雑さに気づく

 先日、とある稽古会に参加してきました。

 

教わりながら体を動かしていくなかで実感したことが、

 

「目一杯体を使っていない」

 

ということです。

 

 

 

普段はそこまでの必要性を感じないので、使えていなくても問題を感じないのですが、一定の「納得がいく感覚」というのでしょうか、「ここまでやったら動かしたといえる」という基準がわかってくると、雑に体を使っていることがわかります。

 

 

 

頭を使って考える、ということも似た感じだと思います。

 

雑さに気づければ、ひとつ成長したと思っていいのではないでしょうか。

 

 

 

BBS左の更新がありました。

 

九州の地震についてはまだ収束していませんし、連動してどうなっていくのかわかりません。

 

これからの時代、まだまだいろいろなことが起こると言われていますし、自分のあり方として「考える」ということ抜きにこれからどうにかなっていくとは思えません。

 

何か起きなくても、自分のあり方についてはよくしていきたいと、最近は前より素直に思えるようになってきました。

 

知識として知っていても理解できていないエゴの私には、自覚できていない「雑」が多々あります。

 

もっと自分の成長に素直に向き合っていけるようになりたいです。

 

 

 

※ネット上で見つけたものですが、荻上チキさんの書籍を全文公開しているそうです。

 

支援について考えるだけでなく、被災に備える意味でも一度目を通されるといいかと思います。

 

すぐに公開できるよう前もって取り決めてあったことを考えると、真剣に考えているからこういうことができたんでしょうね。

 

「災害支援手帳」:荻上チキ著

 

http://books.kirakusha.com/saigaishien/