっていることにも気づき、少なからずショックを受けました。



安易な比較ですが、田舎ではひとつの環境の中で、多様な生物がそれぞれ自身の生命を生かそうとして共存できています。


しかし、人間に住みよい環境に特化すればするほど、蛇に出くわしたり、むかでが天井から落ちてきたり、蜂やハエやケムシにイタチ、他の生物との関わりは減るばかりです。


そんな環境で生き抜くものもいますが、ひとつの環境で共存しているとはとても言えない気がします。



このところ知りえた情報を通して、人は食事や医療、生活習慣、社会制度、その他にも多くのことから、生命という大事なものに秘めた可能性を随分と損なっている気がしています。



「アルジュナ」はその辺りをとてもわかりやすく考えさせてくれました。


カスタネダのドンファンシリーズなどは、ちょっと読むと異常体験のようでもありますが、現在勉強させていただいている内容を実感するたびに、あの本の中の世界に少し現実味が出てきたりもします。



「生きる」ということを「自然の中」で見つめてみると、大事なことに気付けるような気がする、そういう想いで今回は東京に帰ってきました。


その帰り道、車を運転しながら前方に見える山々を眺めながら内観していると、大地に根差し揺るぎない安定感を内に秘め、自然と調和しているその姿に感動してしまいました。


この感覚を少しは残して施術ができたらな、と考えています。




お詫び (メールについて)

先週の土曜日からメールの不具合で送受信ができない状況でした。


一部の方に大変ご迷惑をおかけしてしまいました。


ごめんなさい。


(先ほど復旧しました)



伝 41

平和の祈りを伝える時に


あなたが平和であればなおいいでしょう



平和を願うときには


あなたの心は平和ではないのですから


無理に平和であろうとする必要はありません



祈るときも同じです



ゆだねる気持ちは穏やかに


祈る時には一心に



できることからひとつずつ


無理をしないで自然な姿で祈りましょう



完璧を願うものではありません


平和をおもう祈りです





デフォルメ

患者さんでいらしてくださった方が、趣味で漫画など描かれており、今回私をデフォルメ化してくださいました。

 

「こんなおっさん(私)が・・・!!」と軽く衝撃を受けるかわいい面像に、思わずにやにやしてしまいました。

 

こんな手?指?で指圧したらどんなに気持ちいいこことでしょうか(笑)

 

多少痛いことをしても許してもらえそうだし・・・

 

 

描いてくれた方は、自分のやりたいことを自覚され、決意をもって生き始めています。

 

それに同調するように取り巻く環境も大きく動き始めました。

 

人によって方向性は違いますが、ある程度方向性が定まってくると、様々な形でサポートもえられやすくなるようです。

 

いま現在はまだ本職ではありませんので、ある程度時期が来たらHPで使えるよう改めてお願いしたいと思っています。

 

 

あまりこれまで人に見せることがなかったそうなので、御感想をいただける方はコメントに書き込みしてください。

 

描いてくれた方の励みになると思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

癒すということについて

最近、癒すということについて考えています。


なにかを付加するような感じで以前は捉えていましたが、その人(生き物)が本来もつエネルギーが流れる状態にすること、向かうべき方向の途上に立ち返ること、と考えるようになってきました。


安易にエネルギーという言葉を使いましたが、エネルギーがどういうものかはわかっていません。


イメージでしっくりくるため、そう表現しておきます。


この後使う言葉もそれぞれわかっていないまま使いますので、独り言と思って読み流していただけると助かります。


「本来」とは、あるべき姿とでもいうのでしょうか。


今後少しずつ理解に努めていこうと思っていますが、本心の発露がスムースになされている状態、エゴという覆いが少ない状態です。


意識や想いのもっていきどころが人それぞれ違い、そこにぴたっとはまった状態が天命を生きていると考えています。


そこを点、Pointと考えると、癒しが起こるのはその点を中心とした周辺、Areaあたりかなというのが実感しているところです。


エゴはこのPointやAreaも覆っており、Pointまでの距離感がエゴの濃淡ではないかと思います。


ありのまま、という言葉がありますが、それはこの場合はArea(Pointを含む)ではないでしょうか。


わがまま、というのはその外だと思います。


わがままになると、他との協調性が無くなり全体の調和という方向性を見失います。


ですから、似た言葉ですが、随分意味合いが変わってくるような気がしました。


わがままでは内からのエネルギーの流れから外れているため、外から補うしか方法がありません。


補う方法が健全であればまだいいのですが、協調性が薄くなるため奪うという手法に傾倒してしまいます。


アドバイスをくださった方がおり、最近施術をしていて生き方に関しての変化が著しい方の特徴として、方向性が出てきたことによるものが多いのではないかと考えるようになりました。


方向性とは、PointもしくはAreaに意識が向いている、ということです。


そうすると守護してくださっている方たちもサポートがしやすくなるようで、追い風が吹くように変化が加速しているかのようです。


御祈りそのものは、方向を定めやすくもしてくださるように思います。


自分がその中心方向に向いているかどうかの指標は、宇宙全史のカルマの章に書かれている「生きがい」であり「やりがい」だと思います。


個人でそれが達成できることであるならばそれはそれでいいのですが、道を外れてしまうことのほうが圧倒的に多いわけで、そこで他者との関わり、自然とのふれあい、そうしたもので軌道修正がなされていきます。


そのことを癒しと考えればいいのかなと思いました。


普段の生活の中で様々な役割を人は演じています。


仕事でいえば役職と考えるかもしれませんが、生活も含めて考えると、親であり子であり、妻であり夫であり、知人、友人、隣人、変人(?)、そうしたことを演じています。


それぞれがそれぞれを演じ切ることで、お互いを癒すことができ、自分であることで自らをも癒せる力が人にはあるようなきがしています。


先日の帰省からの帰り道、目の前に広がる山々を見ながら、私が癒されていることがわかりました。


山はただ山としてそこにあるだけでした。


しかし、山が山としてあるだけで、そこには数多くの動植物があるがままの姿で生息し、遠くからながめる私でさえも癒してくれます。


施術でいうならば、施術者の私が施術者であり続けることが大事で、情に囚われると施術者ではなくなります。


施術に限らずその人がその人であることで、全体と調和した本来のエネルギーの流れが保たれるようになるのであれば、癒しがつねに起きているとも考えられます。


自分の役割を日常生活、家庭、職場、社会できちんと果たすことが、自他を癒しながらそれぞれの天命に生きることに通じるわけです。


整理がつかなくなってきたので、今回はここでやめておきます。




伝 42

迷い


戸惑い


ぶれながら


自分を知るのです



自分を知るとは

覚醒に至る道筋を知るということ


漫然と生きるなら

方向性を出す意味も

私達が守護する理由もありません


生きると決めたら生きられるのです


そう思わないうちは

生きている色合いは非常に薄いものとなります



『患者様の声』

お陰様でいらしてくださった方達からお送りいただいた施術についての感想、印象などがだいぶ集まってきています。

 

施術内容はその時により変わりますし、言葉や改善の度合い等も個人差が随分あるため、好意的に期待をもたれてもお応えできないこともあるとおもいます。

 

その時できる最善を毎回できるよう取り組んでいるつもりです。

 

その時々で自分なりの課題に取り組んでもいるため、受けている方にはわかりづらいことも時にしていますが、みなさんからいただいた感想を励みに、これからも頑張ります!

 

 

今後『一(はじめ)』でどういう展開がなされていくかわかりませんが、時間をとれる今のうちはなるべく御希望があれば施術前後の時間に御話をし、余裕があれば振り返りとしての施術時にお伝えした内容をメールするようにしています。

 

 

すでに表れていますが、おそらく今年の後半から、目につく身の周りの変化がはっきりしはじめると思います。

 

いまいらしてくださっている方たちの多くは、準備が整い始めてもいるようです。

 

これまで通りの自分であり続けようとする方、自分は変われると信じて行動に移す方、それぞれの行く末の違いもはっきりしてくるはずです。

 

 

エゴ丸出しで書きますが、このところ身の回りで多くの人のエゴを目の当たりにしたり垣間みるなどして、それぞれがどういう未来の選択をしているのか考えさせられていました。

 

今している行動が仕方のないことなのかどうか、それは御本人が最後に自覚することです。

 

その最後の判断をもって次の世界に行かれることになるのでしょう。

 

 

できることを日々積み重ねて、いらしてくださった方たちに喜んでいただけるよう頑張ります。

 

 

今後も随時感想を募集いたします。

 

掲載させていただける方は、メールにてお送りいただけると助かります。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

カラスとパン屋さん

一(はじめ)の近所にはパン工場らしきところがあります。


喫茶店などに卸しているのか、大きなトラックがよく出入りしています。

先日その前を通りかかったところ、この場面に遭遇しました。

切り込み隊長がカラスで、後陣にスズメが数羽ひかえていました。

パン屋さん?には悪いのですが、追い払うよりもつい見入ってしまいました。

カラスの平常心はすごいですね、見てるこちらの方がドキドキしてました(笑)

廃棄するためのパンだと思いますが、一つ手際よく咥えて飛んで行ってしまいました。



冷えていませんか?

このところ日中の暑さもさることながら、明け方のちょっとした冷え込みを感じている方もいるかもしれません。


私がやっていることですが、ふるい靴下のつま先部分を切り落として、夜寝るときにはいています。


体温は手足の指先から抜けやすく、つま先まで隠してしまうと暑くなりすぎるため、指先を出しておくだけも随分快適さがちがいます。


明け方掛布団をどかしてしまったり、足だけ外に出していると知らず知らずのうちに足先から体が冷えてしまい、妙な疲れが残ったり熟睡できないことがあるので、その対処法です。


足首、手首、肘、などの関節は筋肉よりも腱が多く冷えやすいところです。


また首筋やお腹も冷えやすいため、汗をかいてしまわなければ冷え性の方には寝るときにそういったところを圧迫しない程度のなにかを使って寝られてはいかがでしょうか。




伝 43

自分自身であることで人を癒せると知ると


人には人を癒す力があることがわかります



それは癒そうとするものではなく


おのずと癒しているのです



そのことがわかると


自分を知り


自分らしくあることが


怖くなくなります



そうして自分らしくあることで


自らをも癒します




伝 44

道の傍らに


野辺の草花は

音もなく揺れています


生命の美しさには

完璧ではないことを素直に受け止める姿が

秘められています


硬く変わることのないように思える岩場や大地でさえも

悠久の時の中で

その姿を変え続けています


自らを完璧であると信じた瞬間から

そうした美しさは徐々に失われていきます


序列を組んで

階級にわける考えは

その頂点に仮想の完全性を見いだそうとしますが


命あるということ

形あるということは

どういうことなのか考えてみるといいでしょう


美しさは生きがいを見いだすことで磨かれていきます


謙虚さ

感謝

慎み深さ


そうしたものが養われ

調和はなされ

保たれていきます


完璧であれば変わる必要はありません


ありのままの自分とはどういうものか

今一度見つめ直してみましょう


お気に入り

また、いただきました。

http://www.siatu-hajime.com/2015/02/06/富貴豆-煮豆/


帰ってからの楽しみができました(^^♪



また、最近気に入っているというといい方が変ですが、展開が非常に気になるブログがあります。


一(はじめ)を立ち上げたときに自身のブログで紹介してくれたshigeさんが明日から新婚旅行に行きます。


そのshigeさんが奥様との馴れ初めからの経緯を独自のスタイルでブログに綴っており、なんともドキドキしながら毎朝読むようにしています。


基本不定期ですが、新婚旅行に合わせて精力的に更新していますので、よければ読んでみてください。

http://blog.goo.ne.jp/sumera4life/e/5e9186c3ce5e8b9d33e0f1a545c60271


先輩だから年上なんですが、なんだか初々しいんですよ!


『だいっ、おまえ本当にいいやつだな!』


のセリフに何度励まされたかしれません。


shigeさん、奥様と新婚旅行楽しんできてください。









ボーっとしてます・・・

今日はなんともどうしたものか、先ほどからボーっとしてしまっています。


10日ほど前にもこんなことがありましたが、今日はさらに輪をかけて、という感じです。


べつに体調が悪いわけでもなく、気分が落ち込むでもなく、午前中の往療も問題なくできました。


むしろ今までより内容が良かったくらいです。


とにかく笑ってしまうくらい言葉がでてきません、頭が動かず考えられません。


肉体改造と思しきことはこのところずっと続いていますが、頭も少しはよくなるのでしょうか(笑)



このところいろいろお話をしてくださる方がいて、少し整理できたことをこちらに書こうと思っていましたが、これでは無理ですねえ。


かえって施術は無心でできていいのかもしれませんが。


雨で人通りもまばらですので、のんびり過ごすことにします。



今日は都合により19:30までとさせていただきます。


明日はまだ空きがありますので、詳しくはメールでも構いません、お問合せください。




模様替え

どうにも使いづらい感じがしていたので、先ほど受付のカウンターの配置を変えてみました。


明日やる予定でしたが、気晴らしと電話が鳴らない天の采配?もあり、頭をぶつけたり手順を間違えながらもなんとか完了。



施術室も本当はもう少し変えたいのですが、いまはまだアイデアが整理できないため いましばらく先送りです。



以前より座った感じは受付らしくなりました。


いらしてくださった方との距離感を考えて当初は低くしていたのですが、今回は少し高くなり若干圧迫感があるかもしれません。




伝 45

休むことも大事ですよ



伝 46

遠くからあなたを眺めてみましょう


あなたはどう見えるでしょうか


細部に渡り克明に自分を認識できるでしょうか


また反対に間近に迫り

部分だけを見ながら

あなた全体をキチンと理解できますか


物事の見方というのは

見方にあったものでなくては見えてきません


遠くから眺めるときは全体を


近くで凝視するときには微細を


程よく見れば雰囲気も感じられるものです


ただ感じたままをわかろうとするばかりでなく

考えに幅をもたせてみることで

あなたの捉える世界は広く深く濃淡を増していきます