不審メール

昨日世田谷区からメールが届きました(これは正規のものです)。


どういう仕組かわかりませんが、世田谷区民宛に時々メールが配信されているようです。


防犯の呼びかけが主ですが、昨日のものは


「10日の午後2時に子供に対する殺害予告」


として区に不審メールが届いたので気をつけましょう、というものでした。




子を持つ親としては穏やかではありません。


保育園に朝の送りに行くことがあるのですが、必ず数人の子供たちが寄ってきてなにか


話しかけてくれたり、黙って見ていたりして、なんらかのコミュニケーションをはかりに


来てくれます。


無邪気なんですよね。


わが子に限らず無邪気な子供たちへのこうした心無い行為は胸が痛みます。


どういう経緯でそういうメールを送り付けるに至ったかわかりませんが、愉快犯であって


ほしいです。


実現しないことを祈ります。




条件さえそろえば、人はどこまでも残酷になれると聞いたことがあります。


まずは社会を構成する一人一人が、条件をそろえさせないようにすることが大事だと思います。


日常の身近なちょっとしたことが、そういう取り組みになるのかもしれません。