今日も飽きずに全体性

 

タイトル通りで、今日もそんな感じの内容です。

 

このところいろいろ書いていますが、エゴ(部分)ではエゴを越えた全体像をつかむことはできませんので、個々の段階に応じた解釈でいいと思います。

 

ただ、想いが運命をつくる、という仕組みがありますので、できるだけ真剣に考えていただいた方が、よりきちんとした解釈になるはずですから、その点を意識してください。

 

シンプルに「全体性はある」と思い続けていれば、その人にあった答えがインスピレーションとして浮かぶようですので、ここに書かれているのは私の見方として考えるようにしていただくと、無理が無いと思います。

 

 

 

全体性とは、すべては一つである、ということ。

 

存在するあらゆるものが全体性にあり、私たちもまたその内に含まれる。

 

過去や今はもちろん、これから存在を確認されたり活用されるものや仕組みもすべてがある。

 

だから今ここという話になるのではないか。

 

全体性を構成する存在である以上、無くなることはない。

 

しかし、形を変えることはあるかもしれない。

 

エゴでとらえれば消えるように見えるし、全体性からみれば形を変えただけになる。

 

だから、全体性から考えるようになると無くならない。

 

私もあなたも、全体性という存在の中で永遠ともよべる時間を存在し続ける。

 

どんなに親を恨んでも、肉体で生まれてくる以前から私たちは存在し、どんなに悔やんでも、その子はお腹に宿る以前から存在している。

 

「否定」は「無いことにしよう」とすること。

 

無くならないものは消せないし、消せないものは否定できない。

 

どんなに否定し続けたとしても、存在を無くすことなんてできやしない。

 

自分を無くそうと責め続けても、自分すら消すことができない。

 

存在を否定することなんて、誰一人としてできるものはいない。

 

だから、まず存在をすべて認める。

 

全体性がある、と思うようにする。

 

あるものの中で何を選ぶのか、その方向性が小さな私たち自身なのかもしれない。

 

それは運命を創造し続けているということ。

 

なにも消すことができない、だから私たちは神に存在することを許されているといえるのではないか。

 

「存在していいんだ。

 

消せないから否定なんてできない、私たちは存在していいんだ。」

 

今回初めて「自分が存在していいのだろうか」という疑問を無自覚無意識に抱き続けてきたことに気づいた。

 

そして、安堵した。

 

誰かを傷つけたり、自分が傷ついた、と思うのは、この自分の存在への疑問があるからではないか。

 

やっぱり存在してはいけなかったんだ、と存在を許してくれていることを信じられなくなるからではないか。

 

「だれも私を否定する(消す)ことはできない、だったら思うように生きてみたい、生きていきたい、自由をもっと感じたい!」

 

あるものはなんでも使っていいのなら、創造し続ければいい。

 

創造は運命であり、やったことの結果の積み重ねである。

 

因果応報によって、喜びと共に創造し続けたい。

 

エゴに線引きされた不完全な私だが、お互いに助け合いながら生きていけば、限られた寿命のなかであっても創造し続けていける。

 

全体性の流れに溶けこんでいったとしても方向性を持ち続ければ、全体性を損なわない大きな流れの中の小さな流れとして存在し続ける。

 

小さな流れは、ある意味個性であり、自他の境目としてのある段階のエゴである。

 

思いの強さが、流れの勢いとなり、全体性の中で影響しあいながら流れ続けていく。

 

おそらくその流れはビッグバンから始まっており、原初の思いは、ゆらぎの中でとことん楽しみ味わい尽くす、であるような気がした。

 

 

 

今日もわかりづらい感じですが、一応書き留めておきます。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    papas (木曜日, 23 6月 2016 21:32)

    ありがとうございます。
    自分がこちらの道へ歩むきっかけとなった現象が続いていた時、
    「自分を許す」ということを続けていました。
    心の中で後悔やコンプレックスが生まれた出来事があり、それに対して向き合い、それに対しての学びを見いだして許せなかった自分を許すということです。
    それを認めることができた時、心の中にある過去(経歴)が消え、「今の」私になります。それは自分への自信にもなりました。
    最近はこれに対して成し遂げたと勘違いしていたことに気付き、再度行っています。許せた時にたくさんの感謝と幸福が生まれます。

  • #2

    RS (木曜日, 23 6月 2016 22:19)

    「エゴに線引きされた不完全な私」

    この部分で「ん?」と、止まりました。
    「エゴ」「線引き」「不完全」「わたし」

    なぜかイラン・イラクの国境線を連想しました。

    彼の地の国境線はたしか、ヨーロッパ列強国が自然なまとまり(地理歴史、文化的まとまり)を脇におき、理屈で「線引き」されてしまいました。

    その「不完全さ」を解消しようとして今も紛争が絶えなくなった側面があります。

    もしかしたら自分の心も、無意識のうちに不自然な線引きを受け入れてしまっているのかも……

    受け入れておきながら、その不完全さに腹をたてて、無用な葛藤を抱えんでいる日常だったりして……。

    ハッとさせられました。まずは現実を受け入れないと、まともな対処の仕方を導きだせませんね。

    陰始って、自分の都合のいいように、人間の自然な心の状態に「線引き」する達人なのかもしれないです。

    自分のエゴの歪みをチェックするためのヒントを頂戴したように思います。

    よく精査してみます。とくに善悪の線引きは。

    ありがとうございました❗




  • #3

    砂美 (金曜日, 24 6月 2016 00:34)

    ここ最近、熱と咳が続いています。お腹の調子もすぐれません。
    やはり、こういう時、何もできなくなっている自分を責めていることを感じます。
    考えかたの癖、まだまだ治っていませんが、前よりはどんどん改善していますし、気付くのも早くなってると思います。

    先日、久しぶりにⅯ先生に診ていただいたのですが、初めてⅯ先生に「宇宙全史」の話をしました。
    宇宙全史の講師であるだいさんの話も少し…。
    あまり時間はなかったのですが、沢山沢山話をしてくれて、でも、残念ながら全然理解できなくて…。
    一生懸命聞こう、理解しようとしたのですが、終わってみるとほとんど覚えていない状態です。

    でも、Ⅿ先生が言ってくださったのは、
    「理解できないと思ってるかもしれませんが、そもそも知らない人は聞くことすらない、既に知っているから聞いているんですよ。」と。

    あと、「本当に自分が考えていると思いますか?
    気付いてないと思いますが、そうではないこともあるはずです。」と。

    それから、毎回、必ず涙が出る手当てがあるのですが、
    先日は、とても不思議な感覚を体験させてもらえました。
    どう説明すればいいか分からないんです。
    初めはなぜか怖いと思ってしまったのですが、その後、号泣するのみでした。
    先生は、「みんなここに帰りたいと思っているはずです。」のような事を言っていたと思います。

    宇宙全史も、だいさんの話もりえ先生のお話もM先生のお話も、
    私が進化すれば、もっと深く受け取れるのだと思います。
    なんだか自分が亀みたいに思うこともあるのですが、やるしかないですね。

  • #4

    零一 (金曜日, 24 6月 2016 00:48)

    今回は、読ませていただいて今までBBSやこちらで教えていただいたことの一つ一つが、少しずつ繋がってくる感じがありました。

    「全ての生命は皆平等」であることについて言えば、人間にとっては害を与える存在のように感じる、例えば風邪の原因になるウイルスであっても、全ての存在が繋がりを持つ中で、人間と同じようにウイルスの立場で存在する理由や目指す方向性を持って活動しているはずで、そのようにあらゆる生命という存在を考えていけば、「全ての生命は皆平等」に行きつく気がします。

    以前BBSで書かせていただいた「地球人類は皆仲間」という感覚も改めて思い起こしましたが、すべての存在が繋がっているということは、一人の思いは周りに影響を与え、現象界の現れは人々の思いの総意であること、自分が変われば世界も変わるという理屈もはっきり理解できた気がします。

    「全体性を構成する存在である以上、無くなることはない」など、最近存在するものは無くすことも無くなることもないという事を教えていただいていますが、ふと陰始を思い出しました。

    「滅びたい」「滅ぼしたい」という誰よりも強い思いで活動しているはずの陰始が、人々が勝手に削いだ意欲が陰始に流れつくという形で移動することによって気分良く過ごせているという、間抜けな状態になっていると教えていただいた時も衝撃的でしたが、不可能なことに懸命に取り組んでいる陰始も間抜けだなと、ちょっとお茶目な存在に思えてしまいました。

    陰始もいつかは気づく時が来るのでしょうか?

    「全体性を知ってほしい理由」で返信していただき、有難うございます。
    無理に理解を進めようとせずに、「ありのまま」を意識しながらその時点で理解できることを一つ一つ積み重ねていく感覚でいきたいと思います。

    今後もよろしくお願いします。