足の指から感じたこと

このところ足に関心が向いていることもあって、患者さんの足、特に指の周辺をよく施術しています。


そして自分の足にもゴムの装具を付けてみたり、五本指の靴を履いてみたりと、いろいろ試して感じることを施術に反映させています。

そこでわかってきたことは、通常の靴で歩いていると、「足指まで使って歩いていないのではないか」ということです。


普通に靴を履いているとわかりませんが、装具など使うと歩き方が変わります。

内ももが途端に動くようになり、指の長さ数センチ分だけ踏み込む分、歩幅が広がりました。

施術の際にも腰を中心に体がしっくり動くようになり、変化を実感して驚いたりもしています。


先日いらした患者さんを施術して感じたことです。

その方は体全体はしっかりしており、気になったのは足の指でした。

そこで感じたことは、一歩踏み込めていない、というものでした。

体全体としては準備できているのですが、あと一歩ためらいがあるかんじです。


それができるとどうなのか、というと、中心ができてきます。

肚が決まるとでもいうのでしょうか。

自分の中心が定まり、本心に繋がりやすくなる、そのように感じました。


誰もがそうかといえば、違うと思います。

バレエダンサーなどはつま先までしっかり使うので、これはこの方に限っていえることでした。

しかし、多くの方には似たようなとらえ方ができるような気がします。


あと一歩踏み出す勇気、あと一歩踏み込む決意、そうしたものは準備が整ったらできることではなく、実際に踏み込み踏み出すから勇気や決意が出来上がってくるのかもしれません。

施術で得られた面白い発想でした。