最前線

 

地球は、全体性を損なっていたものを集めて作られた。

 

全体性の働きをきちんとし、新たな方向性を出すために地球は作られた。

 

集められたそれらは湿気たマッチみたいなもので、それを燃やすことで火力エネルギーのようにし、全体性の働きの推進力になりうるもの。

 

全体性を損なっている面はクズとも呼べるが、クズを処理するにはそれなりの力も必要。

 

クズみたいな存在がクズを処理できるはずもなく、処理できるなりの力を持って生まれてきているはず。

 

それが創造する力。

 

「思い(言葉)」を「行動」に移すことで生じる「結果」があり、その結果の積み重ねで生じる「運命」を創造する力。

 

思いによって運命をつくる力。

 

自分を信じるとは、この創造する力をつよく自覚し、理解し、活用していくこと。

 

その力を使って全体性の滞りを動かせるようにしていく。

 

そう考えると、エゴは全体性の一部として与えられた力ともいえる。

 

不完全さゆえ、完全を目指す方向性が出せる。

 

創造する力がここで併せて使われることで、湿気たマッチはよく燃える燃料になる。

 

エゴの不完全さはゆらぎであり、それがもたらす結果は不確定。

 

きちんとした方向性が出せれば、宇宙は大きく変わっていく。

 

だからいまの地球は宇宙の最前線。