伝 38

鏡をのぞいて自らの姿を省みるように


自らの内面に目を向けて自らを内観してみると



ありのままの姿


思い込みの姿



様々な自分の姿が浮かび上がっていきます



見えているもの


感じているもの



すべてをそのまま受け取るのではなく


すべてをそのまま流してみてください



悪い想いも


良い想いも



すべて流してしまいましょう



なにも留めず


なにも滞らせず


ただただ流していくといいでしょう



そうすることで


これまでのあなたが信じていた自分とはまた違う


なにかが現れてきます



見え方も見方も変わります


なにも留めず


なにも滞らせず



そこからあらわれてくる過程を通して


変化とはなんであるかを教えてくれるはずです



ゆっくりじっくり眺めてみましょう



きれいさっぱり流してしまいましょう