ゲゲゲの鬼太郎

息子が日曜からゲゲゲの鬼太郎に夢中です。


妖怪ウォッチも保育園で流行っているため好きみたいですが、「妖怪」繋がりではまってしまいました。


きっかけはその前の休日、出先で鬼太郎たちのキャラクターが描かれたバスを見たことでした。


「あれはなに?」


の問いかけから少し話をしましたが、その時はそこでおしまい。


しかし、じわじわと気になりだし、スマホのYouTubeで動画を見せると、どんどん気になってしまったようで、古本屋で見つけた鬼太郎を本人に確認して購入したところ、寝ても覚めても読み続けています。


意外だったのは、水木しげるさんの本は全体的に品薄だということです。


流通量は少なくないと思うのですが、古本市場ではあまり多くは出回っていないとのことでした。


鬼太郎と目玉のおやじ誕生のシーンは強烈ですが、子供がここまで食い入るように夢中になることは初めてなので、好きに読ませるようにしています。