伝 6

礎として

 

ひとつ積んではまたひとつ

  

人は学びに生きているのです

 

人それぞれが積み重ねる真実が

 

たどりつく境涯の高さであり

 

見渡せる世界を決めています

 

今日見渡す景色が

 

明日まったく違って見えたとしても

 

それは積み重ねた真実によって

 

あなたの境涯がかわったからにほかなりません

 

季節の移ろいのなかで

 

揺れ動くものに振り回されることなく

 

日々当たり前のことを当たり前にやっていくのです

 

あなたが積み重ねる真実が移ろいとなり

 

あなたは世界を変えていきます