伝 66

風を感じ

 

体が反応をし

 

心に響くなにかがあるならば

 

今このときに

 

生きている意味を考えてみてください

 

 

感覚を通して内面で響く感じは

 

大事ななにかを気づかせてくれることがあります

 

 

それが特別ななにかとは限らず

 

 

何気ない日常にある当たり前のことにこそ

 

真実という素晴らしさが現れていることに気づくのかもしれません

 

 

瞬間的であり感覚的だからこそ

 

時間も空間も超えてわかる

 

 

そのことに気づくことで

 

とらわれからひとつ解放されるはずです

 

 

このままでいい

 

 

そう思う心に響く感覚はありません

 

 

変化を求める心だからこそ

 

響くのです

 

 

その心こそ

 

あなた自身にしかないかけがえのないものなのです