情報の読み解き方

 

私も教えていただいたことのなので身につけている途中ということもあり、きちんとできていることではないことを、まず先にお伝えしておきます。

 

 

 

以前も少し書いたかもしれませんが、エゴを踏まえて情報を読み解くようにすると、あまり勘違いや間違った情報の解釈にはならないのではないでしょうか。

 

人それぞれに様々なエゴという得体のしれないものがありますが、その濃淡や偏り具合などの影響で、情報を受け取る際にも、発信する際にも、その情報はなにかしら歪められていきます。

 

例えば、100%の純度の情報が伝わってきたとして、意識の中での歪んだエゴの主導権率が40%だった場合、その方の受け取る情報は60%の純度になります。

 

それをまた他の人に伝えると、さらに歪みます。

 

 

 

情報を流す側に意図があり、その人の都合で情報を発信されていたとしたら、真理・真実とよべるような状態からは程遠い状態になっていると考えられます。

 

ウソが混じった情報になっている、ということです。

 

ですから、そういうのはなんとなく雰囲気で感じることもあって、うさん臭くおもうこともあります。

 

結果、「信じられない」という状態に陥り、陰謀論などに振り回されてしまうのかな、とも思うのですが、これだと「否定して見ないようにする」、「近づかないようにする」、「なるべく自分は安全なところで安心して暮らしたいから、考えないようにして自分の理想を追いかける」ということになるのではないでしょうか。

 

 

 

それはそれでいいのですが、エゴを前提に考えてみると、例で挙げたケースでは40%は確かに歪んだ情報かもしれませんが、残り60%は真っ当な情報なのですから、ここを見るようにしていくと物事のとらえ方が変わると思っています。

 

(これができていなかったと実感していますし、多くの方に見受けられる傾向のようにも思います。)

 

考え方を変える、エゴを薄くする、ということをするわけです。

 

 

 

実際世の中に出回っている情報については、どこまでどうなのかわかりません。

 

ですから、丁寧に一つずつ読み解いていくことで、勘を養うというのでしょうか、大事なことのかけらを拾い集めていくのがいいようです。

 

 

 

否定する、ということは、無いものにしようとすることです。

 

しかし、形は変われど、存在しているものを無くすことはできませんので、できないことをやり続けるようなことは無意味ですから、否定するのではなくまずは存在を認め、それをどう使うか、どう対処するか考える、ということが現実的な考え方になるのではないでしょうか。

 

 

 

もしかしたら1%しか真実は無いかもしれません。

 

しかし、どっぷりつかったこの世界から抜け出るためには、そのかすかなかけらを拾い集めて自分の知恵に変えていくことでしか、方法はないようにも思えます。

 

また1%が分かれば、それが信じる根拠ともなり、鵜呑みにして人に支配されたり、依存して責任を人に押し付けるようなことはしなくなります。

 

 

 

自分のエゴを認められるようになると、他人のエゴもわかるようになります。

 

エゴを認めるようになると、完ぺきにできなくてもしょうがない、と考えられるようになります。

 

私の場合はそこから、できる範囲で精いっぱいやる、ということの意味も徐々にわかってきました。

 

すると、否定する必要がないことがわかってきますし、ありのままの自分を徐々に受け入れていけるようになると思います。

 

ありのままの自分であれば、楽に生きられます。

 

 

 

私は、こんな感じで情報を読み解く際に、考えるようにしています。