ヒントになれば

五井先生の本を少し前に読んでいて気になった文章がありますので、なにかヒントになればと思い掲載させていただきます。



『大決意』五井昌久著より抜粋 

P.164(二)

肉体人間というものより

霊的人間のほうが非常に感受性が強い

運命の危険な線もさけることが出来るようになる

守護霊や守護神の注意がすみやかにわかるのです

自然に危機というものをさける力が強くなる

たとえば

放射能というものがある

放射能の波はやはり物質の波ですから

放射能を受けてもあまり感じなくなる

ということになるでしょう

住んでいる次元が違ってくるわけです

肉体にいながらも

自分の住んでいる世界は霊界になってしまう

そういう人がたくさん出れば

不幸がそれだけなくなるのです

・・・・・