施術を受けるタイミング

施術を終えて、

 

「次はいつ来たらいいですか?」

 

と患者さんに聞かれることがあります。

 

体の感覚に意識を向けることが習慣になれば、無駄に体をこわすことが減るため、

 

「受けたくなったら来てください」

 

と、答えるようにしています。(※必要に応じて時機を伝えることもあります)

 

 

 

水分が不足すれば、ノドが乾きます。

 

エネルギーが不足すれば、お腹が空いたり眠くなります。

 

そういうタイミングで行動を起こすと快感がある、と教わってきました。

 

実際そう感じています。

 

くたびれた時に受けるマッサージの気持ちよさ、回復した時の爽快感は

 

経験した方であればわかりますよね。

 

お腹が空いてないのに無理に勧められてもおいしくはありません。

 

受けるならせっかくなので、気持ちよく受けていただきたいです。

 

 

 

みんな様々な不安を抱えているもので、不安解消のために、安心のために

 

定期的に受ける方もいます。

 

目的がどこにあるかによって、感じるままに使い分けていただければいいと思います。 

 

 

 

身体の感覚に耳を澄ますことはとても大事なことです。

 

なぜなら、「生きている」と実感することだからです。

 

この感覚が希薄になっていると、自分が何をしたいかもわかりません。

 

感覚を取り戻し、生きている実感を積み重ね、生きる意欲がわいてきたなら、

 

あとは後悔のないようにやりたいこと、やるべきことをやりきっていくと

 

身体はもっとしっかりしてきます。

 

日々充実してくるはずです。

 

 

 

感じることのとっかかりに、くたびれた時はぜひお越しください!