似顔絵    父の日編

例によって、息子作です。


このところ折に触れて自身の成長を感じさせていただいていますが、これはどちらかというと行き過ぎた感、老け度アップした感がつよい気がします・・・


渋め。