全体性を知ってほしい理由

 

覚醒していないのでわからないこともありますが、まず何よりも「全体性のなかには存在するものごと全てがある」ということを考えてほしいです。

 

「全て」ですから、いいもの、わるいもの、素敵なもの、くだらないもの、優れたもの、愚かしいもの、無駄に思えるもの、なんでもあるわけです。

 

それは私たちそれぞれが学び、体験したものごともすべてがある、ということでもあります。

 

全体性を意識するようになってから驚いたのは、どんな理屈も必ずどこかで繋がりがあることがわかるようになった、ということです。

 

まだ私自身は学びの途中なので、すぐに繋がりを見出せないこともありますが、それでも真剣に考えたなら必ず答えは見えてくる、と信じられるようになりました。

 

様々な理屈はあれども、その繋がりまでは見いだせていないゆえ、皆が迷い、時に責めたり後悔します。

 

全体性の中にあるものを、平仮名を例に考えてみました。

 

「私はこれまでの人生で、『ら』『れ』『く』『だ』『し』を経験してきた。

 

しかし、なにも意味のない人生だった。

 

特に『し』はひどい経験で、今でも許せない。」

 

と考えていたとします。

 

しかし、そこで全体性を踏まえて考えた時、すべては存在していて必ず繋がりがあり、その繋がりから意味がわかる、と考えると、『ざ』という言葉を加えて繋がりを考えてみてはどうだろう、と思いつきます。

 

すると『しだれざくら』という一つの言葉ができあがり、やってきたことの意味を見出すことができます。

 

なにも否定する必要がありません。

 

学びにおいても、なにか新しいことを学ぶと「今までまなんできたもは間違っていた」と否定することがありますが、そんな必要はなく、それぞれを活かして、不足を補いながら繋げるだけなのです。

 

誰も、なにも、否定する必要はなく、その存在全てを認めることで全てが動き出します。

 

先週土曜日に私が見た『ン』は、最後の一文字です。

 

それが何を指しているのかはわかりませんが、これまで欠けていた最後の1ピースがはまった、という意味だったようです。

 

それがないから、先に進まない、全てが繋がらない、そういうものでした。

 

それがハマり、全てが動き出します。

 

流れ星は、その流れを表しており、いよいよ始まる、という意味だったようです。

 

教えてくださった方がいての理屈ですが、ようやく腑に落ち、これからわかりやすくお伝えできるようがんばります。

 

この理屈は否定などによって意欲を損なったり、人の不幸を喜ぶ方達にはひっくり返せないものです。

 

否定によって意欲を奪ってきたものにとって、否定できない、それどころか全肯定されてしまっては、意欲を奪うどころではなくなります。

 

今の時間に校正していますが、朝この理屈の概要がつかめた喜びのまま書いた文章をほぼそのまま残していますので、わかりづらいものとなってしまい申し訳ありません。

 

今思うと、朝は頭の上が軽く開いていたんでしょうね、どうあってもポジティブに意欲にあふれてしか考えられない状態になっていました。

 

濡れないように小走りにかけていく猫を見ただけで本気で笑っている自分に、「ついに壊れたか(笑)」と思っていました。

 

いまは落ち着いていますが、いい体験ができています。

 

理屈については、ようやくたどり着いた感じです。

 

また少しずつ皆さんにわかるように書き連ねていきます。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 16
  • #1

    papas (火曜日, 21 6月 2016 23:48)

    今までの全てを意味のある事情であったということ或いは全ての全てが意味のあることであるということを完全に心に落とし込めたということ。経歴をなくしたということなのでしょうか?
    何であれ生きやすさに繋がる大きな気付きであるようにぼんやりと思います。
    小覚醒おめでとうございます。ありがとうございます
    何度も読み返させて頂きます。

  • #2

    だい (火曜日, 21 6月 2016 23:58)

    papasさん

    いまはすっかり元通りです(笑)

    この理屈を理解していただければ、気分よく前に進むだけじゃん、と朝は思っていましたが、いまはその考えもどこかお散歩に出かけてしまったようです。

    そちらにお邪魔していないでしょうか?(笑)

    完全に心に落とし込めた、経歴をなくした、のあたりはよくわかりませんので、次回いらしたときにでも内容について改めて教えてください。


  • #3

    RS (水曜日, 22 6月 2016 02:02)

    だいさま

    先の「ン」のコメントへのご返答につきましては、深夜でお疲れだったと存じますが、励みになる御言葉を頂戴し、誠にありがとうございました。

    この夏至の「追い込み」に際しましては、わたしの無意識層に潜んでいた陰始同調部分の人格に、危うくすりかわられるところでした。

    だいさんに喝を入れていただいたことで、なんとか、ジャッジしない「観察者」の位置に復帰することができました。

    どうも私には、物事の本質を見極める際の「安易さ」と申しましょうか、ある種の「軽薄さ」が入り込む隙があるようで、反省しております。

    しかし、今回学んだことは、地味ながらも、とても大切なことでした。

    自分の意識の中には、過去のトラウマに起因する、いろんな悩み・苦しみを抱えたままの分身たちが、目には見えないけれども、ちゃんと今の自分の中で生きている。

    そう思えるようになりました(夏至を過ぎても実際に見たり聞いたりするわけではないですが)。

    それらは、宇宙全史的には、陰始と呼ばれる形質を抱えている存在ではあるのでしょう。

    でも、彼・彼女らの憎しみに満ちた人生なくして、また、かれらの誰一人が欠けたとしても、今の自分が存在するはずもない。この当たり前の事実に気付きました。

    そういう意味では、今の自分は彼・彼女らと共にこの「最前線」で生きているのかもしれないな、と。

    時間を超えた家族意識というか、そんな感覚が次第に芽生えてきました。

    人間誰しもDNAには陰「糸」が入り込んでいて、人間の数だけ多様なカルマパターンが生み出されているのかもしれませんね。

    その状況は決して「幸せ」と呼べる状況ではないかもしれませんが、これはこれで「ある意味、豊か」なのかもしれませんね。

    もっとも今や、その豊かさが、地球という生命体に犠牲を強いているわけですが…
    地球を抜きにした世界人類の平和もなにもないでしょうに。

    各人がせめて自らのカルマパターンを克服して、家系の陰始度をクリアしていかなければ、と思いました。

    これは、ある種の先祖供養かもしれませんね。今までの先祖供養のやり方では到底間に合わないということなんでしょうか。

    それと、「やわらかいお祈り」と「世界平和のお祈り」の不動の価値。この点につきましても、あらためて気付かされました。

    登山道具として絶対に携行しなければならないもの、とでも申しましょうか。

    先日更新された宇宙全史BBSでも虚空蔵55さんがおっしゃっていましたが、まさにお祈りは「基本」中の基本なんですね。遅ればせながら、やっと肚に落ちました。

    ・今の私は、本来の自分の位置にいるかどうか?
    ・今の私は、似て非なる陰始系のメンバーと入れ替わっていないか?

    しっかりとした登山の準備をするためにも(あまり準備に囚われすぎてもいけないのでしょうが)、これからは常に自分の思考が「お祈りの方向性」と合致しているかどうか、より注意深く自己確認ないし本人確認をします。

    とりわけ、「善悪」「裁き」のビューティペアには注意します(例えが古すぎますか…)。

    とにかく「世界平和のお祈り」と「やわらかいお祈り」いう「方位磁石」を与えてくださった五井先生と、そこにつながるすべての方々に感謝申し上げます。

    だいさんのブログを通じて、みんなで登山できる喜びを感じております。それが夏至を迎えての、最大の変化かもしれません。

    引き続き、陰始クリーニング業に精を出します。

    ありがとうございました。


  • #4

    零一 (水曜日, 22 6月 2016 07:35)

    ここ最近、「まずは全体性を意識することから」と教えていただき、「全体性はすべてを含むもので・・・」と、頭の中では自分なりのイメージを持って全体性について色々考えたりしながら意識するようにしていましたが、頭の中の思考どまりで、感覚的に腑に落ちるには至らないままでした。

    それが今回のブログを読ませていただいて「すべては存在していて必ず繋がりがあり、その繋がりから意味がわかる」という言葉と例示から、全体性そのものに対する理解が進みそうなが感覚がありました。

    全体性の理解から入れば、善悪などの二元的な考え方やエゴについての理解なども自然にできてくるであろう感じも、よりはっきりした気がします。

    ありがとうございます。

    私事ですが、昨日(夏至)の朝、その前に何か夢を見ていたという記憶はありませんが、エゴが心から反省して決意してくれた?かのような言葉がふと浮かんで目が覚めました。

    もちろん私の取り組み次第ですが、何か前に進むことができる暗示だったら嬉しいと感じた夏至でした。

  • #5

    えつこ (水曜日, 22 6月 2016 08:48)

    さあ夏至だ!!という意識で迎えた当日の夜、私が体験したのは『何でまたこんな嫌な出来事の繰り返し?』というものでした。
    久々に感情のままに大暴れしました。気持ちが奈落の底に落ち込む様な嫌な状況でした。
    でも、その感情の中で何故今この時に?と必死でもがき、お祈りはできなかったけれど、できない自分を意識していたら、それほど落ち込んでもおらず、大暴れは単なるイベントのようでした。
    暴れても問題無いと思っている甘えで感情を爆発させていました。
    お風呂の中でしばらく茫然自失だったけれど、そのお陰でしっかり半身浴ができてお腹の動きが良くなりました。
    感情のジェットコースターからは卒業したいので、よくよくこの出来事と今回の全体性について書いて下さっていることを、照らし合わせて考えようと思います。
    ありがとうございますm(_ _)m



  • #6

    えつこ (水曜日, 22 6月 2016 08:52)

    スミマセン

  • #7

    papas (水曜日, 22 6月 2016 09:00)

    御忙しい中、ご返答ありがとうございました。
    まだまだ未熟で知らないことに気付いていない、心に落とし込めていない私でありますので(叱られました)目の前に視点を戻して頑張ります

  • #8

    wombat (水曜日, 22 6月 2016 12:41)

    読ませていただきまして、
    なるほど、と思いました。

    どんなことでもあってよいことなんだ、となると、
    どんなことでも否定のしようがなくなる、ということなんだな、と思いました。

    そうなると意欲の下がりようもないなー、と。

    個人的にもとてもタイムリーでございました。
    ありがとうございます!

  • #9

    前嶋美佐子 (水曜日, 22 6月 2016 15:08)

    だいさん

    全体性について教えて頂きありがとうございます。
    ここ最近は否定的な考えを止めて、人がどう
    考え行動するかはその人の自由だからと出来るだけ
    否定も肯定もしないよう、お祈りで流すようにして
    きましたが、旦那の意欲を削いでしまったかなー?
    と思うような事がありまして、その後旦那が床に
    置いたハンダコテを足で踏み火傷をしてしまいました。
    その時はいつもやりっぱなしにするから!と怒れましたが、
    後で冷静になったら、私の言動がまずかった為に
    起こったかな?と思いました。それは夏至前の土曜日で
    したが、夏至を過ぎてからは穏やかな日が流れています。
    全体性についてはまだまだ理解出来ていませんが、進歩
    したいと思います。
    拙い文章ですみません。
    ありがとうございます。

  • #10

    だい (木曜日, 23 6月 2016 18:21)

    RSさん

    いつもコメントをいただきありがとうございます。

    先ほどブログにも書きましたが、個々に感じるインスピレーションは異なりますので、自分なりの全体性への道筋を見つけていく過程にあり、RSさんも今後さらにそれを意識できるようになっていくと思います。

    がんばりましょう。

  • #11

    だい (木曜日, 23 6月 2016 18:26)

    零一さん

    ひとつひとつ丁寧に理解を積み重ねていらっしゃいますので、つながりが分かるようになってくると、非常に面白いと思います。

    夏至の変化というのは人それぞれだと思いますが、全体性という方向性を向いているならば、ありのまま、という状態もその方向にありますので、より自然な無理の無い自分になっていくことを思うと、少し自覚しづらいのかもしれません。

    あまり変化がない、とありのままを認められるようになった、ということもあり得ますので、無理に追うことはしなくても大丈夫だと思います。

  • #12

    だい (木曜日, 23 6月 2016 18:28)

    えつこさん

    自分と向き合う姿勢は大事ですから、自分の良さも損なわないように(深刻になって追い込みすぎないように)取り組みを続けてくださいね。

    「スミマセン」については直接お伝えしたものになりますので、謎解きになりますが、気づけることがあるといいですね。

  • #13

    だい (木曜日, 23 6月 2016 18:30)

    papasさん

    方向性はあっていますし一生懸命さがまた特にいいところですが、つい自分を責めちゃいますね。

    加減も大事ですよ。

  • #14

    だい (木曜日, 23 6月 2016 18:32)

    wombatさん

    シンプルな言い回しでの解釈は今の私の課題です。

    勉強になります。

    ありがとうございます。

  • #15

    だい (木曜日, 23 6月 2016 18:38)

    前嶋さん

    火傷大丈夫でしたか?

    他の方にも影響がありますので、怒りはしなくても互いに気をつけて下さいね。

    怒るのは自分の都合で思うようにいかないから、ということが多いです。

    夫婦間であっても支配関係に持ち込み意欲を削ぐこともありますので、平等、対等を意識しながらその調子でがんばってくださいね。

    少しずつのように見えますが、順調に変わってきていますね。

  • #16

    前嶋美佐子 (木曜日, 23 6月 2016 20:08)

    だいさん

    ありがとうございます。
    火傷は治りが早く大丈夫でした。

    支配関係に持ち込まないのは今の私の課題
    です。
    いつもありがとうございます。