伝 108

どんな境涯にあるとしても

因果応報の仕組みは等しく働く



そこに特別なものを持ち込む理由は一切存在しない



だから私たちは平等なのだ



平等だから繋がるのだ

繋がるから働くのだ

働くから返ってくるのだ

返ってくるから自らを知るのだ



自らが自らを見上げることなく

自らが自らを見下ろすことなく

対等にあることで

私たちは等しく幸せになれるということを

いまこの時から

気づいていくのだ



それがいま気づくべき時にあるということ



ここを逃したならば

幾転生繰り返したとて

遥かに悠久の時をさまようことなしには

到底到達できないであろう境涯を

逃すに等しいのである



我々は幸せになるために生を授かっている



もっと素直になっていいのだ



幸せでありますように

そう願えたとき

あなたが幸せであれたなら

それでいいのだ