仕事始め 二日目

 

なにを書こうか、と考えている間に、更新が一日遅れてしまいました。

 

 

暮れに大晦日から実家に帰省して、新年を迎えました。

 

体調も含めていろいろありましたが、実家にいたため年末はギエムの最後のボレロをテレビで観ることができ、3カ月ほど続く腰痛が元旦はなぜか改善したものの、翌日からは前以上に悪化、子供たちと書きぞめをし、近所の探索でつららを見つけ、初夢は立派な庭園を観覧していたところにテロリストが侵入し「やばいぞ!」という感じで、いいんだか悪いんだか、あっという間に時間が流れていった感じです。

 

腰痛は何とかならないものかと尋ねたのですが、「肉体改造だからしょうがないじゃない」のつれない一言。

 

しかし、それを裏付けるように施術中だけは痛みが消えています。

 

 

元旦は丁寧なご神託もあり、いま読み解いているところです。

 

 

何年か前に初もうでで山の神社に向かったことがありました。

 

登坂の雪道に前輪駆動のスタッドレスタイヤはなすすべもなく撃沈、時間を改めて出直したこともありましたが、今年は同じ時期とは思えない暖かさでしたね。

 

 

昨年からエゴについて勉強させてもらっていますが、今回の帰省では両親のエゴをみることで自分自身のエゴを気づきやすくしてもらった感じがします。

 

やるべきことが以前よりわかりやすくなってきました。

 

少しでも前に進む年にします。

 

皆さんに一人一人にとって、佳い一年となりますように。

 

今年も一年よろしくお願いいたします。