施術中に感じていること

 

施術中に感じていることについて今回は少し書いてみようと思います。

 

 

 

患者さんの体に触れながら私が感じていることです。

 

 

 

これまで施術を受けていただいた方はわかると思いますが、私は患者さんのお腹に手をあてることがあります。

 

 

 

なにをするでもなく目を閉じてじっとしているため、沈黙のその時間にやや戸惑う方もいるかもしれません。

 

 

 

寝ているわけではないんですよ(笑)

 

 

 

体を通して感じるものを探っている、といえばいいのでしょうか。

 

 

 

そんな時に時折感じるのが、部分的に見える宇宙空間と、宇宙空間を覆うもの、そしてその覆いに刻まれた亀裂や丸い穴などです。

 

 

 

それらは意識の世界のエネルギーを私なりの解釈で感じ取って表現したものとお考えください。

 

 

 

宇宙空間は全体性、覆いはエゴ、亀裂や穴はエネルギーが漏れてしまうところ、と解釈しています。

 

 

 

これらは常に見えるわけではないですが、覆いがあって宇宙空間が見えない方はエゴが濃い方、宇宙空間が広く見える方はエゴが薄い方、そう見分けるようにしています。

 

 

 

亀裂や穴は、宇宙全史で描かれている陰始に通じるものだと考えており、最近の施術で一番最初に取り組むのは、この亀裂や穴が塞がるようにイメージすること、もしくは意図すること、です。

 

 

 

そこから全体的な施術をすることで、歪んだ状態が改善されて体のバランスが取れてきますので、感覚として楽になったと実感していただけることが多いようです。

 

 

 

ただ、そのまま日常生活に戻っても、それまでの生活パターン、無意識の思い込みに従った考えと行動により、同じような歪みが出てくるでしょうから、そこを繰り返さないために今まで意識してこなかった事を自覚してもらうこと、考え方を少し変えること、無意識だったことを意識してみること、など、変化を促すようなお話をすることもあります。

 

 

 

以上、おおまかな感じで書いてみました。

 

 

 

亀裂や穴については別に書いてみたいと思います。