雑記とお休みの御案内

 

一つの課題ですが、今後人からエネルギーを奪わないで、地球のレベルアップに合わせて自分たちも成長していけるかどうか。

 

 

 

波動が上がる、というのはなかなか実感として分かるものではないかもしれませんが、理屈からいうとカルマを増やせば重くなるわけですし、地球の波動が上がって精妙になると、自分がそのままであれば自分の波動は地球に比べて以前より粗く重いものになります。

 

つまり、動きづらい、生きづらい、思うようにいかない、ということですから、そうなればカルマの解消もより一層困難になります。

 

 

 

「まあまあ嫌なこと」が「とても嫌なこと」と感じるようになる、そんな感じです。

 

 

 

そこで「やってはいけない」「ダメなものはダメ」とエゴをキチンとコントロールできていないと、ツライ状況を自分以外のせいにして、自覚がないままカルマを溜め込むようなことをさらに積み重ねるかもしれません。

 

そうしたエゴのコントロールは、基本は自身のエゴの歪みを減らす、ということです。

 

 

 

夏至の頃の覚醒の一瞥体験を通して、存在するものはすべてあっていい、と思えました。

 

否定的な思いは「それを無くしてしまいたい」ということにもなりますが、私の体験を前提に考えると、それはあっていいものを無くそうとする歪んだ考えともいえます。

 

ですから、よりよく生きるために歪みを解消するのであれば、自身の歪んだ考えが対象となり、そうした考え方から見えてくる未来の人のあり方というものもあります。

 

 

 

話を戻して、カルマを自覚の無いまま増やしていけばどんどん悪循環に入り、背負いきれない負荷を四つん這いになりながら背負って生きていく、そんな感じがします。

 

しかし、自分のエゴの歪みや具体的な自分なりの不幸の望み方を穏やかな今のうちに把握できていれば、とっさの時にも対処ができます。

 

一度に考えられることは一つだけですから、歪みの少ない考え方や幸せを願う方向性を出していくこと(エゴのコントロール)で、そうした歪んだ思いの優先順位を下げ、消えていく姿にすればいいわけです。

 

 

 

自分を見つめることをおざなりにし「なんとかなる」と高をくくっていても、いざ混乱が始まった時には冷静に対処することは大変ですし、具体的なエゴの歪みを知らないということは、無意識に歪みが暴走することを許すことでもあり、カルマを増やす方向性に勝手に進んでいるかもしれません。

 

「まんべんなく揺らす」という言葉が何度かここ半年くらいに浮かびました。

 

最初は大地の揺れと思っていましたが、最近は「人の心なんだろうな」と感じています。

 

 

 

自分のエゴを見つめる、歪みに気づいた時の対処の仕方、そうした取り組みが結果として自分を成長させてくれる方法でもあるわけですから、なるべく早めに取り組まれるといいと思います。

 

日常生活の中での取り組みですから、地道なもので、他愛のないような些細なことも取っ掛かりとして目の前にあるかもしれません。

 

それにきちんと向き合えれば、前回のブログにも書いたように、その積み重ねは更なる成長へと繋がるでしょうし、おろそかにすれば、また違う方向性を選んだことになります。

 

 

 

気づいたところで軌道修正すればいいだけなのですが、それでも負荷が出来るだけ少ない段階でそれをしていかないと、やはり軌道修正することすら大変になるのではないかと思います。

 

最近思っていたことを簡単にまとめてみました。

 

 

 

明日から来週火曜日までお休みいたします。

 

10日(水)から再開いたします。

 

休業期間中のご予約・お問合せ等は、メールでのみ対応させていただきます。

 

よろしくお願いいたします。