補足(伝 91)

 

 

昨日ご質問をいただきました。

 

伝91

 

立ち向かわなければならない試練もあれば

 

流れに身を任せることで解消する課題というものもあります』

 

の「立ち向かう」と「身を任せる」の判断基準が分からない、というものでした。


それに対しては下記の内容になりました。

 


『自分の限界まで果たしてやり切ったといえるか?そう自問自答したとき、偽らざる心でみれば自ずとわかるものだからね、もうこれ以上できない、そう思ったなら流れに身を任せればいいよ。


身を任せて結果を見た時、その結果に不満なく向き合えたならよし、わだかまりが残るなら反省して次にいかす。


他の人ではなくね、自分がやるべき課題として目の前に現れたものを試練と表現しているから、そうしたものは常日頃からやるべきことをやって整理しておくと、比較的わかりやすいだろうね。


試練という言葉では重く受け止められがちだけど、生きていること自体が試練みたいなものだから、がんばってくださいね。』


 

私もわからないことが多い「伝」ですが、なるべくわかりやすくお伝えできるよう努力します。