朝の散歩

今朝は2歳の下の子が駄々をこねて、「おさんぽ!」と舌ったらずなしゃべり方でいうので、保育園に登園する前に息子と三人で近所を15分ほど散歩してきました。


そこで左の虫を見つけました。


実家にいた頃はあちこち駆け回り、虫は相当探して回った方ですが、今住んでいる周辺では初めて見る虫が少なくありません。


これはフンコロガシの一種でしょうか?


こういう発見の楽しさが子供との生活での魅力の一つだと思っています。


また子供たちは御近所さんとの会話を潤滑にしてくれることも少なくなく、そこに妻の本領が発揮されると、私の知らないところで御近所付合いがひろがっていることもあり、先日はとれたてのトマトとナスとキュウリを突然手渡されてしまいました。


もう少しするとセミやらバッタやらでてくるため、子供との散歩の機会が増えそうです。


子供がいなくても、子供の目線と好奇心で近所を散歩してみると、ゴキブリをみつけただけで笑顔になれるかもしれません。


ダンゴムシにいたっては、両手にいっぱい乗せてしまうかもしれませんよ(笑)


体のためばかりでなく、そういうお散歩もお勧めです。