ありのままとエゴについて

 

以下、思ったことです。

 

私もばっちりエゴを抱えて生きているので、間違えることも当然あります。

 

鵜呑みにしないで、考えるたたき台にしてお読みください。

 

一部内容が混乱をまねくかもしれませんが、掲載しておきます。

 

 

 

「ありのまま」は「全体性としての私」の方向性の基点だから、ここにたどりつければいい。

 

自由があるので、ここからじゃなきゃ方向性が出せない、というわけではない。

 

エゴを薄くする(考え方を変える)ことで、全体性を損なわないエゴであれば、エゴは強くても問題ない。

 

それは宮本武蔵の章で書かれていた事に該当するはず。

 

完璧だと変化は起きない。

 

不完全だから変化する。

 

エゴは全体性の中に不完全を作り出しており、不完全故に方向性が生まれる。

 

エゴがあるから変化が生まれる。

 

エゴがあるから方向性が生まれる。

 

エゴの強さは方向性の強さでもあり、ありのままという基点が定まった時、出された方向性の推進力はエゴの強さが担うことになる。

 

全体性を損なわない強いエゴは、全体性を大きくかき混ぜながら、宇宙の大きな方向性の推進力ともなりうるもの。

 

だから完全覚醒をしても、エゴは無くならない。

 

全体性の働きを邪魔しなくなるから、無いように感じる。

 

エゴを否定してその存在を無いものとするのではなく、エゴをうまく使って全体性の成長につなげていくことが、これからの一つの方向性。

 

エゴを薄くする、の「薄く」や「無くす」は、全体性への影響の話。

 

エゴは無くならない。