娘の言葉

 

夕、妻が保育園に自転車でお迎えに行った帰り道、6歳の息子と2歳の娘を自転車に乗せ、

さらに荷物も積んだ状態で自宅近くの上り坂に差し掛かった時の事、

 

「もう無理!重くて自転車こげないっ!!(笑)」

 

と妻がギブアップを口にすると、2歳の娘から、

 

「お母さん、できないって思ったらできないよ!できると思えばできるんだよ!」

 

と言われたそうです。

 

 

 

2歳の娘の口をついてでてきた言葉に、

 

「親より道理を心得た子たちだな~」

 

と、びっくりしました。

 

妻に言わせると息子はさらに上をいっているらしく、なにを言われたのかたずねたのですが、よほど妻の耳には痛い言葉だったようで、頑として教えてくれませんでした。

 

 

 

来週はいよいよ節分です。

 

一つの節目なので、「やったことが返ってくる」もしくは「形になる」ときではないかと思います。

 

思うような結果が出なければ、「取り組みが足りなかった」「やり方がまちがっていた」ということですから、そこからまた「できる」と信じて、修正しながらがんばろうと思います。

 

思うようになったなら、うれしいですね。