キズについて

 

 

 

亀裂や穴のようなキズは、いつどのようにしてついたのでしょうか?

 

 

 

その疑問に対する答えが以下のものです。

 

 

 

 

 

キズはエゴが形成され始めて間もなくつけられることが多い。

 

 

 

ちょっとキズをつけてしまえば、それを隠すように新たなエゴが覆いかぶさっていき、小さなキズは隠れてしまう。

 

 

 

すると、キズがどこにあるかわからなくなり、あとは歪んだエネルギーを注ぎ込んでいけば、そのキズを元にひずみが勝手に大きくなっていき、キズが穴になっていくことでエネルギーの搾取構造をエゴが勝手に作り上げてしまう。

 

 

 

キズはエゴにつけられる。

 

 

 

この事に気づけるかどうか。

 

 

 

心や魂が傷ついたと感じる時、実はだいたいエゴが傷ついている。

 

 

 

しかし、自分が傷ついたと思えばエゴの傷は大きく深くなるため、搾取する側からすれば思い通りになる。

 

 

 

また傷をつけたり深めたりするには、身近な存在のエゴに加害させる方がより効果的だ。

 

 

 

エゴにどこまで意識的でいられるか、それが今のあなた達の課題だよ。