雑記

先週は濃い時間を過ごしていたようで、休日は家族とボーっとしながら過ごしていました。

 

特になにか浮かぶわけでもなく、休むべき時は休むと決めて休んだせいか、メリハリの利いた時間です。

 

 

 

今日いらしてくださった方も、御自身で一つ気づきを得て帰られました。

 

変化を実感しながら取り組めることは、本当にありがたいことです。

 

 

 

先週知人の訃報をうけ、今日は気がつけば感受性について考えていました。

 

覚醒体験をしたときに私が感じた中で印象的なのは、感受性の高まりでした。

 

日常生活はなにも変わらないのに、自分が変わるだけでこうも変わるものか、という驚きがあります。

 

その状態では、特別なものを求めなくても日常生活を普通に生きられているだけで幸せに感じられますし、誰かをあてにすることもなく、自分の生きたいように生きられます。

 

人と比較することもなく自分に自信をもっているので、互いの自由を認められます。

 

劣等感から生じる特別視もないため、平常心を保つことができます。

 

 

 

日常生活における感受性の高まりを体験できると、生きることが楽になりますね。

 

 

 

そういえば、方向性という言葉がわかりづらい、というお話がいらした方からありました。

 

前も書いたかもしれませんが、「自分はこうしたい」「こう生きたい」「こういうことを目指す」というものを方向性とお考え下さい。

 

 

 

まとまりなく書いていますので、今日はここまでで終わらせておきます。