メモ 基本的な考え方

8月に入って早々、気象庁の誤検知で「東京で震度7(M9.1)」を速報で流したようですが、全国の予想震度分布図をみると広範囲に影響が起こるであろうことがわかります。

 

雷による誤検知だったようですが、改めて気が引き締まる感じがします。

 

雲を見上げると、夏という感じがしますね。

 

 

 

おかげさまで体調もだいぶよくなりました。

 

休み中に整理していた内容の一部を掲載しておきます。

 

 

 

以前宇宙全史で書かれていたことを思い出しました。

 

「全てはエネルギー」

 

なにか問題があるとすれば、そのエネルギーの歪みが原因であると考えられます。

 

本来の姿や正しい状態などを知ることで、歪みを歪みとしてわかるようになります。

 

そうすることで歪みをとるための正しい方向性がわかるため、まず何事においても「より正しいものごと(エネルギーの状態)」を知るように努めることが大事になります。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    神田征二朗 (月曜日, 01 8月 2016 23:31)

    ドンファンがカスタネダに、「お前は本当の充足を知らない」と言った一節を思い出しました。

    知ることでまた、変わるのでしょうね。

    知るためのエネルギーをためることこそ、今、大事なのでしょうね。

    まだまだ出来ていないと感じるので、気を引き締めていきます。

    記事、ありがとうございます。

    世界人類が平和でありますように

  • #2

    だい (火曜日, 02 8月 2016 00:47)

    神田さん

    正しいもの、ではなく、より正しいもの、としたのは、私たちがエゴだからです。
    不完全ゆえすべてを理解することはできません。
    ですから、エネルギーが無いなら無いなりに、知ろうとすることが大事になります。

    条件が揃わないとできない、という考え方が今の私たちには根深く浸透してしまっていますが、今ある中でベストを尽くす、がこれからの混乱期に身につけておくといい考え方だと思います。
    体調が万全でなくても、環境が整っていなくとも、思うようにいっていなくても、トラブルや不幸に見舞われたとしても、あきらめずに自分の方向性を限られた時間でどう一歩でも前へ進めるのか。
    全体性を知り、存在を否定しない考え方により、私たちはそうした生き方ができるようになっていくのだと改めてわかってきました。

    エネルギーが無いなりに知ろうとすることは、より正しい、にはあまりに頼りない理解しか得られないと思うかもしれませんが、身の丈にあった取り組みとはそういうものですし、だからこそ軌道修正をすることによってよりよくしていくこともできるわけです。
    実践のなかでそれを掴んでいくことが大事になります。
    がんばってください。