本年もよろしくお願いいたします

新しい年になり、初めての更新です。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

今回の年末年始は実家に帰省することなく、自宅でゆっくり過ごしました。

 

通常4日間の休みはめったに無いため、いろいろやれるかな、と考えていたのですが、体の疲れがどっと出て、ぼーっとしている間に仕事が始まってしまいました。

 

あっという間です。

 

お正月の帰省は難しいかも、と思い、12月半ばに一度帰省してきました。

 

写真は、その時子供たちが描いた牛の絵です。

 

左は娘が描いたもので、やさしい眼差しが気に入っています。

 

右は息子が描いたものですが、筆の使い方が上手になり、自分が描きたいものがさらに描けるようになってきたようなので、成長がうれしいです。

 

 

 

コロナについては風邪の流行と同じで、やはり寒くなって活発になってきていますね。

 

個人的に、イギリスで騒がれている変異種が、来週から二月にかけて私たちの生活に大きく影響を与えるようになっていくのではないか、と感じています。

 

そうならなくても、いまの調子で感染者数が増えていけば、二月から三月くらいまではメディアのコロナ報道が賑やかに続くことでしょう。

 

メディアが賑やかになるというともう一つ、明日あたりからアメリカの大統領選挙の行方がこれから大きく取りざたされていくかもしれません。

 

日本の主要メディアでは、いまだに「バイデン大統領」という言葉で報道している状況ですが、主要ではないところの情報では、すでに他国も交えた不正が明らかにされてきているようなので、選挙の結果を含めた今後の展開によって、多方面にわたって世界が大きく影響を受ける可能性がでてきています。

 

イギリスもEUからの離脱で、問題が起きているようなので、これから各国で起きていることが次々重なっていくと、場合によっては、この先でコロナどころではない騒ぎになるかもしれません。

 

ここ数年、穏やかに過ごせる時代ではなくなってきたことを、折に触れて感じてきましたが、今年はそれがよりはっきりする年になると感じます。

 

多くの人にとって、日常生活がままならない時代に入りました。

 

これまで当たり前だったことが、どんどん変わっていきます。

 

生きづらくなってから慌てても、どうにもできません。

 

生きやすさは自分の成長で手にしていかないと、余裕がない人たちをあてにしたところで、全く助けてもらえないこともあります。

 

いまからでもいいので、少しでも自分のことを自分でなんとかできるようにしておくことです。

 

自分を見失うと、どんどんおかしなことを積み重ねていきます。

 

おかしな考え方で自ら道を踏み外すことで問題を招き寄せ、多くの人が自分を見失います。

 

どんな行動にもその人の考え方が現れます。

 

自分の考え方をよりよいものに改め続けていくことが、これからの時代を生き抜いていく私たちにできることなのです。

 

それをやらないで誰かやなにかをあてにしたり、世の中が変わることばかり待ち望んでも、自分がよくなることを自分でやらなかったという結果が返ってくることになります。

 

 

 

とりあえずコロナが気になる方は、病気やケガなど体調管理にお気を付けください。

 

コロナは春先まで落ち着くことはないでしょうし、病院も大変になってきているようです。

 

病院に行かずに済めばいいので、自分でできることとして、運動や入浴などで体温を上げる、こまめに水分をとる、緑茶に梅干し、海藻類を意識して摂る、などやっていただくといいと思います。

 

マスクの常用で酸欠気味になっている方もいるのではないでしょうか。

 

イライラしたり、ミスが増えたり、いつもと違う感じがしたら、一息ついて休むことも大事です。

 

疲れが抜けない、そう感じたら、ぜひはじめにいらしてください。

 

今年もみなさまのご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

 

今年一年ありがとうございました

今年も残すところあとわずかです。

 

過ぎてしまえばあっという間ですが、密度の濃い時間を過ごした気もします。

 

いらしてくださったり、お電話でのカウンセリングをご利用になってくださった方々のおかげで、今年も無事に年を越せるため、みなさまに感謝して一年を終えたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

年末にかけてとても忙しい毎日だったため、今朝は久しぶりにゆっくり過ごすことが出来ました。

 

忙しかった理由はいくつかありますが、そのうちの一つが鍼治療を始めたことです。

 

体全体への治療というよりは局所的なもので、薄毛の方に髪が生えるか遊び感覚で始めた経緯はあるものの、寝不足や過労にストレスによる頭の疲れをはじめ、半身まひの方の拘縮改善、髪に限らず頭から顔にかけての肌の美容効果など、可能性を次々感じる機会を患者さんたちとのやり取りやモニターにご協力いただく中で得るという、ありがたい時間を過ごせています。

 

来年はこれまでの施術に加え、鍼でのアプローチも加えながら、試行錯誤する日々となりそうですが、そこから皆様に喜んでいただける結果を出せるようにする楽しみがあるので、今年以上に充実した毎日になるようがんばります。

 

コロナウイルスについて個人的にいろいろと思うことはありますが、自分が生きやすくなるようにものを考えないと意味がありません。

 

あれこれケチをつけたり不満をためこんでも、自分が幸せに生きられるわけではないのですから、いまのこうした現状を踏まえて、どうよりよく生きていくかを考えることをつづけていくことが最善だと考えています。

 

そのお手伝いを神伝式でしていきたいですし、日々の疲れや不調を施術で改善していくことをこれからも続けていきたいと思います。

 

皆様にとって新たな一年が佳き日々で満たされていくことを願っています。

 

今年一年どうもありがとうございました。

 

来年も、指圧・マッサージ一(はじめ)をどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆様のご来院を心よりお待ちいたしております。

 

また、身近な方で当院の施術が合いそうな方がいらっしゃいましたら、ご紹介いただけるとうれしいです。

 

 

今年一年お疲れ様でした。

 

 

 

年末年始の営業案内

娘が描いたイノシシ
娘が描いたイノシシ

すでにトップページに掲載してありますが、

 

年内12月30日まで、年始は1月4日から営業

 

12月31日(木)~1月3日(日)

 

上記の年末年始はお休みいたします。

 

まだ空きがありますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

 

 

昨年に比べると寒さが厳しい印象です。

 

体調を崩しやすい時期でもあり、年末に体の大掃除でひどい下痢や発熱する方もいます。

 

それによって体がすっきりした状態になり、新年を迎える準備が整ったかのようになる方もいますが、今年はコロナを気にして、なかなか風邪をひくのも怖くなっている人が多そうです。

 

基本的な対策として、不満を残す考え方を改めながらストレスをため込みすぎないよう心がける、体を冷やさない、温かいかっこうをする、水分をこまめにとる、適度な運動をする、陽にあたる、湯舟につかる、部屋を暖かくする、温かい食事をとる、質のいい睡眠や適度な睡眠時間を心がける、等々。

 

当たり前のことと思っていても、案外やっていないことが沢山あります。

 

病気にならないように予防接種することや病気になってから薬を服用することが盛んに言われる時代ですが、それら以前に、こうしたことがまず何よりできることであり、効果の高い対策になります。

 

マスクの着用について思うことですが、持続的なある一定の酸欠状態を作り出しているでしょうから、体内で微弱な酸欠状態になっている方もいるのではないでしょうか。

 

そうなると、忘れっぽくなったりミスをしたりなど、頭の働きが悪くなることも考えられますし、疲れやすかったり、回復が遅れたり、ケガをしやすいなど、今の状況が続くと、そうしたことが増えていくように思います。

 

ゆったりでも深くでもいいのですが、1日のうちに何度か安心して呼吸できる時間をもてると、そういうことが起きづらくなるように思います。

 

特に寝る前に呼吸を落ち着けてから寝ると、深く眠れることもあります。

 

寝る直前までスマホを見過ぎている方など、神経が休まるどころか、興奮させてしまうため、寝ても体が休まりません。

 

寝る直前ではなく、数十分から1~2時間でもいいので、目をやすめ、気持ちを落ち着けて寝るように心がけてください。

 

施術の際に言っていただければ、目の疲れをとる施術も行っております。

 

お体のなんとなくの不調があれば、お気軽にご相談ください。

 

年内の営業も残り約1週間となりました。

 

皆様からのお問い合わせ、ご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

写真は、娘が描いた今年の干支のイノシシです。

 

 

 

 

 

 

年末にかけて

娘がアマビエを描いて作った鍋敷き
娘がアマビエを描いて作った鍋敷き

5日の土曜日の午前中、息子の授業参観がありました。

 

昨年までの授業参観は、私が子供の頃の特定の日時に行うものとは違って、約1週間ほどの一定期間内であれば、いつでも参観できるというものでした。

 

しかし、今年はコロナの影響で日時を指定されての参観です。

 

息子のクラスに行ってみると、コートを着ていくくらい寒い日でありながら、そこは風通しのいい教室で、マスクをつけた子供たちが全員パソコンに向かっている姿は、なんとも妙な光景でした。

 

これがいつまで続くのかわかりませんが、長く続くほどになにかがずれていくように思えます。

 

 

 

現在、アメリカの大統領選挙をめぐって、世界各国を巻き込んでいくような驚くべき可能性が出てきているようです。

 

先日の演説でトランプ大統領が選挙の不正に言及したことを、おそらく日本のメディアを通して知ることは、いまのところほとんどないのではないでしょうか。

 

しかし、これは場合によっては、NATOを通して中国に対する宣戦布告へと至る途上かもしれない、と言っている方もいます。

 

そうなると、日本もなんらかの影響を受ける可能性があります。

 

実際にどうなるかわからないことですが、コロナのように私たちの生活を一変させるような出来事が、私たちが生きている間にこれからいくつも起きていくかもしれないと感じています。

 

そういう中で、時代の変化の節目に私たちは生きている自覚をもつことになるでしょう。

 

今回、子供たちの授業風景を見て、時代の変化を感じました。

 

これからそういうことを感じる機会が増えていくとき、それは必ずしも私たちにとって好ましいことばかりではないはずです。

 

むしろ、生きづらさを感じることが増えていくかもしれません。

 

とりあえず、今月半ばから年末にかけて、世界全体で大きな負荷を感じるような出来事がいくつか起きていく予感があります。

 

年明け後も穏やかな毎日が来るとは思っていません。

 

なにも起きなければラッキーですが、なにか起きてから慌てたのでは手遅れです。

 

慌てるとろくなことはありませんので、身の回りの状況を確認しつつ、なにか課題や問題がある方は、今やるべきことやできることがあればそれを先延ばしにすることなく、早めに解決していくことをお勧めします。

 

数日先延ばしにするだけでどうにもならなくなるかもしれないのが、今の時期の世の中の展開の早さです。

 

また、日々積み重ねるものの内容によって、その方の運命は大きく変わります。

 

幸せになりたければ、いまやっていることがそれに役立つことなのか考えるところから見直すといいでしょう。

 

大多数の方が、賢いつもりで、実は真逆のことをやっていることに気づいていないことがほとんどです。

 

そして、自らを陥れるような考え方や行動を、知らず知らずのうちに行っています。

 

私は悟りを開いた方から教えていただいた「全肯定」という考え方をベースに、インスピレーションを使いながら、ご希望する方に対して、生きづらさを改善するアドバイスをお伝えするようにしています。

 

これからの時代に役立てられる内容だと思い学んできたことでもあるので、お力になれることがあると思います。

 

興味のある方は、お気軽にお尋ねください。

 

年末に向けて、少しずつご予約をいただくようになってきました。

 

ご希望する方は、お早めにご連絡ください。

 

 

写真は、娘がアマビエを描いて作った鍋敷きです。

 

 

 

 

 

 

12月の営業案内

息子が作った龍の絵の鍋敷き
息子が作った龍の絵の鍋敷き

今年もいよいよ、残すところあと1か月となりました。

 

昨年の今頃は、台風の余韻が残る年末だったような気がします。

 

今年はほぼ新型コロナ一色の一年でした。

 

 

 

アメリカではワクチン接種がいよいよ始まるようですが、いらっしゃる方たちとお話していると、皆さん同じように「副作用(副反応)が心配で・・・」といわれます。

 

通常、ワクチン完成までに数年を要するといわれているものが一年経つことなく世に出てくるのですから、素人判断ですが、通常よりリスクが高く思えます。

 

また、コロナウイルスについては様々なうわさもあり、私たちでは判断がつかないようなことも見聞きします。

 

一見眉唾に思えるようなものもありますが、いまアメリカの大統領選挙でアメリカ史上最大級の不正が取りざたされていることを思うと、今後はありえなくはない話、と考え方が変わるかもしれません。

 

日本での接種が可能になった場合、接種を考えている方は、お医者さんの間でも意見の違いがあるようですし、コロナウイルスの状況を確認したり、専門的に調べている人たちの中で分かれている「推進する人たち」「保留する人たち」「拒否する人たち」、そうした人たちが発する様々な情報をもとに自分なりに考えるといいでしょう。

 

あの人が言ったから、といっても、副作用が出たときに責任をとってもらえるわけでも、肩代わりしてもらえるわけでもありません。

 

自分なりであっても、調べたり考えるといいと思います。

 

異なる意見があれば、なるべく両者の言い分を見聞きしたうえで判断した方が、偏りが少なくなるので、後で後悔するような判断も減るはずです。

 

穏やかな年末を迎えられるといいですね。

 

 

 

今月は一部営業日時の変更があります。

 

 

 

  ・ 5日(土): 13 : 0020 : 00 で営業します

 

 

  ・年内は 12月30日(水) まで営業

 

  

  ・31日(木) ~ 新年3日(日) お休みを予定しています

 

 

 

これから寒さも本格化していくため、例年通りであれば、風邪やインフルエンザが流行りやすくなります。

 

服装などで体温を下げない、適度な運動で体温を上げる、こまめに水分をとる、部屋を暖かくする、湯舟に浸かって体を温める、体が温まる食事を心がける、等々。

 

特別なことでなくても、体調を維持したりよくしていけることはあります。

 

無理なく続けられることの中で自分に合うものを見つけていくといいですね。

 

今年もあと1か月、よろしくお願いいたします。

 

皆様のご来院を、お待ちいたしております。

 

 

 

写真は、息子が児童館で作った鍋敷きです。

 

 

 

 

穏やかな天候で

娘が描いたフクロウと魚
娘が描いたフクロウと魚

今月に入り、前半は先月までの忙しさがウソのような落ち着いた毎日を過ごしていました。

 

暇というほどでもなく、体も休められるくらいのほどよい忙しさです。

 

いらっしゃる方をみていても感じるのですが、最近は穏やかな天候が続いているせいか、体調が落ち着いていたり、体が休まっている方が多いのではないでしょうか。

 

いまなおコロナに振り回されてもいますが、それと併せて先が見通せない不安な毎日が春先は続き、梅雨は長く、8月は猛暑、9月に入って急に冷え込むなど、ここ数か月は体への負担が例年以上に厳しかったように思います。

 

そうした疲れがいまは癒されているように感じるので、体力を養いちょっとした息抜きになっていればいいですね。

 

これからまた風邪などはやりやすい時期に入ることを思うと、休めるうちに休んでおくことも大事です。

 

疲れを抜いて体をリフレッシュすることで免疫力が高まることも期待できます。

 

お疲れの方がいらっしゃいましたら、ぜひはじめにいらしてください。

 

 

 

コロナが日本でも流行りだしてからこれまで、様々な情報を目にしてきました。

 

ご存じの方もいると思いますが、海外の研究者が調べた論文の話があり、緑茶がコロナに効く、という内容を目にしたことがあります。

 

 

    Indeep / 治療薬として有望なクロロキン等より「緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートのほうが新型コロナウイルスへの抗ウイルス作用がはるかに高い」ことが公開された論文で判明。そして思う日本人の日常食のすごさ

 

 

過剰な消毒で必要以上に体を弱らせてしまうこともあるなか、お茶であれば体に無理なく飲めるので、体への負担も少なくて済むのではないでしょうか。

 

日本食そのものも、こうした時期に体を助けてくれる可能性が高いものになります。

 

改めて、日常生活の習慣や食事の内容に気を付けてみるといいと思います。

 

 

 

今週の21日(土)が勉強会参加のため、9時から16時までの営業となります。

 

23日(月)は営業いたします。

 

ご不明な点やご予約等、メールかお電話でお気軽にご連絡ください。

 

みなさまのご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

写真は、娘が描いた「フクロウと魚」の絵です。

 

お兄ちゃんが以前描いたミミズクが気になっていて、自分なりに思い出しながら真似して描いたようです。

 

 

 

 

11月の営業案内

息子が描いたカモシカ
息子が描いたカモシカ

11月に入り数日経ちました。

 

遅くなりましたが、今月の営業予定です。

 

今週は私用で一部営業時間の変更があります。

 

 

 

 

本日4日(水)は18時までの営業、5日(木)は10時から17時までの営業、7日(土)はお休みの予定でしたが変更して営業いたします。

 

21日(土)は16時までの営業。

 

23日(月)も営業を予定しております。

 

 

 

指圧・マッサージ一(はじめ)も今月で7年目に入ります。

 

みなさんのおかげで、コロナの影響も少なく営業できております。

 

いらしていただいた方に笑顔でお帰りいただけるよう、これからも続けていきたいとおもいますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

写真は息子が描いたカモシカです。

 

 

 

 

改めて、これから体調管理に気を付けてください

娘が描いたハロウィン
娘が描いたハロウィン

10月ものこり数日となりました。

 

先週の土日は天候も穏やかで行楽日和ということもあってか、高速道路は各地で大渋滞だったようです。

 

東京の車がどこまで気にされているのかは分かりませんが、地方によって嫌がらせを受けた話を聞くこともあり、観光地は経済活動の面では複雑でしょうね。

 

コロナウイルスについて、欧米とアジア圏で感染者数の違いに開きがあるため、国内で落ち着いてきたからといっても油断できないと感じる人は多そうです。

 

ただ待つだけでスムーズに経済活動が回復するとは思えませんので、商売をされている方は考えて動くことがなにより求められていると考えています。

 

うまくいっているところは、やった分だけ結果が出ているはずです。

 

 

 

例年だと風邪をひく人が増える時期ですので、風邪をひいてそれなりに経過させることで抗体を体内で作ることをしていますが、今年はそれがあまりなされていないのではないかと思います。

 

東北の震災のあと、体がおかしくなっているみたいだな、と感じることが患者さんたちをみていてありました。

 

例年だと彼岸月に体調を崩して入院する人が多いかったのですが、緊張して体が鈍ってしまったのか、5月のGWくらいまでそうはなりませんでした。

 

つよいインパクトがあると、体が鈍くなることがあるようです。

 

その鈍りが取れてくることで、停滞していた症状が出始めるようですが、コロナウイルスの与える影響でも、そのようになることが考えられます。

 

深い息が吸えていないと感じる方もいるのではないでしょうか。

 

経済活動が従来に近い形で再開して落ち着いてきたころに、ほっとして体調を崩す人もでてきそうなので、私たちの体調についてはむしろこれからが心配です。

 

特に呼吸器と、メンタルやそれに関連して体調を崩す方が増えるのではないかと考えています。

 

これから定期的とまではいかなくても、自然に触れる機会を増やして、意識して気持ちを休ませるようなことをしておくといいかもしれません。

 

 

 

今月も残りあとわずかです。

 

疲れを持ち越さないで気持ちよく年内やりきっていけるよう、マッサージを受けにいらっしゃいませんか。

 

皆様からのお問い合わせ、ご予約、ご来院をお待ちしております。

 

 

 

写真は、娘が描いたハロウィンの絵とフクロウの絵です。

 

 

フクロウの絵に描かれているのは、マグロとイルカだそうです。

 

 

 

 

 

娘が描いたフクロウ
娘が描いたフクロウ

今年も残りあと二か月半

娘が描いた「いぬ」
娘が描いた「いぬ」

10月に入ったと思ったら、あっという間に半月経ってしまいました。

 

今年も残り二か月半です。

 

 

 

最近は、鍼の勉強をきっかけにマッサージの施術も新たな発見があり、施術を見直す機会が増えて、時間があっという間に過ぎていく感じです。

 

頭に鍼を打つようになって数か月経ちますが、当初の目的でもあった髪の毛の悩みを抱えている方に限らず、過労や寝不足に神経の昂りなどを安らげたり落ち着かせる効果も期待できることが分かってきたため、希望する方や改善が見込めそうな方には、特に問題ないようであればご相談の上、鍼を打たせていただくようにしています。

 

まだ正式メニューではないため、とりあえず今月いっぱいはモニター価格で行います。

 

来月以降どうするかは、まだ未定です。

 

詳しくはメールかお電話、またはご来院時に直接お尋ねください。

 

正式なメニューに加えることも視野にいれ、いまはいろいろと調べたりして準備しているところです。

 

その場合、価格は検討中ですが、時間に対して施術料金をいただくマッサージとは異なり、1施術(鍼代込・40~60分)で考えています。

 

また、神経の昂りを抑えるために手を当てたり、マッサージと鍼の組み合わせで頭への施術を行うこともメニューで考えています。

 

私自身も知り合いの先生にお願いして、実際に頭への鍼を何回か受けてみました。

 

毎回ではありませんが、頭の緊張や疲れがとれることで体全体の疲れの回復が驚くほど変わることがあったため、その時はちょっと驚きました。

 

もちろんこういうことは個人差があるため、同じ人でも体調によって毎回感じ方が変わります。

 

ただ、持病のある方や金属アレルギーのある方、その他の理由で施術できない場合もありますので、興味のある方は事前にお尋ねください。

 

 

 

昼間見た天気予報では、明後日土曜日は結構冷え込むようです。

 

体が冷えた自覚がない方でも、湯舟に浸かることで気づく場合があります。

 

気づいた時にはしっかり時間をかけて湯舟で体を温めたり、熱くて気持ちいい湯温に上げるなどして、体調を崩さない工夫をすることです。

 

また、外出の際に風や冷気で体を冷やさないよう、着るものにも注意してください。

 

あと、湿度計を見るようにして、湿度が60%を下回り始めてきたら、意識して水分の補給をするといいでしょう。

 

風邪をひくことは別にいいと思うのですが、不摂生などで無駄にこじらせる必要はありません。

 

特別なことをしなくても、ちょっとしたことで不調を回避できるのであれば、日常的に使う身近なものを上手に使って体調管理に役立てられると無理なく続けられていいと思います。

 

 

 

写真は娘が見せてくれた自由帳に描かれていた「いぬ」です。

 

 

 

 

 

10月の営業案内

アマビエのパズル
アマビエのパズル

10月になりました。

 

7月末までの梅雨から一転、8月は暑い毎日となり、9月に入ると一旦涼しくなったものの、暑い日と台風などであっという間に時間が過ぎ、気が付けば過ごしやすい毎日の10月初旬です。

 

富士山に雪が降るとその年はもう台風が来ない、という言い伝えがあることを以前どこかで目にしました。

 

今年はこのまま冬に向けて天候穏やかにいくのであれば、コロナや気候の影響で弱っている体をやすめるいい時期になります。

 

最近まで、患者さんたちの体をみていると体が休まっていない人が多かったので、ここで一息つけると安心です。

 

一方で、秋以降が例年通りであれば、空気が乾燥して風邪をひきやすくなる季節です。

 

先日までの暑さの余韻と湿気の多い印象から、水分摂取が疎かになっている人は、意識して水やお茶などを飲むようにしてください。

 

 

 

少し気になっているのが、頭の疲れ、気疲れ、そういう方が増えているような感じがすることです。

 

少し話がそれますが、約3か月前から、髪の毛が生えるのではないかということで頭に鍼を打つようになり、それをきっかけにいろいろ調べるようになりました。

 

そして、刺鍼によって頭皮のみならず脳の血流までもがよくなる、ということがわかってからは、抑圧的なことが多い毎日を過ごすこれから私たちの生活の中で問題になっていくことへの対処法として、施術がとても有効であると考えるようになりました。

 

ウツ、寝不足、過労、そうしたことへの対処法として、鍼もそうですが、マッサージや気の働きかけなども組み合わせることにより、頭のみならず体全体の筋緊張の緩和、気持ちが落ち着く、呼吸が楽になる、睡眠が深くなる、元気になる、などの効果が期待できることがわかってきました。

 

人によって効果の現れは様々で、まだ検証途中ですが、時折患者さんにご協力いただきながら確認しているところです。

 

そのおかげもあって、施術の幅がかなり広がってきています。

 

こうした中で、私がいままで意識してこなかったことにも気づけるようになり、精神的な疲れをため込んでいる人が増えているように感じているのかもしれません。

 

どちらにせよ、これまで以上に先の見通しが立たない時代に生きている私たちは、自覚している以上に疲れている可能性があります。

 

なんとなく体調が気になる方は、ご来院の際に気になっていることをお伝えください。

 

少しでも楽な状態でお帰りいただけるよう、その方にあった施術を考えていきます。

 

 

 

今月は都合により、10日(土)、24日(土)をお休みします。

 

それ以外は、日曜日を除いて通常営業を予定しております。

 

これまでは主に午前中でしたが、今月からは夕方から出張施術に出ることもあり、ご予約やお問い合わせの電話に出られないことがあります。

 

その場合は、留守電にお名前と折り返しの連絡先を残していただくか、HPよりメールでお問い合わせください。

 

 

 

写真は、子供たちが児童館で作ったアマビエの木のパズルです。

 

 

 

 

台風12号、無事に通過

ミミズクを描く息子
ミミズクを描く息子

事前の予報では二転三転していきましたが、直撃することなく台風12号が無事に通過してくれました。

 

事前予約をとるには難しい状況だったこともあり、今日は施術をすることなく一日終了です。

 

今日は台風の直撃がなかったものの、日中は風がそこそこあり、雨は閉院間近の今も降っています。

 

明日は前線や気圧の影響があって、まだ全国的に雨が降りやすいようですね。

 

局地的な大雨の可能性もあるようなので、いましばらく注意して過ごした方がよさそうです。

 

 

 

午前中、知り合いの先生に頼んで私の頭に鍼を打っていただきました。

 

自分で体験することで自身の施術に活かしていけるのは、マッサージと同様です。

 

受けながら感じる体の変化を観察していき、改善点や注意点などを掘り下げて考えることができたため、刺鍼していただけてよかったです。

 

頭に鍼を打つようになってから、マッサージも含めて施術の改善点に気づく機会が大幅に増えました。

 

モニターの方への施術も次週で丸3か月になります。

 

目に見えるわかりやすい改善の経過は、あまり経験のないものでしたので、とても興味深いものです。

 

誰にでも同じ結果を期待できるわけではありませんが、きっかけを得て体調に与える影響に気づけたため、効果的に活用していけるよう検討しています。

 

 

 

台風の通過とともに、過ごしやすい気温に変わってきました。

 

深く眠りやすい環境になってきています。

 

体を休めやすい時期ですので、睡眠や食事に生活習慣に少し意識を向けて、体をいたわるといいでしょう。

 

不調の訴えが増えており、忙しい日が続いていたので私も今日は少しゆっくりできました。

 

明日以降のご予約や問い合わせをお待ちいたしております。

 

 

 

写真は、帰省した時に息子が私の父に指導を受けながら描いたミミズクです。

 

 

娘の絵と一緒にはじめの待合スペースに飾ってありますので、よければご来院の際に観てください。

 

 

 

 

 

息子が描いたミミズク
息子が描いたミミズク

土日に帰省しました

先日、久しぶりに実家に帰省してきました。

 

滞在時間が限られていたことと天候もあまりよくなかったので、用事を済ませた残り時間は子供たちが絵を描く時間にあてました。

 

娘は描きたいものを好きに描いてお散歩に行き、息子は私の父にいろいろ教えてもらいながら一緒に作品を仕上げていきました。

 

多少延長したものの、限られた時間で納得いくところまで描けたので、それぞれ満足しているようです。

 

また、院内の受付スペースに飾る予定です。

 

 

 

今月も後半に入りました。

 

総理大臣が変わり、コロナで疲弊している国内の雰囲気も一時やや軽くなるかもしれません。

 

夏の疲れが出始める時期です。

 

体を労りにいらしてください。

 

みなさまのご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

先日、15年ほどのお付き合いがある脳血管障害の患者さんの頭に鍼を打たせてもらいました。

 

リハビリもやるほどに結果が出るうちはまだいいのですが、低下を遅らせたり、現状を維持するために行うようになると、なかなか意欲が沸きませんし続きません。

 

それでも、その方はご自分でご自身の病気のことや薬のこと、体にいいと言われることを積極的に調べたり取り入れることで、自分で意欲を維持していました。

 

しかし、他にもいくつか病気をしてきたため、いい加減気持ちもくたびれてきていたようです。

 

鍼を打った直後はぼーっとしていましたが、それから2時間ほどして、頭がすっきりさえてきたそうです。

 

そして、これまでウツっぽく頭がかすんだようになっていたことがよく分かった、ということでした。

 

一回の刺鍼なので、体の拘縮はほとんど変わらないものの、翌日のリハビリではいつものバイ動いても疲れが残らなかったそうです。

 

四日ほど経ってから再度確認しましたが、その状態は続いている、ということでした。

 

こうした変化は、刺鍼の結果、脳の血流がよくなったからではないかと思います。

 

誰もが同じような結果になるわけではありませんが、今まで以上に治療効果があがればうれしいですね。

 

まだ手探りで確かめながら行っているので、通常メニューではありませんが、いずれメニューに組み込めたら、と考えています。

 

 

 

当日のご予約が多いので、HPで空き状況をご確認いただき、できれば前日までにお問い合わせいただけると、思った日時で施術を受けやすいです。

 

もちろん当日のお問い合わせでも大丈夫ですが、前もってご予約いただくようご協力いただけると助かります。

 

来週の21日(月)、22日(火)、それぞれ営業いたします。

 

疲れを持ち越さないためにも、ぜひ施術をご自身の体調管理にお役立てください。

 

みなさまからのお問い合わせをお待ちいたしております。

 

近況のご連絡だけでも大歓迎です!

 

 

 

写真は、娘が描いた「おおかみ」です。緑の絵は失敗したものに手を加えてなんとなく仕上げました。

 

ライオンのたてがみのようなものがなんなのか、いまだによくわかりませんが、なんとなく迫力があります。

 

 

 

 

娘が描いたおおかみ
娘が描いたおおかみ

モニター経過報告

 

9月に入り気温が穏やかになるかと思った矢先に、台風の影響で湿度や気温が高くなり、過ごしやすいとは言い難い日が何日かありました。

 

暑さ寒さも彼岸まで、というので、あと2~3週もすれば、今年も秋めいてくるのでしょうか。

 

 

 

最近は足が冷えている、体から冷えが抜けていない、そんな感じの方がちらほらいらっしゃいます。

 

今日施術をした女性も足が冷えていました。

 

そして、蕁麻疹のような湿疹がでていたのでお話を聞き体をみると、体が冷えていることと、汗の排泄がうまくいっていない感じがしました。

 

あるところを触れてじっと内観していると、私が手を当てているところからメントールのような香りがするなにかがその方の体から排泄されていく感じがしたので、なにか最近食べたもので心当たりがあるか聞いてみると、食べ物ではなかったのですが、汗拭きシートが思い当たったそうです。

 

毎年使ってきたものですが、今年は例年と異なり更年期症状が出始めた時期だったので、体に合わなかったのかもしれません。

 

そのまま手を当てて様子をみていると、その香りが抜けた感じがしたあたりから、体が緩み始めてお腹や足先も温かくなっていきました。

 

私は、以前お世話になった先生から、治療に関して自然な排泄はなるべく抑えないほうがいい、ということはなにかにつけて言われてきました。

 

今回久しぶりにそのことを思い出しました。

 

日ごろから使い慣れているものでも、体調や時期によっては合わなかったり負担になるものもあります。

 

エアコンで足が冷えて調子が悪いということばかりではないようです。

 

食事、睡眠、適度な運動、不満を残さない考え方など。

 

体調に影響を与えているものは日常のあらゆるものです。

 

調子がすぐれない方は、なにか特別なものを使ったりする前に、まず基本的なところを問題にならない程度にできているか考えてみるといいでしょう。

 

そのうえで自分の健康に役立つものがあれば利用してみると、合う合わないがわかりやすくなりますし、体への負担も少なく効果が出やすい場合も出てくると思います。

 

 

 

先日もこちらでご紹介させていただいた、頭皮への鍼治療のその後です。

 

これまでのところで、順調に抜け毛が減り、髪の毛が太くなるところまでは確認できていました。

 

しかし、発毛に関してはまだよくわからなかったのですが、先日モニターの方がいらした際に頭頂部付近を確認してみると、長い髪の毛の半分ほどの髪の毛があちこちに生えていることがわかりました。

 

どうやら新しく髪の毛が生えてきているようです。

 

これはうれしかったですね。

 

まだ密度はやや甘い感じはしていますが、しばらく続けることでそれも改善される可能性がでてきました。

 

ただ、前頭部が大きな課題です。

 

最初の1か月は頭頂部(後頭部寄り)へ毎週刺鍼して様子をみていましたが、2か月目は前頭部から頭頂部前面にかけて刺鍼しています。

 

話しには聞いていましたが、前頭部周辺はやはり難しそうです。

 

しかし、産毛のような細く頼りない髪の毛が、黒くしっかりした髪の毛に変わってきたことが見た目にわかります。

 

頭頂部よりは時間がかかりそうですが、続けていきながら様子を見ていきたいと思います。

 

あと、体に副反応のようなものが出ないかご本人に聞きながら継続していますが、いまのところ特に問題はなさそうです。

 

もうしばらく継続していけばさらに改善する可能性が高いので、モニターの方と楽しみながら施術を継続しているところです。

 

見た目の変化は分かりやすくていいですね。

 

 

 

写真は、7月最初の施術時と昨日の写真です。

 

 

 

 

9月の営業案内

息子作 くまばち
息子作 くまばち

8月に入ったと同時に梅雨空が夏空に変わり、9月に入った途端、今度は気温が涼しくなってきました。

 

暑さがどこまで長引くかと思っていたのですが、台風の接近や発生に伴い、8月より涼しい日が増えそうですね。

 

今年も台風の被害が心配です。

 

みなさん、お気をつけてお過ごしください。

 

 

 

9月の営業のご案内です。

 

5日(土)はお休みです。

 

12日(土)19日(土)は、それぞれ10~16時での営業になります。

 

21日(月)敬老の日22日(火)秋分の日は、それぞれ営業いたします。

 

 

 

モニターの方への頭皮への鍼治療ですが、丸2か月やって、さらに成果がでてきました。

 

頭頂部に新しい髪の毛が生えてきています。

 

抜け毛が減る、既存の毛髪が太くしっかりする、というところまでは目視やご本人の生活の中で確認できていたのですが、新しい髪の毛が生えるかどうか、は大きな課題でした。

 

しかし、このモニターさんに関しては、順調な結果となっています。

 

個人差があるのは当たり前ですので、他の方へのモニター施術で少しずつ確認していきます。

 

比較写真はまた日を改めて掲載します。

 

 

 

写真は、息子が描いた「くまばち」です。

 

落ちていた死骸を拾ってきて描いたそうです。

 

 

 

 

いろんな疲れ

息子作 ミンミンゼミ

お盆を過ぎたあたりから、朝晩の暑さが少し和らいできたように感じます。

 

我が家の周辺はやや緑があるため、夜になると虫の音がにぎやかです。

 

秋が少しずつ近づいている気がしている一方で、翌朝にはセミの鳴き声で目を覚ますため、徐々に移行している感じがします。

 

先日久しぶりに雨が降り、空気のにおいが変わった気がしました。

 

 

 

とはいえ、日中はまだ日差しがつよく、思いのほか目がくたびれている方も多いようです。

 

外を出歩く機会が多い方など、路面からの照り返しもあって、神経がやや高ぶっているのではないかと思えるケースがあります。

 

さらに、日常的にスマホなど見ていると、目に対しての光の刺激量が過剰になっているようにも思えますので、疲れが抜けないという方は、蒸しタオルや目薬、冷やすなど、ご自分に合った方法で目を少し休めるようにしてはいかがでしょうか。

 

 

 

また、夜眠れなくて疲れが抜けないという方もいます。

 

多少自由に時間を使えるようであれば、30分程度でいいのでお昼寝してみるのもいいかもしれません。

 

その際、カーテン等で部屋を暗くし、適度な冷房とアイスノンなどで頭を冷やしながら横になってもらうと、短い時間でもグッと深く眠れることがあるので、疲れも抜けやすくなると思います。

 

 

 

頭がのぼせて足が冷えているような方もけっこういます。

 

更年期障害も重なって頭を冷やしてもなかなかすっきりしない場合、足を積極的に温めることが有効な場合があります。

 

ご自分でできることもあるので、体調に合わないことは無理しないようにご注意いただ

き、可能なら湯舟に足をつけて足湯をしたり、かかと周辺を温めると頭の緊張が抜けやすくなるため、人によってはドライヤーを使ってやけどしないように温めてもらうこともあります。

 

 

 

神経が高ぶりっぱなしなのかな、という方が増えているので、そういう方には緊張を和らげるような施術をするようにしています。

 

自覚しづらい不調もあると思いますが、気になることがあれば、施術の際にお申し出ください。

 

また、身近な方ではじめの施術が合いそうな方がいらっしゃいましたら、ご紹介いただけるとうれしいです。

 

みなさまからのご予約・お問い合わせを、お待ちいたしております。

 

 

 

写真は、息子が描いたミンミンゼミです。

 

 

 

 

最近の不調の傾向

息子作 紙で作った動かせるクワガタムシ
息子作 紙で作った動かせるクワガタムシ

 

いらっしゃる方たちの体をみていて、なんとなく今の時期はこのあたりがおかしいのかな、くたびれやすいのかな、というその時期の体に現れるものがあります。

 

季節とは異なり、コロナ騒動での精神疲れによるのぼせ、首肩のこり、マスクによる呼吸器等への負担を感じることが梅雨時はありました。

 

梅雨が明けて夏真っ盛りになると、天気がよくなり動き回るのか、足腰の疲れが目立っていました。

 

そこから、最近は冷房で足が冷えている方が目立ち、時々心臓の疲れのようなものが体に現れている方がちらほら見かけられます。

 

心臓の疲れというと大病のように思われますが、私は感じるのは単純に体がシンプルに休まっていない、くたびれている、というものです。

 

ただ、生きることにくたびれている、という方もいそうです。

 

また、体が冷えているときは卑屈になりやすかったりムキになる方もいますので、人間関係のトラブルが起きやすくなります。

 

まずは自分の言動に気を付け、身の回りの方の言動には一呼吸おいてから対処したり、少し寛容な態度で接してもいいかもしれません。

 

いまは湿気や暑さ、その反動でエアコンによる冷え、体が落ち着かない状態が続いてくたびれているのではないでしょうか。

 

主に高齢の方に見られる傾向なので、ご家族や身の回りに年配の方がいる場合、少し気にかけてみてみるといいかもしれません。

 

仮眠だけでもずいぶん体は休まります。

 

カーテンなどで部屋を暗くし、涼しく過ごしやすい環境でゆっくり体を休めさせてあげたり、頭を冷やしながら足はタオルケットなどかけて暖かくして仮眠をとらせるなどしてみてはどうでしょうか。

 

毎日でなくとも、週に1~2回そうしたことができれば、持ち越す疲れが減る分、秋以降の体調も崩れにくくなると思います。

 

いまは先の見通しが立たない落ち着かない社会情勢の中で過ごしています。

 

自分は大丈夫でも、身近な人になにかあれば、気持ちの落ち着き度合いが全く変わります。

 

冷静に対処できる余裕があるうちはいいのですが、無理がきかない、こまごましたことでも次々大変なことが起きる、そういう積み重ねはできれば避けたいものではないでしょうか。

 

大きく体調を崩す前に対処しておくことで、その先の結果も変わっていきます。

 

いらしてくださるみなさんのおかげで、最近忙しい日が続いています。

 

しかし、体調を崩しかけている方が多いことがその理由でもあり、世の中でこれから体調を崩す方が増えるのではないかと気になっています。

 

疲れを持ち越さない工夫を、できる中でしていくことをお勧めします。

 

マッサージはとても有効な手段ですので、ぜひご利用ください。

 

少し落ち着かない方の中には、カウンセリングを新たなにご利用になる方もいらっしゃいます。

 

ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。

 

 

 

鍼によるモニターの募集をいったん締め切ります。

 

いまは何名かの方とご相談させていただいていますので、経過など上げれるようでしたら、またこちらでご紹介させていただきます。

 

様子をみて、またモニターの募集を行うかもしれません。

 

当院の施術を受けたことがある方のご家族やお知り合いの方で、モニターに興味のある方がいらっしゃれば、一度お声掛けください。

 

優先的に検討させていただきます。

 

 

 

写真は息子作、紙で作った動かせるクワガタムシ、です。

 

本来は人型の関節部分が動かせる紙模型だったものを、クワガタの形に自分でアレンジして作ったものだそうです。

 

 

 

 

熱中症にご注意ください

最近いらしてくださる方たちは、いい色に日焼けもしていますが、外を歩いてきたこともあって、体がしばらく熱くなっています。

 

エアコンをかけてはいるものの、体のほてりがすぐにとれるわけでもないので、長時間外気の中で動き回れば熱中症になることもあるとは思っていました。

 

しかし、先日バイクで出張施術に出た際、移動は40分程度でしたが、頭がのぼせて軽い吐き気がありました。

 

そこまで暑いと感じていなかったのですが、頭を冷やして横になるとすぐに復調したため、軽い熱中症だったのかもしれません。

 

まだ暑い日が続くようですので、皆さんくれぐれもお気をつけてお過ごしください。

 

水分の摂取、頭を冷やす、これだけでも一日の疲れが違います。

 

近年、暑い日が続く夏を過ぎた頃、呼吸器の風邪をひく方が多いような気がしています。

 

暑さや湿気で呼吸器に負担がかかるからではないかと考えていますが、今年はコロナの騒ぎでみなさんピリピリしています。

 

まめに体の疲れを抜くことで、秋以降の不調を軽減できるかもしれません。

 

ちょっとしたことの積み重ねも大きな違いになりますので、一日の終わりには体をよく休めるようにしてください。

 

 

 

エアコンで足を冷やしているのか、梅雨明けしてからは足腰がかたくなっていたり、胃腸がいまいち、という方が増えています。

 

お体の状態を見ながら、生活習慣の注意点などお話できることもありますので、お疲れの方はぜひマッサージを受けにいらしてください。

 

みなさまのご来院を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

モニター募集も、月曜日まで行っています。

 

ご興味のある方は、お気軽にお尋ね下さい。

 

 

 

写真は娘が育てている朝顔です。

 

学校で配られて育てていますが、どんどん伸びて、毎日10個ほど花を咲かせています。

 

水が足りないとすぐに元気がなくなりますが、朝晩しっかり水やりするようになってから、元気に育つようになりました。

 

それでも、そろそろピークみたいなので、学校が始まるまでに何個種がとれるのか楽しみです。

 

 

 

 

モニター募集中

 

梅雨明けしてから暑い日が続いていましたが、先ほどから雷鳴が轟き、にわか雨が降りそうです。

 

雨雲レーダーを見ると、23区北部から埼玉の辺りでは、激しい雨が降っているようですが、世田谷区はかすめる程度であまり雨が降らないかもしれません。

 

ゲリラ豪雨だと被害がでることもありますが、連日の猛暑を考えると、そこまでではない量で一雨ほしいところです。

 

 

 

昨日もモニターの方への刺鍼を行って経過観察もしました。

 

1週間でさらに髪の毛がしっかりしてきたので、見た目もそうですし、ご本人も直接見えなくても手触りなどで変化を実感されていました。

 

ただ、新しい髪の毛が生えているかどうかは不明です。

 

2週目から抜け毛が大幅に減って、髪の毛が太くなってきている、ということはご本人からのお話からも想像できています。

 

 

 

頭に鍼を打つにあたりいろいろと調べているのですが、思わぬ効果を見出せそうな情報もあれば、注意が必要であることを気づかされるお話などもあり、続けていくことでまた気づくことも出てきそうです。

 

注意点として、体への負担が増す場合があります。

 

頭皮の皮膚湿疹や心臓が弱い方、体力が落ちている方、大きな持病がある方などには、刺激が強く不向きな施術となります。

 

金属アレルギーがある方も、ステンレス鍼を使うため不向きです。

 

一方で、大脳皮質の血流量が増すため、ストレスが多い方にはリラックス効果が見込める場合もあります。

 

梅雨時でものぼせている方がいましたが、最近特に暑いため、体のみならず頭も熱くなってしまっている方がかなりいます。

 

寝る前に頭を少し冷やしてから寝るだけでも、疲れの取れ方が違うと思います。

 

話しを戻します。

 

人によって加減が必要なものですので、モニターの方にご協力いただいて、いましばらく調べたり確認しながら様子を見たいと思います。

 

前回も書きましたが、現在モニターとしてご協力いただける方を募集しています。

 

今回は8月17日(月)までで締め切らせていただきます。

 

今後、改めてモニターを募集するかは未定です。

 

興味をもってくださった方が何名かいらっしゃいますが、締め切りまで募集を続けるので、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

指圧・マッサージ一は、お盆期間も変わらず営業しております。

 

みなさまからのお問い合わせを、お待ちいたしております。

 

 

 

写真は左から7月初め、約1か月経った先週月曜日、そこからさらに1週間後の昨日、です。

 

 

 

 

品薄(※モニター募集のお知らせ有)

今日は午前中、出張施術に出かけたついでにゴミ袋を買おうと、途中のホームセンターに寄りました。

 

そこでいつも買っている袋のコーナーに行ったのですが、30センチほどの袋ですが、悉く売り切れていました。

 

店員さんに確認するとこれから補充するところで、無事に買うことができましたが、店頭のレジ袋を有料にしたことで、最近品薄が続いているということでした。

 

台風の時には養生テープが品薄になり、コロナが騒がれだしてティッシュやお米、トイレットペーパーにマスク、ガーゼに消毒など、品薄商品を見かける機会が増えている気がします。

 

無くて困るようなものは、買い占めや行列を作って慌てることがないよう、余裕をもって早めに購入しておくといいですね。

 

 

 

明日は用事があり、昼過ぎまでの営業です。

 

まだスケジュールの空き時間がありますので、ご予約をご希望の方は営業時間内であればお電話で、営業時間外はメールでお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせについてですが、まれに迷惑メールにこちらからの返信が入っていることがあるようです。

 

返信が遅いと感じた時は、一度ご自身の迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

 

 

来週以降のご予約も、随時受け付けております。

 

 

 

検証中のことについて。

 

先日少し書きましたが、実は現在、鍼で頭髪についての施術を試験的に行っています。

 

(看板は指圧・マッサージですが、私は鍼・灸の国家資格も持って登録もしてあります。)

 

現在、お一人の方にご協力いただき、モニターとしてご協力いただいて検証しています。

 

その方については順調に結果がでているため、改めて追加で、モニター価格でご協力いただける方を約2名募集することにしました。

 

ただ、注意点が複数あるため、今回の募集はいままでご来院いただいたことのある方限定とさせていただきます。

 

約3か月ですが一定期間(月に1~4回程度)定期的に通えるご興味のある方がいらっしゃいましたら、一度ご連絡いただけますでしょうか。

 

実際に受けていただくかは、まず条件などをお伝えし、お話も聞いたうえでご相談して決めたいと思います。

 

締め切りは8月17日(月)とさせていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

下にモニターの方の写真を載せておきます。

 

左が施術開始前、右が週一回で4回施術を行った後の写真です。

 

 

 

 

8月の営業案内

8月に入ると同時に、東京も梅雨明けしたようです。

 

コロナで制限多く心身ともにくたびれている方も多い中、長く梅雨空の下にいると陰鬱な感じがしてくることもありますが、これで少しは晴れやかになるのではないでしょうか。

 

よく太陽にあたっておくといいと思います。

 

 

 

今月は一部営業時間の短縮がありますが、日曜のお休み以外は通常通りの営業を予定しています。

 

6月から自律神経の乱れ、不定愁訴、そういった感じの症状の方が多かったので今後が心配でしたが、晴れる日が続けば、とりあえず気分も変わるでしょうから、休日はなるべく外で気持ちよく過ごせるように考えていただくといいでしょう。

 

体調なのか湿度や気温の関係かはわかりませんが、のぼせや足の冷えが自覚でき、なおかつ寝付けない、夜中に目が覚める、朝起きても体がすっきりしない、という方は、次のことを試してみてください。

 

アイスノンのような氷枕を冷凍よりは冷蔵の温度で冷やしておいて、寝るときにタオルにまいて枕にして寝ると、寝付きやすかったり呼吸が深くなって熟睡できることもあります。

 

これは施術の際にもやっていますが、体が熱くても、頭が冷えていれば暑さはそれほど気にならなくなります。

 

気になる方は一度試してみてください。

 

 

 

余談ですが、いま実は裏メニュー?として検討している施術があり、モニターの方のご協力のもと検証を続けています。

 

とりあえず1か月やってみたところ、思った以上に成果があったので、モニターの方と驚いています。

 

もう少し検証を続けた後、メニューに組み込むことが大丈夫であれば、またこちらでご紹介させていただく予定です。

 

一部の方しか対象にならないものですが、ご本人にとってはけっこう悩ましい問題になっていることもかなりあるので、できるだけメニューに組み込めれば喜んでいただけるのではないかと思っています。

 

 

 

今月も皆様からのお問い合わせをお待ちいたしております。

 

 

 

 

梅雨明けのめどが

娘が描いた龍
娘が描いた龍

6月の半ば頃から不調の方が多いのか、最近ずっと忙しい毎日を過ごしています。

 

しかし、今日は久しぶりに時間ができたので、施術の合間に月末に向けて書類の準備をしたり、患者さんたちとのメール連絡をして過ごしていました。

 

施術以外の仕事をこなしていくことは好きなので、けっこう楽しく時間が過ぎていきました。

 

相変わらずすっきりしない天候ですが、梅雨明けのめども立ち始めたようで、気持ちよく洗濯物が干せる日も近そうです。

 

そういえば、昨日「特別定額給付金給付決定通知」というハガキが届きました。

 

商売をやっている方の中には、こうした給付金などで助かる人も多いと思います。

 

ネットニュースを見ていると、大きな赤字のところを報道するためか、厳しい状況がうかがえます。

 

中小零細の実態はわかりませんが、厳しい瀬戸際のような会社も少なくないでしょうから、そういった組織はまずいま目の前の状況をなんとか乗り切っていかなくてはいけません。

 

しかし、この先の経済状況が速やかに大きく改善していくかはわからないため、よくなるのを待つのではなく、苦しい状況でもやっていける体制に変えていくことが肝要だと思います。

 

健康面からコロナの影響が鎮静化するのを待つ人たちも同様です。

 

いつ鎮静化するかもわからないものを待つのは、自分に主導権がないものにその身を預けることですから、自分の判断で行動できることの中で、いま苦しい状況でなにが自分を生きやすくするのか、そこに頭を使っていかないと、周りに振り回され続けて疲弊していくだけです。

 

そこができるかどうかでこの先の運命が大きく変わる、そういう大きなふるい落としがいま行われていると私は思っています。

 

マスクや消毒に行動の自粛、社会性として大事なことはもちろんありますが、少なくともその加減くらいは自分で考えなくては、この先考えなしにやった結果は大きく運命に影響を与えることとなるでしょう。

 

人が嫌がることをしないことは、自分が幸せに生きていくうえで大事なポイントですが、なにかを犠牲にしてまでそれを徹底する必要があるのか、要所要所で考えていくことです。

 

時と場合によって緩めていかないと、息が詰まって不安になっていたり、我慢し続けて不調になっていたりと、なにかを犠牲にすることで自分からおかしくしている人も少なくないように思います。

 

体を休める際には、ほっと一息つけるような過ごし方を考えてください。

 

慢性的な酸欠状態でストレス過多、自律神経も乱れて疲れっぱなし、これだけ聞いても、なにか病気をしない方がおかしいと思います。

 

梅雨が明けて猛暑や酷暑と呼ばれるような状態だと、いつも以上にダウンする人もでてきます。

 

せめて自宅では呼吸が楽にできる環境で、くつろげる時間を大事にしていただくことです。

 

いまやっていることはこの先の結果となっていきます。

 

大きく体調を崩す人が出始める頃になにかやっても遅いので、今のうちに生活習慣を考えるようにしてください。

 

 

 

今週もスケジュールに空きがございます。

 

ご希望の方は、お気軽にメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

皆様からのお問い合わせを、お待ちいたしております。

 

 

 

写真は娘が学校で描いた龍です。

 

お兄ちゃんが描いた龍を思い出しながら描いたようで、どこか似ているものの、形や色づかいに個性的な違いがでていて面白いです。

 

 

 

 

7月も残りあと少し

息子が描いたサバ
息子が描いたサバ

今月も残り1週間をきりました。

 

先月半ばから体調がすっきりしない方のご来院が増え、それは今月も継続しています。

 

梅雨がまだ明けず、このままグダグダが続くようだと、不調の訴えがさらに増えそうです。

 

のぼせ気味の方も多く、頭が熱く足が冷えているケースがよくみられます。

 

就寝時、冷凍庫ではなく冷蔵庫で冷やした氷枕で少し頭を冷やしたり、湯舟にゆっくり浸かってお腹と足をよく温めて内臓の負担を減らして元気に活動しやすくすること。

 

また、しっかり汗をかいて気分をリフレッシュさせたり、考えすぎて煮詰まっている頭をリラックスさせるために笑えるようななにかや好きなことや趣味に時間を決めて没頭する、わりきってなにもしないで一日休むようにするなど、体の不調を立て直すことを休日はやってみるといいと思います。

 

晴れた日にゆっくり散歩でもできればいいのですが、いつ梅雨があけるのかわかりません。

 

長引くとおかしくなりやすいので、なんとなく調子がすっきりしない程度の段階で、早めに改善させておくといいと思います。

 

体の不調のみならず、精神面での不調もちらほら聞くようになっているため、ご自身も含め、身の回りの方たちの状態には少し気を付けてお過ごしいただいた方がいいかもしれません。

 

ウツっぽいだけでも心配になりますが、それ以上のことも起こりやすい気がしています。

 

我慢したり心配かけないように隠すような人は、ため込んだ反動で突発的に一線を越えてしまうことがあるため、些細に思えるような異変やSOSと感じることについては、一応確認するようにしていた方がいいでしょう。

 

あと、ちゃんとした食事を心がけることです。

 

偏った食事もそうですが、元気がでるなりのものを食べていなければ、なんとなく落ち込むこともあります。

 

お菓子や甘いものは、血糖値が上がり元気になりますが、その後血糖値が下がることで気分の浮き沈みが激しくなることもあるので、感情的になりやすかったり、集中力がおちてミスをしやすくなり、自分から落ち込む原因をつくってしまうこともあります。

 

野菜も大事ですし、肉や魚もなるべく摂るようにして、温かい食事、美味しい食事、栄養も考えたしっかりした食事、そういうことを意識しながら食事内容を選んでいただくと、陰鬱とした感じになりにくいのではないでしょうか。

 

いらしていただければ施術しながら、個々に気を付ける点などお話もしています。

 

来週はまだ空きがありますが、不調の方は増えているため、当日の申し込みでは空きが少ないことが増えてきました。

 

なるべく数日前の早めのご予約をお願いいたします。

 

 

 

写真は息子が描いたサバです。

 

 

 

 

 

並びのテナント

今月も気が付けば残り3分の1です。

 

あっという間に半年が過ぎ、そこからの時間の流れもあっという間に感じます。

 

6月中頃からなんとなく不調の訴えがある患者さんが多く、仕事としては忙しいものの、この先さらに体調を崩す人も出てきそうです。

 

怒りの感情や不満をためこむことで病気になることもあると思うのですが、体の不調が続き、さらに人間関係もぎくしゃくしていくと、そのストレスから大病を患う人も増えるかもしれず、今の時期に感じている様々な問題解決をあまり先に持ち越さない方がいいと考えています。

 

当院では、神伝式施術としてカウンセリングも行っていますので、興味のある方はお気軽にお尋ねください。

 

 

 

一(はじめ)のテナントマンションの隣に、いま新たなマンションが出来上がりつつあります。

 

当初は昨年12月完成予定でしたが、工期の遅れから5月に延び、さらに8月へと延期されてきました。

 

下層階にはテナント物件があり、低年齢のお子さんたち向けの保育園が開園準備に取り掛かっています。

 

その他のテナントはまだ決まっていないようでしたが、先ほどはじめの並びのテナントに小さな看板がでていました。

 

そのお店は以前テレビで見たことがあり、等々力渓谷にアトリエを構えている方がデザインする、染物にこだわった衣装や小物を扱っていたお店ではないかと思います。

 

その番組で見たときはストールが1点何万かしていましたが、その番組を見た方は、あれなら欲しいわ、と話していたのを覚えています。

 

気になる方は、オープンしてから一度足を運んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

オープンしてみないとわかりませんが、コロナで自粛ムードがつづくなか、保育園の開園や新たな出店は周辺の雰囲気も少し変わると思うので、今から楽しみです。

 

 

 

いまのところの今週の空き状況は、

 

 ・明日   23日(木) 13 : 0017 : 45

 

 ・明後日  24日(金) 17 : 4518 : 45

 

 ・明後日  25日(土) 10 : 0019 : 00

 

で、それぞれご予約が可能となっています。

 

当日のご予約も多いので、なるべく前日までにご連絡いただくと余裕をもってスケジュールが組めますので、早めのご連絡をお勧めしております。

 

来週は、(月)と(金)がいまのところスケジュールが埋まってきているので、こちらもお早めにご連絡ください。

 

みなさまのご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

連休中も営業します

娘が描いたお姫様
娘が描いたお姫様

梅雨がなかなかあけませんね。

 

例年など、今日あたりには明けていると思うのですが、今年はまだ雨が続きそうです。

 

天候の影響もあってか、体調がすぐれない方がけっこう多いです。

 

 

 

今週はオリンピックに向けて設定されていた祝祭日のため、カレンダーでは(木)(金)がお休みになっていますが、「はじめ」はいつもと変わらず営業いたします。

 

(※日曜日はお休みです)

 

24日(金)はご予約で埋まりつつありますが、それ以外は今週はまだ空きがありますので、早めにご予約いただければと思います。

 

皆さまのご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

 

写真は娘が描いたお姫さまでしょうか。

 

家に帰ったら飾ってありました。

 

昨日は学校の体育の授業で、雲梯を全部わたれたものの、手の豆がいくつもつぶれて保健室で泣きながら手当してもらったそうです。

 

半年前、保育園に通っていた頃は半分もできなかったことができるようになっており、子供の成長を実感しています。

 

 

 

水元公園

先週の土日は実家に帰省する予定でいましたが、直前になってコロナのことを気にして父親から待ったがかかったため、無理していくものでもないと思い中止にしました。

 

予定通りに帰省していたであろう時間帯、長野から岐阜にかけての豪雨で中央自動車道の上り車線が土砂崩れを起こし、また、隣町の瑞浪市でもご神木が倒れるなど、あまり安全ではなかったことが後でわかったので、結果的にいかなくてよかったのかもしれません。

 

予定していた帰省がなくなったため、子供たちががっかりしていましたが、息子がゲンゴロウを見てみたいというので、一度寄ったことがある葛飾区の水元公園に行ってみることにしました。

 

前日までの天気予報では雨マークがありましたが、曇り時々晴れで、気温も36°くらいだったようで、かなり暑かったです。

 

到着してから、蓮がきれいに咲いているのを見ながらウロウロしていると、スタッフの方から「ザリガニの駆除のボランティアをやっているんだけど、手伝ってもらえる?」と子供たちが声をかけられました。

 

子供たちは大喜びで、網にかかっているザリガニを捕まえ、在来種は数を数えた後に放ち、その作業を2時間近く黙々とやっていました。

 

娘は早々に飽きて退屈そうにしていましたが、息子はそうとう楽しかったらしく、暑さでのども乾いていたと思うのですが、水を飲むことも忘れて、夢中になって網を引き揚げたり数を数えたりしていました。

 

気が付けば、私も日焼けして汗だくになってぐったり。

 

その後も公園内を散歩し、ゲンゴロウを見ることはできませんでしたが、普段見ることがないチョウトンボにオウギヤンマやアジサシという鳥なども見られて、一日楽しかったようです。

 

 

 

まだ梅雨は続きますが、はじめはいつも通り営業しております。

 

体調もそうですが、気分がすっきりしない方が多いようです。

 

コロナ騒ぎやマスクの影響のような気がするのですが、まだしばらくこのような状況が続くようだと、本格的なウツや入院するような病気など、大きく体調を崩す人もまばらに出てくるのではないかと懸念しています。

 

そうなる前に、早めに体調を整えるよう心掛けておくといいと思います。

 

天気がいい日には陽に当たって軽く運動したり、湯舟でじっくり体を温めてみたり、ご飯をゆっくり味わって食べるなど、たったそれだけのことでも違うことがあります。

 

無理がきくうちはいいのですが、一度崩してしまった体調を立てなおすことはかなり大変で時間がかかります。

 

それを思うと、そうならないようにあれこれやっておいた方が、はるかに効率的です。

 

マッサージもそうですが、気の流れを調整する経絡を使った鍼灸の治療なども、腕のいい先生に診てもらうと結構楽になった経験があるので、お勧めです。

 

人によってはヨガでもいいでしょう。

 

カウンセリングで話を聞いてもらうことですっきりする場合もあります。

 

あまり疲れを持ち越さないよう、早めの対処をお勧めいたします。

 

今週は木曜日がご予約でいっぱいになっており、土曜日は勉強会参加のため16時まで営業となっております。

 

明日の夕方以降、明後日の日中と最後の時間帯、金曜日の夕方、土曜日など、まだスケジュールに空きがあります。

 

前日から当日のご予約申し込みが多いので、ご希望の方は少し早めにお問い合わせいただければ、ご希望の時間を確保しやすいです。

 

みなさまからのお問い合わせをお待ちいたしております。

 

 

 

 

今日も雨

今日も雨が続いています。

 

風は昨日ほど強くはないものの、気温が27度でそこそこの暑さに加えて湿気が多いので、汗かきの私はすぐ汗をかいてしまいますね。

 

学校が再開して、子供たちも徐々に慣れてきています。

 

息子は5年生なので、さすがにすぐに慣れていますが、娘は1年生で初めての学校ですから、お友達ができるたびに楽しくなり、最近では気になる男の子もできたようで、目が合うと互いにニコッと笑ってるんだよ、と妻に話していたそうです。

 

ほほえましい話です。

 

 

 

先月から忙しい日が多くなっているのですが、体調を崩しがちでいらっしゃるケースが続いていることが気になります。

 

コロナ騒動に加えて雨模様が続いているので、すっきりしないこともあるでしょう。

 

食中毒などにも気を付けていただき、梅干しや緑茶などを改めてとっていただくといいように思います。

 

都内の感染確認者数が増えて騒がれていますが、6月後半から大幅に検査数を増やしているようなので、やたらに不安になる前に自分たちで調べていくといいでしょう。

 

死亡者数と重症者数の推移を調べると、感染確認者数だけ報道して受け取る印象と大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

選挙前に検査数を増やせばどういう影響がでるのか、エゴの特性を踏まえて考えてみると面白いと思います。

 

 

 

最近足首に興味がわいてきて、施術の際に時間をかけています。

 

体の土台部分なので、足首周辺が変わるとその他の体の各処にも影響があり、以前越えられなかった壁を越えていけるようになった感覚で施術をする機会が増えました。

 

暑くなってきたとはいえ、夜足を出して寝ていたり、雨の中歩くことで自覚少なく体が冷えている方もいます。

 

ぎっくり腰や寝違えを起こしやすい時期でもあるので、体調が気になる方は、疲れをため込んだり体調を崩す前にぜひいらしてください。

 

天候はすっきりしませんが、心身共にすっきりして気持ちよくお帰りいただけるよう、施術させていただきます。

 

今週も残りあと2日。

 

明日、明後日、それぞれまだスケジュールに空きがありますので、ご希望の方からのご連絡をお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

7月の営業案内

今年も今日から後半です。

 

7月4日はお休みします。

 

11日(土)10~15時、18日(土)10~16時、で営業します。

 

23日(木)海の日、24日(金)体育の日、とカレンダーに書かれているのですが、通常通り営業を予定しています。

 

梅雨真っ盛りから梅雨明けの時期となるので、湿度や暑さで体がくたびれてしまうこともあります。

 

今年はさらにマスクの着用も常態化しているため、体調がいつもと同じではない方も増えているのではないでしょうか。

 

中国でパンデミックの可能性のある豚インフルエンザが確認されたようです。

 

これからもおかしな病気が流行ることがありそうなので、疲れをなるべく長く持ち越さないことように気を付けることも、体調管理をするうえで大事になります。

 

軽く汗ばむ程度の運動、安心して食べられる美味しい食事、1日の疲れを癒すための快適な入浴、自分なりにできる中でできることをやっておくことです。

 

マッサージで疲れを軽減すること、体の動きをよくして負担を減らすこと、そういうことも快適な毎日につながります。

 

 

 

 

先月はおかげさまでかなり忙しく、予約で埋まることも多かったです。

 

当日のお問い合わせではスケジュールに空きがないこともあったので、できれば数日前にご連絡いただき、ご都合に合った時間でご予約いただけるといいと思います。

 

身近な方で当院の施術が合いそうな方がいらっしゃいましたら、ご紹介いただけると嬉しいです。

 

 

みなさまからのお問い合わせ、ご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

今月もあと数日

今月も残り数日です。

 

おかげさまで、今月はとても忙しく仕事ができています。

 

集中できる分だけ内容もよくなるため、疲れはするものの納得のいく施術をしやすくなっており、充実した毎日を送れています。

 

 

 

はじめの前の通りを歩く人の数が、GW以降徐々に増えており、マスクをしていない人もちらほら見かけるようになってきました。

 

近所の飲食店も活気が戻りつつあり、身の回りで感じるコロナの慌ただしい雰囲気がなんとなく落ち着き始めている感じがします。

 

とはいえ、報道されるものは落ち着かない感じですし、海外も再度ロックダウンした地域があったり、感染確認者数が増えている話など聞くと、落ち着くというよりも慣れが強くなってきたのかもしれません。

 

今後ウイルスが変異したり新たなウイルスが蔓延するようなこともあるかもしれませんが、そうなるとまた自粛や制限があるでしょうから、必要な備蓄は今のうちにしておくといいのではないでしょうか。

 

 

 

備蓄というわけではありませんが、妻が今年は梅干しを多めに漬けるようにしています。

 

体にもいいものですし、免疫力を高めるという点でも有効なものです。

 

なにより、手をかけて作るので、それ自体が楽しかったりします。

 

味噌や梅干しなど保存のきくものを、お時間ある方は一度つくってみるのもいいと思います。

 

また、最近妻が近所のブドウ園の手伝いに行っていました。

 

そこで手をかけてブドウを育てる過程に携わり、農家の人たちが野菜をつくる難しさや手間暇を実感したようです。

 

そういう話を聞いていると、私も野菜の味が違って感じられるような気がするため、食事も以前より味わえる気がして美味しいです。

 

 

 

来週は一部スケジュールが埋まっているところもありますが、まだまだ空きがあります。

 

前日から当日にかけてご予約をいただくことが多いため、早めにご予約いただけると、余裕をもってお過ごしていただけるのではないでしょうか。

 

体がくたびれている方が多いというのか、みなさん疲れやすくなっているのか、世の中の雰囲気なども含めて影響を受けているようで気になっています。

 

休日の過ごし方で翌日からの一週間の体調や気分も変わると思いますので、すっきりしたい方は、早めに予約をとってお越しください。

 

なんとなく息が深く吸えない、という方は、寝ても疲れが取れないはずです。

 

息が吸いやすくなるよう、必要なところを施術していくこともやります。

 

一度試しに施術を受けていただければと思います。

 

 

 

 

7月4日(土)は勉強会参加のためお休みいたします。

 

 

 

 

 

マスクの影響?

最近いらっしゃる方たちの体を見ていて感じるのが、「のぼせ」です。

 

暑くなってきたことと、湿気が多いことも関係あると思うのですが、マスクが影響していると私は考えています。

 

暑くて湿気が多い中でマスクをしていると、息苦しさが増します。

 

呼吸が深くできないことで、浅く速い呼吸になるのですが、これは気持ちに余裕がない状態の人の呼吸と同じです。

 

極端に不安になるわけではなくても、余計なことを心配したり、過度に考えすぎるなどして、頭をよく使い、神経も昂ります。

 

結果、呼吸が浅く、のぼせてしまい、足が冷えて自律神経の乱れも生じていきます。

 

足が冷えていると、お腹の調子も芳しくなくなります。

 

夜寝ても深く眠れず疲れがとれない、なんとなく落ち着かずイライラする。

 

すると、ちょっとしたミスが続いたり、周りとぎくしゃくするため、思うようにいかない感覚がつよくなります。

 

そして、心身共に休まらないためご来院、という感じの方が続いていました。

 

マスクをする必要がないところでもマスクをし続けていたり、外に出れば周りがみんなマスク姿なので、なんとなく息が詰まる感じがしないでしょうか。

 

意識して深く息をしようと思っても、なんとなくすっきりしないと思います。

 

一つ考えられる対処は、マスクをする必要がないところではなるべく意識して外し、好きなことややりたいことを時間を決めて夢中になってやってみることです。

 

すると、意識しなくても自分のやりたいように呼吸ができるはずです。

 

この状態が今後も長く続くようだと、夏の盛りの暑い時期や秋冬になってから体調を崩しやすくなるので、早めに体調を整えて、改めて負担の少ない生活習慣を身に着けていただくことが大事ではないでしょうか。

 

マッサージや鍼灸や整体に限らず、音楽や趣味にしっかり時間を割いたり、美味しいものを食べたり、夜景のきれいなところに出かけてみたり、自然豊かな場所でのんびり風に吹かれるなど、自分がホッとできたり落ち着くことで体調を回復させられる場合があります。

 

なんとなく気になったり興味がわくようなことがあれば、ちょっとやってみてはどうでしょう。

 

施術を受けにいらして下されば、上記のことを踏まえて体を整えたり、生活の中での注意点をお話できると思いますので、お疲れの方はぜひいらしてください。

 

スケジュールの空き時間をHPのトップページでご確認いただき、お問い合わせください。

 

当日ご予約が入ることが多いので、できれば前日までにご連絡いただけるといいと思います。

 

 

 

 

写真は、水元公園で撮った「あさざ」です。

 

 

 

 

 

羽ばたいて

 

一昨日のことです。

 

妻と子供たちが多摩川に出かけて遊んできた帰り道、とてもつよい風が吹き荒れる中、一匹のアゲハ蝶が激しく揺れる木の枝の葉につかまって身動き取れなくなっていたそうです。

 

それを見かねた妻が捕獲して家に持ち帰ってきていました。

 

羽化して間もないのか、傷らしい傷は見当たらず一見元気そうにも見えました。

 

しかし、つかまっているだけで精一杯という状態で、羽も広げたままで微動だにしない衰弱したかのような状態でした。

 

翌日も外は風が強く、家の中で様子を見ていても、このまま息絶えるのだろうと思っていたのですが、今朝になって羽を動かし始めたため、急いで近所の花壇に持っていき、花の近くにつかまらせて様子を見ていると、陽が当たるにつれなんとなく元気になってきたように思えたので、これで大丈夫だろうと帰宅しました。

 

そして朝食をとり終えてから、改めて確認に行くと、蝶はすでにいなくなっていました。

 

無事に飛んで行ったのであればなによりですし、鳥に食べられたなら、それはそれで仕方がありませんね。

 

以前、少し似た状況を夢で見たことがあり、なにかを示唆しているような感じもありました。

 

 

 

天気予報を見ると、昨日から東京も雨マークが並ぶようになり、梅雨入りも発表されたようです。

 

今日は蒸し暑い天候で、梅雨というよりは夏です。

 

出張施術で出かけていた時、西のはるか前方に巨大な入道雲が見えました。

 

ゲリラ豪雨が今年もあるのでしょうか。

 

 

 

最近のぼせやすく首肩が凝っている方が増えてきた感じがします。

 

なんとなく調子が悪かったりすっきりしないとき、のぼせや足の冷えが感じられるようでしたら、頭を冷やしたり、足を温めたり、体の温度を調節してあげるだけでも楽になることがあります。

 

お試しください。

 

 

 

今週の営業も明日で終わります。

 

まだ一枠空きがありますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

次週以降のご予約も随時受け付けております。

 

お電話でもメールでも構いません、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

写真は、今回息子が描いたアゲハ蝶です。

 

 

 

余談

 

考えなしに生きている人

 

ウソをついている人

 

そういった人の言うことを信じてその通りに生きたらどうなるでしょうか

 

あとで後悔した時

 

問題がどこにあったと思うのでしょうか

 

言った相手でしょうか

 

やった自分でしょうか

 

考えなしに言った相手でしょうか

 

考えなしに信じた自分でしょうか

 

幸せを求めて生きる人には

 

いま賢く生きることが切実に求められています

 

いまやっていることがこの先返ってきます

 

因果応報という仕組みは

 

結果を通してその人のありのままを見せてくれます

 

あなたが納得いく人生をおくれることを願っています

 

 

 

 

 

 

学校が始まりました

落書き
落書き

 

今日からようやく、子供たちも授業が始まりました。

 

とはいえ、隔日の登校だったり、マスクをしたり、制限があります。

 

一(はじめ)にいらしてくださる方の中には、教員のお仕事をされている方も数人いらっしゃいますが、年間のカリキュラムやスケジュールがある中で、2か月ずれてのスタートは大変でしょうね。

 

朝、娘と一緒に学校まで同行してきましたが、暑くて帰宅するころには汗だくでした。

 

これからマスクをつけて登下校していると、夏場を待たずに倒れる子供たちも出てくる気がします。

 

更に、夏休みを減らす予定があるようですが、どうなっていくのでしょうか。

 

心配な方がいるのは分かりますが、病気にならないための予防という割に、元気に過ごせるなりにものを考えることが抜けて、片手落ちになっているように思います。

 

汗ばむ陽気の中、子供たちみんながマスクをして歩いている光景は、なんとも違和感のあるものでした。

 

この先、かえって体調をくずして、不定愁訴や変な病気が流行るかもしれません。

 

嫌がる人もいるのである程度合わせることも必要ですが、なにかと騒がしくなることが増えている昨今、「よく考えないとあとで大変なことになる場合もある」ということを折に触れて考えるようにしていた方がいいと思います。

 

 

 

自粛や在宅勤務の影響で外出が減った方たちに見られる傾向ですが、体重増、腰痛、肩こり、なんとなく体がすっきりしない、というものがあります。

 

運動すれば変わる人もいますが、やる気が出なくなっていたり、もともと運動することが好きでない方などは、姿勢が悪くなったままで体調が芳しくありません。

 

姿勢の悪さは体内の働きにも影響があるため、血液の循環が悪くなって免疫力や体力の低下を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

太陽のもと、気持ちよく体を動かして汗をかくことで疲れが抜け、心身共にすっきりしやすくなります。

 

自粛ムードの余韻でマスクが手放せない方も、早めに体調を立て直して、気持ちよく過ごせる時間を増やしていくといいでしょう。

 

自粛ムードに長居していると、抜け出すことが億劫になっていきます。

 

妙な流れにはまり込まないよう、余裕があるうちにはつらつと動くようにしてみてください。

 

マッサージで体が軽くなることで、抜け出すきっかけにできる方もいと思います。

 

なんとなく体が重い方、ぜひ施術を受けにいらしてください。

 

今週もまだ空き時間がございます。

 

みなさまのご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

写真は息子が描いた落書きです。

 

 

 

 

6月の予定

 

コロナウイルスの騒ぎはやや落ち着き、いよいよ今日から6月です。

 

子供たちは今日から登校開始ですが、様子を見ながらということで、今週は隔日での登校でした。

 

ただ、九州の小学校で感染した子供たちがいるという報道が流れていたので、コロナ関連でなにかと落ち着かない時期はまだまだ続きそうで、場合によってはコロナ以外のことも含めてこれからずっとなにかと騒がしいのではないか、と考えています。

 

 

 

緊急事態宣言が解除されてから、徐々に町の景色はだいぶ戻ってきており、昨日の日曜日は交通量が完全回復したかのようで、一時期は全く見られなかった渋滞が環八で発生していました。

 

実情はわかりませんが、見た目にはかなり人通りや活気は戻ってきているように見えます。

 

 

 

最近も当日のお問い合わせがあり、もう少し早くご連絡いただければなんとかなったのにな・・・、ということもあるので、できれば前日までにご予約いただけると助かります。

 

今月は6日(土)が勉強会でお休み、20日(土)は勉強会で16時まで。

 

それ以外は通常通りの営業となります。

 

 

 

今回お仕事をしている人たちのお話を聞いていると、高齢の方たちがお客さんというお店はかなり大変そうです。

 

もちろんそうでないお店もありますが、今年の秋以降、またコロナが騒がれだしたときに、自粛ムードが高まったり、なにかしらの宣言がなされて制限が増えていくと、今回のように外出を控えて来店する人が減る可能性は十分は考えられます。

 

同じ業種でも今回売り上げを伸ばしたところがあれば、少しでもそのことを研究して、早めに対策をとれるようにしておくといいでしょう。

 

景気の実態が思わしくない中で株価の乱高下が激しくなると、景気が悪くなったと必要以上に不安になる方もいるかもしれません。

 

台風や地震に噴火や大雨などの自然災害に加え、インドや中国などでイナゴの被害がもっと激しくなるころには、食糧難が身近な問題として取りざたされている可能性があります。

 

秋から感染症が始まるとしても、それまでに精神的に揺さぶられるようなことが度々あれば、それだけでも参ってしまって体調を崩したり、病気にかかりやすくなります。

 

自分たちの体調のみならず、いらしてくださっているお客さんの心身の健康面へのちょっとした配慮の積み重ねも、この先大きな差となって現れるかもしれません。

 

なにかあってから慌てても間に合わないことがあります。

 

少し落ち着いて一息つきたい方もいるでしょうが、今のうちのできることをやっておいた方がいいと思うのであれば、いま少し頑張っておいた方が総合的に判断して後悔が少ないはずです。

 

そして、疲れた時には是非いらしてください。

 

一生懸命施術をして体を癒します。

 

皆様からのお問い合わせとご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

写真は息子が描いた雷神と娘が描いた風神です。

 

並べてみました。

 

 

 

自分にあった方法を探してみる

娘作 風神
娘作 風神

緊急事態宣言が解除され、子供たちも来週から学校が始まります。

 

娘は今年入学なのですが、入学式が延期になっており、先に教科書が配られて宿題をする毎日でした。

 

今回は学校の授業開始が先で、入学式は6日(土)に行われることになったようです。

 

クラスも半分に分けて、一定期間は隔日で登校するようでした。

 

先生たちもいつもとは違う段取りでやることがつづくため、しばらく大変でしょうね。

 

 

 

コロナウイルス対策として発令された緊急事態宣言でしたが、解除された後も感染確認者数は0になることなく発表され続けていますし、南半球での感染拡大が続いている話など聞くと、規模はわかりませんが、この騒ぎは数年続くかもしれません。


SARSが流行した時に香港で暮らしていた方のお話を聞いたことがありますが、SARSが終息してからの社会の雰囲気の回復はあっという間だったそうです。

 

今回のコロナもそうなるのかと思いきや、緊急事態宣言解除後も感染確認者報道が後を絶たず、諸外国も似たような状況のようなので、すっきり社会が回復するということはなさそうですね。

 

 

 

 

6月を間近に控え、暑い日も時折あります。

 

体力がない方や気分がふさぎがちな方など、その先の夏場の暑さでダウンしてしまうかもしれません。

 

夏バテや秋になってからぐったりするようになると、また風邪やインフルエンザが流行りだした時に、コロナやよくわからない病気で右往左往する人もでてくるため、またふりまわされてくたびれてしまいます。

 

いままであまり身近でなかったような病気にかかる機会も増えていく可能性があります。

 

できれば早めに体調を整えることをしておいた方が、何かあった時に慌てることも減りますので、意識して体調をよくすることを心がけていくといいのではないでしょうか。

 

免疫について改めて勉強しなおしているのですが、日常生活で少し気を付けるだけでも違ってくることはいろいろあるようです。

 

その方が信じて熱意をもって書いた本など見ていると、すごく効果が出そうな気がすることもありますが、それがそのまま自分に当てはまったり効果が見込めるかと言えば、そうでもありません。

 

やはり実際に試してみることが大事です。

 

合う合わないはもちろん、ちょっとしたアレンジを加えるだけで違う場合もあるでしょう。

 

いざという時にとってつけたような対策では意味をなしませんが、日ごろからやっていればちょっと手間暇かけるだけで済むこともあります。

 

例えば、歯を磨くこと一つとっても、食べかすが残っているとそれが原因で雑菌が繁殖するといわれます。

 

その雑菌が体内に入り込むことで、なんとなく体がだるくなるようなこともあるのだそうです。

 

歯磨き粉を使わなくても、食後に歯を磨いて口を漱ぐことを毎回続けるだけで、体調が変わり免疫が高まる可能性もあります。

 

習慣にしてしまえば忘れることが減り、「やらなきゃいけない」という面倒な気持ちも少なくできます。

 

日ごろの生活習慣を少し見直してみるといいと思います。

 

心配事が続くと、頭がくたびれてのぼせてしまったり、首肩がこって足が冷えることがあります。

 

スマホの見過ぎで姿勢がわるくなり、首をいためて手がしびれる方もいます。

 

自分では気づけない不調の原因などは、施術の際のカウンセリングやお体を診ながらの問診で見つけられこともありますので、疲れが抜けなかったり、なんとなく体がすっきりしない方がいらっしゃいましたら、ぜひ施術を受けにいらしてください。

 

 

 

写真は娘が描いた風神です。

 

息子の宿題が「家族と一緒に風神雷神を描いてみよう」というもで、今回は娘が一緒に描きました。

 

子供の頃に読んだ「地獄のそうべえ」という絵本がありましたが、その絵に何となく似ていてどこかかわいらしくコミカルな印象です。

 

 

 

画竜点睛

画竜点睛
画竜点睛

4月まではやや肌寒い日が続いていましたが、5月に入るや否や急に日差しが強くなっていきました。

 

風が強い日もあり、ずいぶん極端だなとは思っていましたが、春から夏に移行する感じが強くなってきたことで、自然界の活気を感じる一方、緊急事態宣言が出されているため、どこか街中は白けたような雰囲気がありました。

 

マスクをしている人ばかりで、まれにマスクをしていない人を見かけると、裸で歩いている人を見るかのような驚きと不信感をもった眼差しを向ける人を見かけ、なにかがおかしくなっていると感じたこともあります。

 

しかし、GWに入ったあたりから徐々に人通りは増えてきて、GWが明けて、緊急事態宣言が地域によっては解除され始めた今日この頃、等々力や尾山台周辺の活気はそれなりに回復してきたような気がします。

 

今日も九州から飛行機でご来院してくださった方がいましたが、前回の4月終わりに比べると、飛行機の搭乗者数も満席ではないなりに増えていたそうです。

 

首都圏と地方で解除の時期がずれることで、首都圏の人たちに対する魔女狩り気分が高まりはしないかと思いますが、経済的に行き詰ってきている人たちも多そうなので、背に腹は代えられないと、各地方ではコロナ感染の不安を胸に仕事をする時期がしばらくはつづくのでしょうか。

 

自粛要請期間は、自分にとって何が大事なのかを考える時期だったと思います。

 

常日頃働きすぎていた人にとっては、いい休息になったのではないでしょうか。

 

はじめは変わらず営業していましたが、おかげさまで大きな問題もなく営業を続けていられます。

 

不安もある中でわざわざご来院くださった方たちには感謝しています。

 

引き続きいらしてくださる方に喜んでいただけるよう、頑張っていきます!

 

 

 

 

先日、子供たちがマッサージ券をつくってプレゼントしてくれました。

 

いろいろなコースを考えてくれたので、スペシャルコースをお願いして、息子も娘も一生懸命マッサージしてくれたので、なんとも言えないうれしい気持ちで寝ることができました。

 

娘はよくわからずにマッサージしてくれたので、突然胸やら股間を容赦なく押してきたときは咳き込んだり痛くてびっくりしましたが、家族とのふれあいで癒されるというのは、うれしいことですね。

 

 

 

 

湿気が多くなり、体も疲れやすくなっています。

 

生活習慣が変わり、通勤や会社勤務とは異なるストレスの少ない生活環境で運動をする機会が増えた方もいれば、呑みすぎたり落ち着かずだらけてしまって、体がなまってしまった方もいると思います。

 

多くの方が5月病が流行る時期に自粛要請で引きこもって過ごしていたので、これからはなるべく外で陽にあたって体を動かすようにしたほうがいいです。

 

できれば汗をかいてリフレッシュし、活動的に生活することで、体調を少しでも崩さないよう努めてください。

 

陽に当たる機会が減り、人との交流も少ない中で、心身弱っている方もいます。

 

さらに、消毒のし過ぎは免疫力を低下させ体力を奪っていきます。

 

運動や食事に気を付け、低下した体力を少しでも回復させて、梅雨や夏場の暑さに耐えられる体を早く取り戻すことです。

 

これまでは平気だった方でも、今年は食中毒やノロウイルスなどにかかる人もいるかもしれません。

 

これからますますストレスを感じる機会は増え、それが長く続いていく可能性があります。

 

中長期にわたってのストレス過多は、免疫力を低下させます。

 

疲れやすくなることで、人間関係や仕事に身の回りのこまごましたことが、面倒になったり煩わしくなることもあります。

 

トラブルが増え、なにかと不満をかんじていれば、病気になることがあるのは分かると思います。

 

癌がこれからますます増えるのではないかと考えています。

 

否定的な思いを強く抱きながら生きていても楽しくありません。

 

幸せ感じて生きるのであれば、否定的な考え方や思いを変えていくことです。

 

そういうお話を私はできますし、疲れた体を休めることも気分よく生きる上で役に立ちます。

 

自分ではどうしていいかわからないようなときは、ぜひ「はじめ」にいらしてください。

 

気分良くお帰りいただけるようにお話を聞いたり、施術をさせていただきます。

 

 

 

 

写真は一昨日見上げた空を何気なく撮ったものです。

 

「画竜点睛」という言葉が浮かぶ写真でした。

 

私たちは変化の激しい大変な時期を生きています。

 

その中でいつどうなるかわからないものの、一生懸命いきることで、自分にとって大事なことを自覚し、それをやりきることで納得して生きていくこともできるのです。

 

この時代に生きる私たち一人ひとりが、「人生や魂の仕上げの時期」に入っている、そういうメッセージを受け取っています。

 

 

 

 

 

これまで経験したことがない時代へ

今年の台風1号の予想図
今年の台風1号の予想図

 

4月までの肌寒い毎日とは打って変わって、5月の2日間は暑い日が続き、遠出はしないけれど近所でお出かけという人が増えたのか、人通りがにぎやかになっています。

 

今日は暑いくらいの陽気だったようで、前の通りを半そで短パン姿で歩いているおじさんもいました。

 

今日見えた光景とは対照的に、連日報道される感染確認者数だけ見ていると、いつ収束するかも見当が付かなく思えます。

 

あと一か月もすると世の中の雰囲気も大きく変わっているかもしれませんね。

 

 

 

子供たちが通う小学校は、まだいつから再開するのかのめどがたっていません。

 

今日いらした方とお話をしていたところ、一部の大学では、再開予定が9月くらいまでずれ込むことを想定しているようです。

 

昨日のネットニュースのトピックでも、来年の入学式の時期を半年ずらすことを話し合うことがでていました。

 

そうなれば、学生はもちろん、受験やそれに関連する仕事に就職活動など、社会生活がこれまでとは変わっていきます。

 

世の中の混乱が増していくであろう中で、子供たちも自分の幸せのために、これまで以上に真剣に考える機会が急激に増えていくことでしょう。

 

親として、大人として、何より人として、そういう子供たちになにをどう伝えていくのか。

 

また子供たちの生きざまから気づくことや学ぶこともあると思います。

 

自分のこだわりや信条や信念として堅固に守ってきたものが本当にその通りなのか、現実の人とのかかわりの中で強く問われることも出てくるはずです。

 

その時、何を目指して生きているのか、後悔ない生き方となるような方向性を出していないと、突きつけられた問いへの答えは、自らを生きづらくするものになるかもしれません。

 

自分に向き合うことでよくしていくことはできます。

 

しかし、普段は考えなしに生きて、何かあった時に考えなしに向き合っても、たいしてよくなることはないでしょう。

 

1年前と比べ、私たちはこれまで経験したことの内容な状況で過ごしています。

 

この時期が過ぎれば、また元の流れに戻っていき、日常でなんとなく頑張ればなんとなく生きていける、そう思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、私はそうは思いません。

 

GWが明けたころには、日経平均株価がまた大きく傾き始めているかもしれず、夏ころには昨年の大雨や台風のような被害がまた各所であれば、ぎりぎりで持ちこたえていた人たちが、雪崩を打ったように崩れ落ちていくかもしれない状況になってしまっています。

 

WHOが、間近に迫った世界的な食糧危機を懸念していることを発表していますし、人々の気力が弱っているところでは新たな病気の流行もあるかもしれません。

 

今年から更に1年経った頃、これまで私たちが経験したことがない時代へと移り変わり、今では想像もつかないほど大きく変わっていると私は考えています。

 

現時点でも、多くの方が、いつもどこかでなにかの不安を抱えて過ごす毎日です。

 

しかし、それはいつの時代も当たり前の話です。

 

何かあった時だけ騒ぐのは、日ごろからなにも考えてこなかったが故です。

 

見て見ぬふりをしたり、自分に関係ないと思い込んで放置したり、目を背けて隠しているから、なにかあるたびに狼狽します。

 

スピリチュアルの世界では、これまでの夜の時代から、これからは昼の時代に変わる、そういわれてきました。

 

その意味は、これまで隠していたものがこれ以上隠せなくなって表に出てくる、ということです。

 

見て見ぬふりも、関係あることを無いと思い込むことも、目を背けて隠すことも、もうできなくなっています。

 

もしそれをやり続けたならどうなるのか、よく考えなくてはいけません。

 

いつなにが起こるかわからない中で、何をどう考えるのか。

 

どうやったら納得した生き方ができるのか。

 

それをいま考えないでいつ考えるのでしょうか。

 

なにもしなければ、激しい時代の波に翻弄され、呑み込まれながら、自分を見失ってこの先なにもできずに一生を終えることでしょう。

 

神伝式施術では、みなさんの日ごろの悩みや不安など、インスピレーションを使いながら、こうしたことも交えてお話をするようにしています。

 

ぜひこの機会にご来院いただくか、お電話で話を聞いていただくことをお勧めいたします。

 

こういう時期が来ることを踏まえて、これまで学んできたことがあります。

 

お時間があるうちに、ぜひ一度ご連絡ください。

 

皆様からのお問い合わせを、お待ちいたしております。こうしたことは、ブログ「全肯定への道」で書き続けています。

 

見えない世界の話も含め、興味のある方はそちらもご覧ください。

 

 

 

写真は、ネットで拾った台風1号の予想図です。

 

フィリピンでこれから発生予定らしく、その後、場合によっては写真のように日本近くまで迫る予想となっていました。

 

実際に日本近くまでいくのか、そこからどうなるのか、まだわかりません。

 

大きな台風ではなさそうですが、近づくか上陸すれば、台風ですからそれなりに天候は荒れそうです。

 

 

 

はじめの前の人通り

息子がブロックで作った私の顔
息子がブロックで作った私の顔

 

今日で4月が終わります。

 

5月はGWもありますが、9日(土)と日曜日はお休み、23日(土)は営業時間を16時までで、それ以外は通常営業を予定しております。

 

電話でのカウンセリングをご利用になる方もいらっしゃいます。

 

ご希望の方はお気軽にお尋ねください。

 

 

 

5月末までの緊急事態宣言を延長する意向を首相が伝えた、という報道を先ほど見かけました。

 

しかし、はじめの前は人通りが少しずつ増えています。

 

昨日も今日も、連れ立って歩く人たちをよく見かけます。

 

天気がいいからなのか、散歩をしている方が多そうです。

 

 

 

コロナウイルスの陰で、社会経済の崩壊の問題のほうが大きなことになっていると感じている方も少なくないと思います。

 

連日閉まっているお店を見ていると、この先、早ければ5月中にもつぶれるお店がこれからたくさん出てきそうですね。

 

株価はいま回復しているように見えますが、実態から考えればいつでも急降下する可能性はあるでしょうし、これまでにないような乱高下もこれからあると思います。

 

こうした乱高下で、投資家の中では振り落とされるような人も出ていると思います。

 

経済的な給付措置なども検討されたり決定し始めているようですが、一時的に穴埋めしたところで、どの商売も一度離れたお客さんを呼び戻すことは容易ではありません。

 

この自粛の期間に、世の中の人たちの生き方や仕事の仕方、経済観念などが大きく変わってしまうと、緊急事態宣言が解除されて今までのやり方で営業を再開したとしても、売り上げの挽回は容易ではないはずです。

 

お金の使い方に慎重になる人が増えれば、価値を感じるところ以外にはこれまで以上にお金を使わなくなるので、実績がないお店や結果を出せない仕事など、厳しく淘汰されていくことになります。

 

雇用を外される、経営に苦しむ、無理なノルマをひたすら課せられる、そんな状況になれば、精神的に参ってしまう方も多くなるのではないでしょうか。

 

そういった方だけでなく、その周りにいる方たちも、そういう人を前に同情につられて元気をなくしてしまうこともあります。

 

自分で意欲を保つ、引き出す、そういうことも意識してやっていかないと、自分を見失って苦しい状況にのまれてしまうこともあります。

 

そういう可能性を自身に感じる方は、自分できちんと考えることを、この機会に身に着けていくといいと思っています。

 

今回の自粛は、かなり深い傷あととなって、これから社会に大きな影響を及ぼしていくことになるものです。

 

それを誰のせい、何のせい、と言っていても始まりません。

 

自分がこの時期を乗り越えていけるだけの力をつけることです。

 

神伝式施術で、そのように自分の生き方を見直し、よりよくしていくためのお話をさせていただいています。

 

 

 

知り合いの何人かの同業の方たちから聞いた話だと、高齢者向けの訪問マッサージでは、介護施設の入場が制限され、施術が中断になるケースが増えたということでした。

 

それによって、7割仕事が減ったという方もいました。

 

感染を防ぐことが目的なので、施設によってはご家族も面会にいけなくなっているそうです。

 

そういった施設の入居者は、いつも会いに来てくれる家族が来なかったり、スタッフの方たちの感染予防の対応がいつも以上なのを感じてなのか、落ち着かずイライラすることが増えている、という話も聞きました。

 

コロナウイルスで体調は崩さなくても、そういう全体の雰囲気や人とのかかわり、家族とのやり取りで保ってきたものが維持できなくなると、もともと体力もなく持病がある方も少なくないため、体調を大きく崩す方も出てくると思います。

 

今のところ、日本でのコロナウイルスによる死者は、インフルエンザほどではなく済んでいますが、コロナウイルスでない理由で心身を乱していく方、亡くなっていく方が、これからとてもたくさん出てきそうです。

 

自身の体調管理は自分でするものです。

 

自粛の解釈は人によって異なるでしょうが、自分を損なうほどのことをどこまでやるかはよく考えなくてはいけません。

 

できる中でできることをやれるのであれば、そういうことを考えることも自分のために大事なことです。

 

マッサージには神経を落ち着ける効果もあります。

 

体や気持ちを落ち着けたい方は、ぜひ施術を受けにいらしていただければと思います。

 

 

 

はじめの前は相変わらず

子供たちと描いた動物の顔
子供たちと描いた動物の顔

緊急事態宣言が出されてから、街中の人通りや車の量が少なくなっています。

 

一(はじめ)の前は、もともと人通りが少ない地域なので、受付から見える景色からは人が減ったように感じることはありません。

 

むしろ、仕事を自宅でされている合間に散歩でもされているのか、ご夫婦や家族で散歩しながら、はじめの前を通って「こんなところにマッサージ店があったんだ」という感じで、チラシをもっていかれる方が少し増えているくらいです。

 

ただ、出張施術や自宅との行き来では、交通量が減ってきていることを感じる機会が増えています。

 

特に夜の帰り道、上野毛駅付近を通ると、「人がここまでいないのか」という感じがすることもあります。

 

そんな中、あちこちで夜間の道路工事があちこちで行われており、仕事がしやすそうです。

 

忙しいところは忙しいようで、先日も通販などで食品を売っている方がいらっしゃいましたが、そちらは繁盛しているようでした。

 

前回書いた九品仏のコーヒー店とは別のお店です。

 

こういう時期でも変わらずできる仕事や、繁盛する仕事というものがありますね。

 

 

 

これからは、自分の仕事の仕方や仕事そのものが、これまでと大きく変わっていくでしょう。

 

一見コロナに振り回されているように思えるのですが、それはきっかけに過ぎず、今まで先送りにしてきた問題点や課題に目を向けることで、時代の変化に合わせて仕事の仕方などが変わってきているように感じます。

 

ですから、創意工夫を無理強いされて嫌々やるのではなく、自分の可能性を探り伸ばしていく、そういうつもりで考えていけるといいのではないか、と思っています。

 

 

 

春になったといっても、なんとなく肌寒い日が続いています。

 

体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

 

ストレスでイライラしたり、慣れない仕事や運動不足に食べ過ぎなどで腰をいためたり、在宅ワークで肩が凝ったり、そういう症状でいらっしゃる方が今は見受けられます。

 

体調管理のために、工夫して体を動かすことも心がけてください。

 

はじめのお店は私個人でやっており、施術室もひとつなので、複数の人で混み合うことはありません。

 

いまのところは変わらず営業しているので、体調が芳しくなくて免疫力の低下が気になる方は、施術を受けにいらしていただければと思います。

 

電話でのカウンセリングも行っております。

 

こういう時期だからこそ、やっておいた方がいいこともあります。

 

悩んでいる方や困っていることがあれば、一度ご利用してみてください。

 

また、身近な方で当院の施術が合いそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介いただきたいと思います。

 

責任をもって施術にあたり、笑顔でお帰りいただけるように努めてまいります。

 

皆様からのご予約やお問い合わせを、お待ちいたしております。

 

 

 

写真は子供たちと書いた動物の絵です。

 

主に娘が猫を描いていますが、一匹だけ毛色の違う猫が混じっていました。

 

 

本人なりに真似して描くことはありますが、息子とはまったく違う絵の描き方をするので、見ていて楽しいです。

 

 

 

 

 

できることをやっていく

娘が描いた豚と龍
娘が描いた豚と龍

 

入学式シーズンが過ぎ、桜もだいぶ散りました。

 

入れ替わるようにあちこちでいろいろな花々が咲き乱れています。

 

 

 

昨日、ベランダの掃除をしていた妻がプランターをどかしたところ、こぶりなヒキガエルがそこにいたそうです。

 

写真を見ただけで悲鳴を上げるくらい妻はカエルが大の苦手で、ベランダで見つけた時もすかさず、「でたーーーっ!!」と大声で叫んだそうです。

 

しばらくプランターを抱えたまま動けなかったようですが、子供たちの助けを借りながら、その後なんとかプランターをもとに戻した、という話を、帰宅後の私に熱く語ってくれました。

 

妻と結婚してよかったと思うことの一つが、退屈しないという点です。

 

子供たちがもっと小さいころなどは、帰宅して家の近くまでいくと、お風呂場から近所に聞こえるくらい大きな声で妻と子供たちの歌声が聞こえてくることがよくありました。

 

人目を気にしないのか気づいていないのかわかりませんが、日常生活で元気な声が聞こえるだけでずいぶん気分が違います。

 

最近は、ドリフの動画を見てはよく笑っているようです。

 

 

 

そんな中、九品仏にあるコーヒー豆を売っているお店はがこの時期に繁盛しているらしい、ということをある患者さんから聞きました。

 

カフェで飲むことをためらう人が増えたり、在宅勤務する方が増えたから、という理由のようです。

 

商売に不安を感じる方が多い中、珍しいケースですが、すべてが落ち込むわけではないので、考えようによってなにかいい方法が見つかる職種もあるのではないでしょうか。

 

 

 

はじめの周辺は、もともとそんなに人通りがあるわけではないのであまり変わらない感じがしています。

 

しかし、自粛要請が始まってから、都内の活気が全体的に弱まっている感じはします。

 

先日、出張施術で五反田の方まで出かけた時には、車の量や歩く人の数が少なく感じられました。

 

出勤途中で見かける光景では、閉めているお店もまばらにあり、今日からその傾向は一段と強まっているかもしれません。

 

 

 

人が嫌がることをしないことは大事ですが、不健康なことを続けていれば、かえって病気にかかりやすくなることもあります。

 

人混みを避けて散歩や運動をしている方も見かけます。

 

ただ闇雲に、言われたからということで過剰に引きこもるのではなく、目的が何なのかをよく考えないと、かえって目的に合わないことをやってしまうこともあります。

 

無理のないところで、できることをやっていく方がいいと思っています。

 

体力が落ちて病気にかかるのでは、自粛の意味がありません。

 

私はコロナウイルスの流行は数年続くと思っていますし、体力の低下や過剰な消毒で免疫が落ちたところに、新たな感染症の問題が出ないとも限りません。

 

場合によっては、食中毒などもこれからあると思います。

 

いつまで続くかわからないものです。

 

終息を待つのではなく、いまなにがどのようにできるのかで考え、仕事や日々の生活で少しでもできることをやっていくことです。

 

自分のやったことの結果が自分に返ってきます。

 

何もしないで過ごしていると、何もしてこなかったという結果しか返ってきません。

 

場合によっては不健康になるなりのことをやった結果が返ってくることもあります。

 

それぞれの職種で、いま役に立つであろうと思うことを積極的に情報発信している方たちもいます。

 

ヨガの講師をされている方たちがお二人ほどいますが、どちらの方もネットを活用して、オンラインで手軽にレッスンを受けられるようにしています。

 

政府の補助金などをあてにしても、どこで条件が変わるかわかりませんし、手続きに振り回されるだけで終わるかもしれません。

 

まずいまできることを考えて、それを精一杯やることです。

 

 

 

最近いらしてくださる方たちを見て感じるのですが、心労が重なってきている方が多いのではないでしょうか。

 

コロナウイルスや経済的なことから食料に日用品など、漠然とした不安に苛まれているようにも感じられます。

 

慣れない在宅勤務や自粛などから、生活習慣が変わり、頭痛や腰痛になっている方もいました。

 

集中して体を動かすことで、余計なことを考えない時間を作ることは可能です。

 

体をいたわることで気持ちが落ち着くこともあります。

 

体調が整えば、免疫力も上がります。

 

マッサージを受けていただくことは、今の時期にとても有効な選択肢だと思っています。

 

また、ご希望する方には神伝式施術でお話をいたします。

 

気持ちを落ちつくよう、今できることなどお伝えすることで、自分を見失っている状態から自分を取り戻し、地に足付けて日々過ごせるようになっていただくよう指導しています。

 

ぜひこの機会にご利用いただければと思います。

 

 

 

写真は、娘が描いた豚と龍です。

 

龍は、息子の絵を見て描いたようです。

 

娘の絵を見ると時々感じるのですが、ちょっと黒が入っている感じがします。

 

春らしい陽気でした

今日は朝から隣の大田区まで出張施術で出かけてきました。

 

いい天気で風も弱く、穏やかな春らしい陽気でした。

 

本来ならば、今日は娘の小学校の入学式でしたが、世田谷区としてなのか、延期になっています。

 

大田区では行われたようで、親子で歩いている姿をあちこちで見かけました。

 

明日には緊急事態宣言がなされるようですが、どの程度の制限がいつまでなされるのかわかりません。

 

子供たちが学校に通うことも、長い目で見た時に、いま大きな転換期となっていくこともあるような気がしています。

 

これまで働き方や生活の仕方から大きく変化していく時期を過ごしていると思っているので、大変なことはこれからも日々出てくると思いますが、どうせやることなら、少しでも気分よく取り組めるように考えていくといいと思っています。

 

「一(はじめ)」の営業は、特別制限がない限りは、通常営業をできるだけ続けていく予定です。

 

生活習慣が変わると、体の負担が増すこともあります。

 

くたびれた状態では免疫も低下するので、必要な方に施術ができるうちは、お店を開けてお迎えしたいと思います。

 

お近くであれば、ご自宅までお伺いすることも可能です。

 

神伝式施術でお話を希望する方は、お電話でのカウンセリングも可能です。

 

ご不明な点などあれば、お気軽にメールかお電話でお尋ねください。

 

メールはいつ送っていただいても大丈夫です。

 

返信は多少時間差がありますが、なるべく早く返すようにいたします。

 

皆様からのお問い合わせをお待ちいたしております。

 

 

 

写真は、今日の昼間見かけた雲です。

 

少し変わった形だったので写真を撮りました。

 

 

 

 

営業時間の予定変更

妖怪キジムナー 影絵
妖怪キジムナー 影絵

来週の月曜日、娘の入学式の予定がありましたが、延期が決まりました。

 

そのため、営業時間を通常通りに戻します。

 

午前中は出張施術で不在ですので、その時間帯のお問い合わせもメールでご連絡いただくと、比較的早くこちらから返信できると思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

私が読んでいる他の方が書かれている「InDeep」というブログがあります。

 

4月3日に更新されたブログで、コロナウイルスに対して期待される緑茶の効能が書かれていました。

 

不安でくたびれてしまっている方も増えています。

 

特に高齢者の方たちは、いつもと変わらず過ごしているようでも、どこか緊張が抜けなくなってきています。

 

何をしていいかわからず不安でいる中で、日常的に無理なくできることがあると思うだけで安心される方がいると思います。

 

気持ちが落ち着くと、それだけでも多少は免疫力が高まるでしょうから、一度読んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

以前ひろかねさんからは、食べ物でないものを極力取らないようにしていくといいよ、ということを教えていただき、素材や原材料などには目を通すようにしてきました。

 

不必要なものを取ることで体に負担をかけていることもあるでしょうし、免疫力を下げていることもあると思います。

 

日々の食事を見直す機会にしていただくといいと思います。

 

 

 

写真は、一見ガイコツに見えますが、息子が作った妖怪「キジムナー」の影絵です。

 

 

 

4月の営業予定

息子作 妖怪トランプ
息子作 妖怪トランプ

今月は、国や東京都の方針で営業に関して急な変更があるかもしれませんが、そうしたものがなければ、6日()を除き、日曜日以外は通常通りの営業を予定しております。

 

29日も営業を予定しております。

 

 

 

お電話でのカウンセリングも行っております。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にメールかお電話にてお尋ねください。

 

 

 

写真は、息子が水木しげるさんの妖怪図鑑を見ながらガムの紙に描いた妖怪トランプです。

 

 

 

明日は春分の日

息子がつくったラQ
息子がつくったラQ

 

春を間近に感じる陽気が増えてきました。

 

先週は雪が降るような寒さでしたが、今週は時折風があるものの、日差しが暖かくなってきた感じがします。

 

 

 

今日、テナントでお世話になっている不動産屋さんとお話をしたところ、一(はじめ)の隣に建築中のマンションの完成がずれ込んでいるということでした。

 

一階には保育園が入るため、4月には間に合わせたかったようですが、昨年暮れ完成予定が3月に延び、それが今度は6月頃まで延期になっているようです。

 

等々力駅近くの世田谷区役所等々力支所も、5月完成予定が8月に延期していると聞いています。

 

計画通りにいかないことはあるものなのでしょうが、お話によると、オリンピックの工事が優先されている関係で、人員などが足りない時期が長く続いていたのだそうです。

 

しかし、それも最近解消されてきているそうです。

 

オリンピックについては、各国の選手を決める大会も行われていないところがあるようなので、そのまま変わらず開催ということは難しそうに思えてきます。

 

どうなっていくのでしょうか。

 

 

 

コロナウイルスのことで、現在息子の小学校はお休みです。

 

学校のみならず、習い事の教室や塾などもお休みなので、自宅で過ごしているお友達もいます。

 

そういうお友達を呼んで、妻と子供たちは、先日はパンを作り、今日は味噌を作りました。

 

楽しく作るとおいしくなる、と妻は話しており、終始子供たちと笑いっぱなしで味噌つくりをしていたそうです。

 

最近は息が詰まりそうな雰囲気も時にありますが、子供たちと笑いながら過ごせた話を聞くと、そうした閉塞感がふっと和らぎます。

 

コロナウイルスについては、まだしばらく世の中の混乱とセットで蔓延し続けていくように思いますので、長期的にどうしていくか考えていくことになるのではないでしょうか。

 

気を張りすぎてもくたびれてしまいます。

 

気が付かないうちに肩に力が入ってしまうこともあるでしょう。

 

意識して気分転換することで、疲れを持ち越すことを減らせるはずです。

 

閉塞感を感じている人がなにかやるときは、「どうせやるなら気分よく」と意識して取り組むことで、その積み重ねで緩和していけるのではないでしょうか。

 

なんとなく惰性でやると、周りの雰囲気にのまれてしまったり、慌てている人に同調しておかしなことをやってしまうことも少なくありません。

 

自分がその時どうしたいのか、よく自覚して取り組むことで、こうした時期を成長の機会に変えていけると、その成長がある一定ラインを越えた時、生きやすく感じるようになっていると思います。

 

 

 

今週はあと二日。

 

明日はまだスケジュールに空きがございます。

 

土曜日はご予約でいっぱいです。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

卒園式

 

今日は娘の卒園式でした。

 

子供の成長は早いですね。

 

コロナウイルスの関係で参加者も限定され、式もあまり余計なことはせず、終了後は速やかに解散、式後の謝恩会は中止となりました。

 

今回卒園式は無事にできましたが、4月の入学式はどうなることでしょう。

 

 

 

卒園式の帰り道、一つだけ雨の中で咲いている桜の花を見つけました。

 

ここ数日暖かかったこともあって咲いたのでしょう。

 

今日はその後に雪が降るような寒さでしたが、これから4月に向けて暖かくなっていくと、草花が芽吹いて景色が変わっていきます。

 

体調も変化していくため、寒さで引きこもりがちだった方たちも、元気に過ごす機会が増えていくといいですね。

 

 

 

今日は「全肯定への道」のブログを書く元気がなかったので、こちらで簡単に書いておきます。

 

週明けの来週月曜日、

「あなたたちがいま置かれている状況を知ることになる」

と言われています。

 

「あなたたち」とは、「日本人」というカテゴリーです。

 

実際にその状況を見てから判断しようと思いますが、いろいろ目に入ってきた情報がつながって出てきた解釈もあり、その確認の機会となりそうです。

 

それはそれとして、地震への備えや備蓄など、週末に一度確認しておくといいような気がしています。

 

 

 

最近改めてご紹介でのご来院が続いています。

 

お知り合いや身近な方でご紹介いただけるようでしたら、よろしくお願いいたします。

 

一週間お疲れさまでした。

 

 

 

写真は分かりづらいですが、写真の中央付近に一輪だけ咲いた桜が写っています。

 

 

 

落ち着かない雰囲気

3月も気が付けば半ばに差し掛かろうとしています。

 

コロナウイルスの実際の感染による被害はわからないものの、その影響を日常生活で感じる機会が増えてきました。

 

買い占めもそうですが、歓送迎会やイベントなどの保留や延期に中止、移動の時の車の交通量が減っていると感じる方もいれば、通勤時間の込み具合の変化を感じている方もいます。

 

なんとなく落ち着かない、そんな雰囲気があちこちに漂っているようです。

 

昨日は数軒のドラッグストアに行列ができていました。

 

マスクが入荷していたようで、すこし生産量が上がってきたのかもしれません。

 

一日も早く花粉症や医療や介護などで日常的に使う方にもスムーズに供給できるようになるといいですね。

 

コロナウイルスにはマスクは効かないということですが、マスクをつけることで得られる安心感が免疫を高めることも時にあるのではないかと思います。

 

不安であれば、悩んでばかりいないで、まずは自分が納得できることを調べたり考えて行動することです。

 

やってみてわかることもあります。

 

「意味がないとわかる」ことも、やってみてわかる場合があります。

 

自分で納得するところまでやれると、あとで気になることが減るので、目の前のことに集中しやすくなります。

 

「いまを生きる」ということのためには、その時納得がいくことをやる、納得できるところまでやる、そうしたことが大事な取り組みなのです。

 

やり残したことがあると、過去のことを思い出して目の前のことが見えなくなったり、おろそかになってしまいます。

 

いまに集中しないでやっても、それほどうまくはいかないでしょう。

 

それでは幸せを感じて生きることから遠のいてしまいます。

 

私たちは、自分がどう生きていきたいのかという方向性をだし、道理や理屈を学んで方向性を踏まえていまやることを考えることで、過剰な自分の行動や卑屈な思いなどにも気づきやすくなります。

 

自分の生きる目的に合ったことがなんなのか、こうした機会に考えてはどうでしょうか。

 

 

  

余談です。

 

渡航制限のように、突発的に各国が決めることで身動きが取れなくなるようなケースや、思いもよらない理由で急に困るようなことは、これから起こりやすくなると思います。

 

流通でもなにがあるかわかりませんので、仕事に支障をきたすような道具類や消耗品は、いまのうちに多少余裕をもって備えておくといいでしょう。

 

毎週のようにいろいろな取り決めがあちこちでされているので、身動きが取りづらくなってしまうかもしれませんので、あまりのんびりとはしていない方がいいと思います。

 

例えば、いつも使っているメインの機械が壊れた時、部品がないことで修理ができないということもでてくるかもしれません。

 

仕事の取引先との関係も見直し、自分がきちんと対応するのはもちろんですが、自分たちにとって重要な相手や、日ごろから自分や会社に対してきちんと対応してくれている人や組織などは、改めて意識して大切に関係性を築いていくといいと思います。

 

これから激しい不景気を体感するような大変な時期に入るかもしれません

 

残っていけるなりのことをやっているところしか存続できない、多くの人にとってはとても厳しく思える展開もあると考えています。

 

真剣に生きることで、気づけることがあります。

 

できることをいまのうちにやっておくことをお勧めいたします。

 

あと、台風シーズンまではまだ時間があるので、養生テープなど昨年慌てて買った方は、今のうちに余裕をもって購入しておくといいかもしれませんね。

 

 

 

来週も変わらず営業を予定しております。

 

皆様からのお問い合わせをお待ちいたしております。

 

 

 

3月の予定

娘が描いた、お友達への絵手紙
娘が描いた、お友達への絵手紙

 

先日、娘が息子に鳥の描き方を習っていました。

 

写真の絵は、その後、保育園のお友達にプレゼントすると言って描いたものだそうです。

 

息子の絵とは違う魅力を感じます。

 

 

 

3月の営業ですが、今のところ、7日(土)と14日(土)はお休み、20日(金)春分の日は営業、21日(土)は16時までの営業、それぞれ予定しております。

 

ただ、コロナウイルスの関係で私の予定が変わることも予想されており、土曜日のお休みを営業に変更することもあるかもしれませんので、順次スケジュールを更新していきます。

 

 

 

遠方にお住まいの方でカウンセリングをご希望の場合、前もってのご連絡で電話でのカウンセリングも可能です。

 

移動で気を使ったりくたびれてしまうようであれば、そちらをご利用ください。

 

お支払いは振込先をお伝えしております。

 

 

 

アメリカでインフルエンザが大流行していると言われていましたが、実はコロナウイルスのケースもあるのではないか、という話を見かけました。

 

診断をしてデータを確定しているのであれば、インフルエンザでないものをカウントはしていないと思います。

 

しかし、もし仮にコロナウイルスに罹っている方も混在してカウントしていたのであれば、インフルエンザでないのにカウントするようないい加減なデータのとり方をしているのか、インフルエンザに加えてコロナウイルスにもかかってしまうケースがあるのか、どちらなのでしょうか??

 

どちらにしても、かかるものはかかるし、かからないものはかからない、というだけですので、まずは自分でできることとして、週末は体を労わってお過ごしいただくといいと思います。

 

1週間お疲れさまでした。

 

3月も指圧・マッサージ一(はじめ)をよろしくお願いいたします。

 

ご予約・お問い合わせを、お待ちいたしております。