黒脛巾さん ①~④

 

 

宇宙全史BBSのNo.2763の書き込みをした黒脛巾です。
だいさんにはこの場を用意してもらって感謝しています。

私の覚醒はエゴが残っているため完全覚醒ではありませんが
宇宙全史BBSの投稿と回答を読むことが勉強になっているため
みなさんに何か恩返し的なことができないかと思いまして
自分の覚醒体験をどこかに公表しようと思っていました。
そしてだいさんの勧めでこの場に公表することにしました。
文章が長くなるため4回に分けて投稿します。

 

 

 

 

1.  2月4日の体験
私は地方でシステムエンジニアをやっています。
余談ですが仕事の内容はコンピュータのプログラムの作成、修正、解析です。
この仕事と精神世界は関係なさそうですが実は仕事を通じて学んだ事が精神世界の探求に役に立っています。
その事は後で書きます。

一昨年から関わっている作業中のプロジェクトは難易度が高く結構プレッシャーがあります。
また昨年末に父が病気で倒れて精神的に弱っていました。(幸い父の病気は大事に至らずに済みました。)
そして、数年内に起きるであろう動乱を乗り越える自信を無くしていたところ
2月1日に宇宙全史No.314のメッセージを読みました。
月読之大神のお言葉「あなたと連動して覚醒する人が出る可能性は大きいね」
それまで私には覚醒は遠い存在だと思っていたので覚醒ついては深く考えた事はありませんでしたが
この時は本当に覚醒の可能性があるかもと思い宇宙全史の書籍やBBSから覚醒について調べました。

そして2月3日の夜に出した結論は「今晩、何かあって死んだとしてもそれは自分が動乱で死んだ事と同じだろう。
とりあえず今晩何かあったら全て受け入れよう」でした。
上の文だけ読むと何か妙な論理だし悲壮感が感じられますが
実際は開き直りとか覚悟ができたと言った感じです。当時の精神状態は結構ギリギリでした。

1月末から不眠が続いていましたが、この晩はすんなり眠りにつけました。
そして夢を見ました。
内容は詳しくは覚えていませんが
夢の中で嫌がらせされて無理やり起されたことは覚えています。
目が覚めて時計を見たら2時過ぎでした
こんな日に変な夢を見てしまったなと嫌な気持ちのまま再び眠ろうとしたところ
突然、ヘソの奥あたりからエネルギーが爆発して全身に広がりました。
しばらくしてから、自分と世界が一体に感じられ全ての物質がエネルギーの塊に感じられました。
体験が終わり再び時計を見たところ2時50分頃でした。
そして今までの自分(エゴ)が脳の前方あたりに押しやられ
頭の残りの部分に瞑想してる時に感じられる自分(魂)が常に居座るようになりました。

心理学で顕在意識は氷山の一角と例えられていますが氷山の浮力が大きくなり
顕在意識である海面から出ている氷山の割合が大きくなり
今まで潜在意識だった部分の一部が顕在意識に変わった感じです。

 

 

 

 

2.  覚醒後何が変わったか
覚醒しても超能力の方はさっぱりです。
ただ、やわらかいお祈りや世界平和の祈りをする時の微妙なエネルギーは感じとれます。

とりあえず頭の中に2つの自分「エゴと魂」が存在する事になりました。
エゴがあるため欲望も執着心もまだありますがそれらの力はかなり弱まっています。
ただ本当にしたいことの欲望や執着心はそのまま残っているようです。
例えば20年後の地球を生きて、その地球でやってみたいことなどです。

エゴがあるため感情や無駄な思考もまだありますが魂のほうでいつもそれらを監視している状態です。
例えば、覚醒前は怒ると怒りの感情で頭がいっぱいになりその日は怒りの感情がなかなか消えませんでした。
今ではエゴの部分で瞬間的に怒りを感じ、魂の部分で「今、怒ったな」と気づいて終わります。
ひどい怒りの場合は怒りの感情が若干残る場合もありますが以前と比べれば無いに等しいです。
自分のエゴを容易に観察できるためエゴの修正も容易です。

覚醒後はエゴについてあまり深刻に考えなくなりました。
例えば、お腹があるから空腹、満腹を感じるのと同じように
肉体があるからエゴがあるといったところです。
ダイエットする時、頭を使って(例えばゆっくり噛んで食事するなど)空腹感や満腹感を
コントロールしますが、同じように魂を使ってエゴをコントロールします。

内面の変化で気づいたことを箇条書きしてみます。
過去、未来のことを考えなくなり、今現在に意識を集中させてしまいます。
困難な目にあっても落ち込むことがなくなりました。
何もなくても楽しいと思ってしまいます。
自分と世界の境界が曖昧になり自然に繋がっている感じがします。
物事を見ても良い・悪いなどの区別をほとんどしなくなりました。
よくスピリチュアル系の本に書いてあるスピリチュアルな生き方が自然にできる感じです。
昔はスピリチュアルな生き方なんてできるわけないだろうと思っていました。

 

 

 

        

3.  覚醒前のこと
覚醒前のことをいろいろ書いておきます。

私のコンピュータの仕事がどのように精神世界の探求に役に立ったかを説明します。
私の仕事はプログラムの修正、改造が多いです。
コンピュータのプログラムは料理の手順書みたいなものです。
しかしそれらのプログラムには手順のみ書かれていて目的が書かれていないことが多いです。
目的が不明だと正しく修正できません。その目的を推測する能力が必要になります。
正しい手順ならまだ良いのですが、現実は無駄な手順、間違った手順も多いです。
目の前に居ないプログラムの作成者に文句を言っても何も解決できません。
最終的にはそのプログラムの作成者の作成時の心理や能力を推測して
作成者になりきって、どうしてこの手順になったかを考えます。
この能力は普通の文章を読む時も、自分のエゴを薄めて書き手の立場で考えるのに役に立ちます。
また宇宙全史の質疑応答やBBSを読む時にも書き手の立場で考え
それを自分の問題と捉えて考えてきました。

次にエゴに対する取り組みです。
基本は消えてゆく姿で世界平和の祈りです。
しかし今の世の中を生きている私たちにはエゴを直視するのは難しいと感じています。
例えば内面の嫌な部分を見ようとすると「でも、しかし」と続いて、複数の言い訳をしてしまいます。
そこでエゴを機械的な物と考えてエゴと同じ土俵に立たずにエゴを薄くする方法を考えました。
宇宙全史・質疑応答3の248ページにあるエゴの説明にヒントを得て
エゴである自分の周りを覆っている内側が鏡面であるボールをイメージします。
その鏡面がだんだん透明になり、周りの世界をダイレクトに
受け止めることをイメージしていました。

余談ですが、なぜか私がプロレスラーでプロレスをしている夢を稀に見ます。
夢の中の私であるプロレスラーはいつもの私とは別人です。
ある日、目が覚めた後もその夢の中のプロレスラーの意識のままで数分間たち
自分が誰だか判らなりました。
その日は、なぜ私はプロレスをやっていないのだろうとモヤモヤしながら仕事をしていました。
胡蝶の夢のプロレスラー版ですが、このような奇妙な体験も私のエゴの執着の解消に
役に立ったのかもしれません。

あと、なんとなくですが以前から額と頭頂部がムズムズしていたことがあったので
既にチャクラは開いていたのかもしれません。

 

 

 

 

4.  覚醒したら地球に残れるか?
覚醒してから手持ちの情報では自分がどの状態なのか判らなく
悟りの書籍やいろいろなスピリチュアル系のブログを読んでいました。
その中にスピリチュアルのある方法でエネルギーとお金を効率的に
搾取している人がいました。
ずいぶんえげつない事をやっているなと思いました。
ところがある時、幻惑されて数時間の間、その方法が魅了的に
感じられる状態になったことがありました。
これはまずいだろうと思い必死で世界平和の祈りでどうにかやり過ごしました。

そのあと「誰が地球に残るのか」を読んで思った事は自分に残っている
エゴの陰始度が高くそれで幻惑されたのだろうと思います。
ある時、覚醒後の自分のひょんなところに差別意識が残っていて
ビックリした事がありました。気づいたらその都度反省、修正しています。
以前は世界平和の祈りだけ行っていましたが今ではやわらかいお祈りも
行って陰始度を下げようとしています。
また、だいさんの勧めで上のリンクの「お祈り」のページにある形式で
お祈りしています。
完全覚醒は別ですが、覚醒しても残ったエゴが陰始に誘惑に負けたら
地球に残れないでしょう。地球に残る、残らないの点では
覚醒した人としない人で特に違いはないと思います。
まだ、たまに軽く幻惑される時がありますが、自分の本当にやりたいことや
「地球に残る」と言う気持ちを思い出すと目が覚めるようです。

以上、2月から2ヶ月の間いろいろなことが起こり思い出すのが大変でしたが
なんとかまとめてみました。
宇宙全史の読者でも真我を追求している人、とにかく地球に残りたい人
日々内面を磨いている人、いろいろな人がいると思いますが
この文章が探求の一里塚になれば幸いです。