「善・悪」について

ある方とお話していて善悪についてわかりやすく教えていただく機会があり、自分なりにまとめたものを先ほどBBSにて質問させていただきました。

 

こちらにほぼ同じ文章を掲載しますのでよければ読んでみてください。

 



先日、ご自身の経験を通して身につけられたことをお話してくださる方から、善悪についてお話をきかせていただきましたので自分なりにまとめてみました。

 

善悪の基準とは、簡単に表現すると「力を持っているものの都合」ということでしょうか。


力を持っているものが自分の都合に合わせて力を集めようとする、もしくは人からエネルギーを奪う、剥ぎ取る時、その行為を肯定・正当化することを善と基準し、否定する者たちを悪と位置付けます。


一方的なものではなくエネルギーの交換という関係性であると、そこには感謝(祈り)があるのだと思います。


たとえば食べる、という行為において、命をいただくことを思えば感謝があるかないかということは、その行動にも表れてきます。


無駄に食い散らかすようなことも、不必要に蓄えることもしません。


それぞれが自らの本心に従い生きている中で、それでも生きていくために相手のエネルギーをいただくことが必要な段階であり、相手のエネルギーをいただくという特別なことができることを有難いといって感謝する、生かされていることに感謝する、そういうものが善悪の中にはないように思えます。


 否定も肯定もしなければ悪にも善にもならないため、弱肉強食の「この地球圏」では善も悪もないということになります。


また「否定する」(人の嫌がることをする)ということが大きな点でもあり、他を認めないためエゴが出てくることになり、もしかしたらある段階での肯定(おだてる)もエゴを生むのかもしれません。


なぜ否定がエゴを生むかといえば、自分は正しい、それと違うものは間違っている、という理屈で他者を否定するからです。


自分の存在以外を対等に認めないのは、その自分だけの優位性が好きだからです。


『エル・・・・』などはそこを突き詰めて自称「神」まで上り詰めてしまいました。


 いろいろ理由をつけて法律やルールが作られていきますが、罰するということにしても、本来因果応報があるところに、あえてさらに罰金や罰則を作る意味は、力のある者たちにとって都合がいいからだと思われます。


ルールを守れないことで無用な葛藤を生み、力の無い者、エネルギーの少ない者から自由(考える、気づくなども含む)を奪っているのかもしれません。


そうした罰則は力を持つもの、支配しようとする者の都合でしかなく、新たなルール作りと称して組織を作ろうとTTPAIIBは話し合われていますが、結局その中心に位置するものの都合でしかなく、善悪を生み出す仕組みづくりでしかないのかと思いました。


競争社会、ヒエラルキー、というものも力関係で優位性を餌にエネルギーを搾取する構造でしかないと考えていいと思います。


いまこの時期は、エゴを新たに増やさない、ということが特に大事になります。


善悪の発想は人からの視線を気にすることにも通じていきます。


自分のためにやることは「がんばっている」で済ませられますが、そこに他者の評価を気にするということが混じってくると、自分のためではなく人のために頑張る、自分以上の頑張り「頑張りすぎる」ということに繋がり余計に消耗していくことになります。


つまり、無理(自分のこととして頑張れない)をしてもエゴが増えるからよくないよ、ということになってきます。


その人がやるべきことは、自分のためであればどんなにつらくてもやった方がいいとも言えるのですが、自分のことと思えないことはやるべきではなく、人のことまでやたらと手を貸したりするものではないという理屈にもなりそうです。


自分のためではないことは他者からの評価を必ずどこかで期待しているからで、それもエゴを生み出すことになると思います。


こうしたことの理解が進み実践できるようになると、エゴを増やさないようになってくるので、ここからカルマの解消への取り組みがなされていくように思います。


つまり、自分自身がカルマをベースに作られた今生ですから、自分自身のことを地道にひたすら取り組み続けることで、覚醒を目指すようなある方向性をもったカルマ解消という段階に入ると思われます。


それを選ばない方は、少しでも自分の好きな優位性を追求していきたいからその仕組みから抜け出ることを選ばず、好きで選んでいるといわれる由縁はここにあるのかと思いました。


 とりあえず、自分なりに整理をつけるとこうなりました。

 

コメントをお書きください

コメント: 16
  • #1

    コロ助 (金曜日, 12 6月 2015 21:46)

    非常に参考になります。
    何度か読み返し、理解を深めたいと思います。
    ありがとうございます。

  • #2

    だい (金曜日, 12 6月 2015 21:50)

    コロ助様

    課題として与えられてから随分経つので、なんとか理解を深めて一歩先に進めていきたいですね。

  • #3

    Kazu (土曜日, 13 6月 2015 12:55)

    否定がエゴを生むというところ、特に勉強になりました。
    ありがとうございます。

  • #4

    だい (土曜日, 13 6月 2015 16:42)

    Kazuさん
    いろいろ考える取っ掛かりになればありがたいです。
    私もまだきちんと理解できていませんので、がんばります。

  • #5

    papas (木曜日, 22 9月 2016 01:30)

    こんにちは、善と悪について拝読させて頂いての感想になります。
    最初の説明が余り良くわからなかったのですが基準の善を正義と置き換えると納得がいきました

    社会の法律というルールは
    エネルギー搾取に都合の良い善と悪の刷り込みというシステムである。というのは納得行きましたが、
    競争社会というのはそれを必要としている私達(エゴ)があってあるものなのかなと思いました。それから現在生じているエネルギーの搾取構造(ヒエラルキー等)は私達がそのように使っただけであるように思えます。

    〉〉善悪の発想は人からの視線を気にすることにも通じていきます。

    ここは善悪の発想の何が人からの視線を気にすることに通じているのか余り良く分かりませんでした
    「認められたい、思い通りにしたい」から生じている点でしょうか?

    自分のためにやることは~消耗していくことになります。

    これは他者のためにが入ると頑張りすぎるに繋がるというのが良く分かりませんでした。主体が自分にないと無理、無茶になるということでしょうか?

    力を持っているものの都合というのは現代社会の善悪の基準でしょうか?

    まだまだ読み込み不足ですがそれでも知識の整理にもなり、為になりました。ありがとうございました

  • #6

    papas (木曜日, 22 9月 2016 01:59)

    追記になるのですが、再度考えてみた所、最後の疑問の善悪の基準は、
    善悪が存在しているオーム宇宙の世界では大体力を持っているものの都合になりそうだなと思いました

  • #7

    papas (木曜日, 22 9月 2016 02:20)

    深く考え込まずに書き込んでしまって申し訳ないのですが再度訂正させて頂きます。
    善悪の基準は「力を持っているものの都合」ですが陰糸的なものが地球圏以外にあるかが分からないため現代社会でも善悪が存在しているオーム宇宙の世界でもなく、地球の現代までの話かなと思いました。
    善悪の捉え方が既に様々あることにも気付きましたが、行って良いこと悪いことの範囲内での話になります

  • #8

    だい (木曜日, 22 9月 2016 02:46)

    papasさん

    競争社会とは、弱肉強食の世界なので少しでも上に立てば、自分より下位の存在を好きにできてしまう、という意味を踏まえて考えていただくといいかと思います。

    善悪が人の視線を気にすることに通じる理由についてです。
    それは物事の考え方の中心に他者から植え付けられた思い込みが居座ってしまい、自分がないため自信もなく、否定されやしないかとエゴが常に警戒してしまうからです。
    主体性をもって自分の考え方に自信がもてれば、人の視線、すなわち価値観や考え方に影響されることもなく、気にならなくなります。

    自信については、ブログの「自信がとっても大事」をご覧ください。

    コメントを連投してくださりありがとうございます。
    ここだけの回答になりますが、参考になればお考えください。

  • #9

    papas (木曜日, 22 9月 2016 10:45)

    たくさんの質問にお答えくださりありがとうございました。

    お陰様で人の視線を気にする原因についての認識が深まりました。
    善悪の基準と他者の視線の共通点は価値観の刷り込みという点でのことだったのでしょうか?
    しかし改めて善悪が生じる原因は全てエゴの世界から生じているんだなと思います

  • #10

    だい (木曜日, 22 9月 2016 11:10)

    「善悪の基準と他者の視線の共通点は価値観の刷り込みという点でのことだったのでしょうか?」

    共通点としてあることはありますね。

    善悪の基準は、その方の方向性に合っているか損なうかという都合です。
    その方向性への取組みが思い込みから始まる因果応報ですので、この最初の思い込みが他者に刷り込まれたものであることが歪みの原因ともなっています。

    一方で他者の視線を気にするとは、人の価値観を優先するかもしれない、ということですから、人の価値観を刷り込むかもしれない状態です。

    上記のような位置関係というのでしょうか、そうした違いはあるものの、価値観の刷り込みという共通点はこのようにあると思います。

  • #11

    だい (木曜日, 22 9月 2016 11:12)

    「しかし改めて善悪が生じる原因は全てエゴの世界から生じているんだなと思います」

    これが分かっただけでも大したものですよ。

  • #12

    papas (木曜日, 22 9月 2016 21:31)

    改めての善悪の基準の説明をありがとうございました。シンプルでとても分かりやすい説明で方向性が加わることでここまで分かりやすくなるのだなと驚きました。

    エゴで世界で構築している私達ということは
    その境涯に立っていないため分かりませんが
    エゴが薄まるまで、完全覚醒?等の境涯に立つまでは皆違う世界に住んでいるとも言えるのだなと
    思ったことから感じたことでした。

  • #13

    mayanki65 (水曜日, 10 1月 2018 12:53)

    大様

    この話は物凄く腑に落ち、分かりやすかったのですが、
    精神世界でエゴの話が分からなくなっているのは、
    言葉の定義が、ほぼアベコベだからじゃないですかね・・・・・。

    >2つ目は「利己主義」や「利己主義者」という意味です。
    利己主義は「自分の快楽や利益のことだけを考え、他人を軽視する考え方」のことです。
    利己主義者は「利己主義的な考え方の人」のことで、わかりやすく言えば「わがままな人」のことです。
    利己主義は英語で「エゴイズム(egoism)」、利己主義者は「エゴイスト(egoist)」というので、それぞれを略して「エゴ(ego)」といいます。

    「人間のエゴ」で「人間の利己主義」つまり「人間の身勝手な考え方」という意味になります。
    https://imikaisetu.goldencelebration168.com/archives/5337

  • #14

    だい (木曜日, 11 1月 2018 15:38)

    mayanki65さん

    初めてのコメントでしょうか?

    ブログを読んでコメントを書いていただき、ありがとうございます。

    また、ご納得していただけたならなによりです。



    エゴでエゴについて考えると、人によっては、アベコベということも時にはあると思います。

    私なりの考え方を書いておきます。

    まず、エゴの特性は「不完全」であるということ。

    その不完全な存在が、これまた不完全な言葉を使えば、自ずと不完全な結果となります。

    ブログの中でも書きましたが、力のあるものの都合で善悪の基準が決められているのですから、力の有無に限らず、エゴの都合でものごとを解釈する癖もあることは、わかると思います。

    それぞれの段階で、それぞれに都合良く、さまざまなものごとを解釈しているため、不完全な結果としてありのままが見えてきません。

    「さまざまなものごとに対して」なので、エゴについても同様です。

    精神世界で割と目にするタイプとしては、理想主義的な白のイメージの方が多いように思います。

    理想主義的な見方は、歪んだことや間違ったことに対する否定的な思いを抱きがちなため、不完全なエゴ主体で生きている日常生活をどこか否定的に捉えたり、嫌悪感をいだく方もいるのではないでしょうか。

    そういうエゴ主体の私たちが活動する世の中に対しても、どこか否定的に見てしまいます。

    そんな世の中で生きていくにあたり、現実的な取り組みを責任を持ってやりきるようなことを避けたがる傾向もあるように思います。

    エゴについて正しく見えない理由は、そうしたことにも由来していると、私は考えています。

    精神世界でエゴについて考える人ほど、エゴについて否定的に見ている可能性があります。

    そういう人たちがエゴ全体を見ようとせず、否定的な面に偏って捉え考えてきたことを、周りに伝え続けてきたのであれば、エゴについて偏った考え方を普及させているため、精神世界でエゴが分かりづらくなるのは仕方ないように思います。

    理想主義で生きてきてそこから成長するためには、綺麗事だけでは生きていけない、清貧では葛藤が生じる、そういう苦労を通して、否定的にとらえてきた現実主義的な要素も肯定して取り入れることで、レベルアップを果たしていきます。

    局所でものごとを見ている限りは、アベコベにとらえることもあると思います。

    間違っているものや未熟なものを否定するのではなく、間違っている、未熟、とありのまま捉えれば、正しいものの見方が局所ではなくより広い視野でできるようになります。

    否定によって存在を無視しているものを肯定に変えていき、より全体でものごとを捉えよう、考えよう、というものが、全肯定の考え方です。

    コメント欄での回答になるので、ここまでにしておきます。

    分かりづらいところなどあれば、またこちらでご質問お待ちいたしております。

    このことは、また改めてブログで書くかもしれません。

  • #15

    mayanki65 (木曜日, 01 3月 2018 16:18)

    大さま

    こちらでは初めてのコメントですが、宇宙前史の方では怒られたことが有ります(汗)
    大さんのカキコも知っております。

    この大さんの記事は、昔「かもめのジョナサン」読んで気づいたことを要約しています。
    読んだ時はボロ泣きしたのですが、意味はわからず。
    理由がわかったのは最近です。

    最近は、映画マトリックスを観た人達がまた気づいています。
    大さんの話が、短くて分かりやすい文なので、ソッコーで分かる文だと思います。

    前の私のコメントからも、調べは続きもう少し分かってきました。

    ことの初めは、ヒットラーが味方だったこと知った時に本当に驚きまして。
    太さんは9.11事件の話を宇宙前史の掲示板で発言しておられましたので、分かるかもしれない。
    第二次世界大戦のヒットラーの立ち位置は、ヒットラー・ナチス国家社会主義VS連合軍・資本主義(ユダヤ)の戦いだったと、
    最近発覚したのです。

    国家社会主義VS資本主義(ユダヤ)と理解すると、第2次世界大戦、第一次も謎が溶けてしまいます。
    ヒットラーは私らを助けるために戦っていたことになります。
    ※資本主義は搾取システムですが、ヒットラーがやったのは、働く人が皆裕福になれるシステム。

    結論からすると、私達の頭は善悪(便宜上)アベコベにされています。

    神と悪魔がひっくり返っています。

    日月神示の言うように物事が「逆さま」に見えるようにされている。。
    精神世界では内側、外側とも言いますが。
    脳みその配線が真逆にされているというか・・・?
    私たちは、良かれと思い努力すればするほど、宇宙前史的に言われる陰体に絡め取られ、エネルギー吸い取られ。

    実はこれ、グノーシス知ると分かるんです。ネットの陰謀論者がグノーシスや、ある宗教や精神世界叩くので、
    逆に調べて解りました。悪魔教〜とか宣伝しております。

    世の中は、知られたくないことは「悪いこと」「怖いこと」「バカなこと」と、誘導されています。
    グノーシスの内容が分かる宗教や精神世界はネットの陰謀論者で叩かれまくりです。


    世の中で、とても良い人、良い団体と言われる物は悪で、とても悪い人、とても悪い団体と言われるものは善です。
    ※この場合の善悪は、私達、陰体に奴隷にされ、気を吸われている人達からすると善という意味です。

    人類の歴史調べると、神と悪魔が何処かでひっくり返されています。
    西洋でも東洋でもこの話はあります。


    1920年台に世界のマスコミの50%
    現在は97%ユダヤの支配下で、彼らにとって都合の良い観念が私達の頭のなかに有り、どうにもマトリックス(固定観念)から
    抜け出ることが出来ません。

    思考の檻から抜け出れそうな出口には、「悪いこと」「怖いこと」「バカなこと」との看板が建てられ、噂が立てられ、私達は近づかない。


    グノーシス調べてわかったことは、結局日月神示で丁寧に言っておりました。

    グノーシスが表に出ると、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教がひっくり返ります、インチキで、人を奴隷にするための魔術であったことが。

    ユダヤは私達にとって悪者ですが、人類の進化には必要悪みたいです。
    陰と陽、作用反作用。とにかくこの宇宙は両極がないと存在できないらしい・・。


    ついでに分かることは、宇宙前史はちゃんとチャネリング出来ていません。
    疑うことや、上の意識体が全部が全部味方でないことを教えてくれたのは、本当にありがたかったのですが。

    宇宙前史が始まってからも歴史の検証は進み、
    ヒットラーはサタン・悪魔がついていたとはそのとおりなのですが、悪魔が人類の味方だったというオチです。

    シリアのアサド大統領の脇には霊能力者がおり、彼がちょっとおかしいのはそのせい・・との話でしたが、チョット変わっているのかもしれませんが、
    彼の話は凄く頭がよく真面目で、自国民や虐げられている人のためにキッパリとした発言をしています。
    シリアの歴史知れば頭のおかしい人ではない、立派な人ですし、それがおかしいというなら、ちゃんと説明をしなければなりません。

    やっぱり中川(酒)は米国債売ろうとした、善意の政治家だったんではないか・・・?とも。

    奴隷であった、アダムとイブに蛇がそそのかして知識の実を食わせましたが、
    それがサタンとか、ルシファーと呼ばれるもの、蛇はクンダリーニを表します。
    これが人類の進化のキーなのですが。

    今の人類の社会は、搾取側(陰体だのエ◯バだの・・)のインチキがバレないように、人類を馬鹿にしておく、
    よく考えないようにしておくシステムです。

    キリスト教はそのような黒魔術で、ヒットラーの戦いの半分は、ユダヤはユダヤですが、キリスト教と戦っていました。
    聖書は66の数字でできています。
    666は悪魔の数字と言われますが、それも嘘で、666は完全体の人間を表す数字。
    66は一つ6が足りない・・・頭がない人類のことを表す。

    宇宙前史では、666の秘密はまだ人類に降ろしてはいけないとの話でしたが、
    黒魔術調べていったら、別に分かることでした・・・・・・。
    (流石にネットの地平、遥か彼方でしたが)
    黒魔術、悪魔教〜というのも引っ掛けでした。
    キリスト教が嫌いなので、自ら悪魔教〜と言う人達も居ますがw

    という訳で、白魔術も黒魔術もアベコベになります。
    白魔術は、キリスト教などユダヤ派生の宗教。
    黒魔術は密教や、秘技として残されている世界各地の物。
    黒魔術が666,人間を完全体にし、馬鹿なトリックを見破り、そして進化していく方法になります。


    宇宙前史は、確認できない私たちに信じろという、脅しが入っており、キリスト教と似ているので気にはなっています。
    「疑え」といいつつ、「確認できない」事も鵜呑みにしろという。

    一般人のレベルが低すぎて解らないとのことですが、説明が下手だと思いますし、ただの意味深な事も多い気がします。
    質問した人の意図が私には分かるのに、ちゃんと書けとの話も数多く。

    宇宙前史のBBSの名前に「様」をつけるのは、最初の読者の誰かが初めて、それに右へ倣えをなんとなく始まっただけであり、
    読者、質問者の、みわさま、月読の大神様、エトセトラ・・と、延々書いて有難うございますと書くのも誰かが始めただけであり、
    それが儀礼化され、延々有難うございますと書いてから、やっと質問に入る形式・・。
    右へならえ、外側、外面・・。



    ユダヤ西洋は物質主義。東洋は霊性主義。

    物質主義が一概に悪いものでもないのですが、霊性をどんどん忘れたツケが来るのだと思いますが、
    宇宙の構造は、交互に反転していく摂理なのかも?しれません。

    忘れすぎて、反転のエネルギーが溜まりすぎ・・大事になるのかな?とは思います。


    > いろいろ理由をつけて法律やルールが作られていきますが、罰するということにしても、
    >本来因果応報があるところに、あえてさらに罰金や罰則を作る意味は、力のある者たちにとって都合がいいからだと思われます

    その通りです、そして私たちは疑わない。



    ヒットラーの話は、数ヶ月前に、宇宙前史の方の質問フォームで送信してありますが、返答は無し、というか、長い間お休み中ですね。
    先に、思っていたことこちらに書きます。


    TVだけでなく、ネットも向こう側に抑えられており、もう私にはアベコベ、上下逆さまに見えます。
    逆に、「何を隠しているのか?」というように見ると面白いと思います。

    それで調べると、何かしら真面目に探求していた人達の意見にぶつかります。
    日本人は英語はできないですが、今は翻訳がパソコンでできるので、興味がある話は、なんとか概算はわかります。


    神と悪魔が逆転している・・は、現・ローマ法王フランシスコは知っており、反転させようとしているように思えます。
    ローマ法王フランシスコはまだ謎ですが面白いですよ。

    ヒットラーの謎がバレると不味いので、ハリウッドではホロコースト物映画を連発で作ります。
    聞く話では、今まで350本つくられているそうで・・・。

    「迫害、差別、ヘイト」と言われると、私たちは考えることを止めてしまいます。
    これが魔術。
    差別や迫害は、言論、歴史検証弾圧の手口に使われています。。

    もう、支配者が歴史的文献の殆どは捨ててしまい、燃やしてしまい、歴史検証も大変で、
    残っている物を繋げていく作業なのですが、
    世界中に調べている人はいるし、どちらが正しいかは、今の現状見ればわかります。
    今もリアルタイムで、嘘に嘘を重ねています。

    流石に気づく人達が出てきて・・・。
    気づいた人には、騙されている烏合の衆が集まってきて、叩きます。(雇われたバイト工作員も沢山ですが)

    人類は既に、霊性の戦いが始まっているように思えます。
    第三次世界大戦は、霊性の戦いなのではないか・・・??



    いきなり長文すみません。
    こんな話、考察してくれるのは、大さんと、ひろかねさんだけかと思い・・。

  • #16

    だい (土曜日, 03 3月 2018 22:25)

    mayanki65さん

    BBSでは「matanki65」というお名前で書き込みをされていた方でしょうか。
    「考察を・・・」と書かれていたので、私が思うところを簡単に書いておきます。

    ものごとの優先度として、いまのところは身の回りの日常生活の方にやるべきことがあるため、正直、陰謀論やそういった話にいまはあまり興味がありません。
    人のあれこれを考えている間は、自分のあれこれを考えたり取り組むことをおろそかにしている状態です。
    因果応報でやったことしか返ってきませんので、誰かのことを考えていても自分の意識レベルは上がりませんし、エゴが薄くなることもありません。
    ですので、私の場合は、陰謀論よりも先に目を向けて取り組むべきことがある、と考えます。

    ・「あべこべ」という表現をされている点について。
    善悪について書いた内容が伝わっていないようなので、補足です。
    「どちらかが正しくてどちらかを否定しなくてはいけない」
    というものではなく、
    「誰かの都合がいいように偏って思い込んでいることだから、都合を外して思い込みを少なくしてありのままに物事をみていければ、善も悪もないんだよね」
    と、いうことです。
    二元性なので、片側を見たらその反対側も見て、その全体を見たうえで自分が納得のいく判断をして行動に移していくことが、中庸の生き方となります。
    様々な情報の中には事実もあるのかもしれませんが、書かれていることは、「あっちが間違っていたからこっちが正しい、こっちがおかしかったからやっぱりあっちがよかった」という感じで、振り回されてなにかを否定し続けています。
    新たな情報を得ても否定を減らすのではなく、否定する先を変えているだけで、あまり変わりがありません。
    厳しい言い方ですが、これで成長したといえるでしょうか。
    全肯定の考え方に基づいて否定を減らしていくことで、そういった境涯からぬけでることができることをお伝えしておきます。

    気づいていない方も多いと思いますが、全肯定を理解するその前段階として、思い込みを減らしていくことは必須です。
    「善悪はないんだ」、そう気づくことで思い込みを減らす取り組みは格段に変わります。
    非情に大事なところですので、そういったことに意識を向けて考えてみてください。

    もし二元性を越える考え方に興味がおありなら、ご予約いただいて実際にいらしていただき、直接お話をしてもいいですし、ブログを読み込んででも構いませんので、全肯定の理屈をぜひ理解していただきたいと思います。

    何度も足を運んでいただきながら地道に時間とエネルギーを費やして取り組むことで、「エゴを薄くできたつもり」「わかったつもり」「成長したつもり」などで終わらせず、実際に思い込みを減らして理解を深め、生きやすくなっている方たちが何人もいらっしゃいますので、探求心をお持ちのmayanki65さんに自信をもってお勧めできます。