否定について

 

 

「否定すること」は、「無いこと」にしようとすること。

 

「ある」ものをむりやり「無い」とすれば、理屈に合わないため無理が生じる。

 

無理が通れば道理がひっこむ。

 

だから、否定は全体性の働きを損なう要因となることがある。

 

否定しない考え方を身につけていくことで、全体性を損なわない奥行きのある方向性が見えてくる。