寝違え

まだ患者さんではいらっしゃいませんが、例年だと今くらいから寝違えと


ぎっくり腰の症状がでることがあります。


原因は人それぞれですが、今の時期に考えられる一つの例として年末年に


飲み食いする機会が多いため、胃腸に負担がかかりきっかけとなる場合が


みられます。


負担がかかる、つまりくたびれるということです。


すると、背中や足などが部分的に筋肉が硬くなって緩みづらくなります。


そういうところから首や腰に不具合を生じさせているようです。


七草がゆなど、胃腸の負担を和らげることも目的ではないかと思うのですが


運動や空腹感を感じさせてリセットするなどしても過食による症状を防ぐこ


とができます。


この場合、過食とは頭で考える量ではなく、体が求めている以上に食べるこ


と、と考えています。


人によっては胃腸風邪をひくことで一気に和らげようとしているのかな?と


思われる症状もありますが、そのあたりの判断はまだ私にはできません。