ありのまま、について

ありのままが見えていないということは、歪めて見ているということです。

 

 

 

(エゴの私たちの状態です。)

 

 

 

ありのままを否定して、間違ったものの見方が正しいと信じている状態、それがまちがった思いこみです。

 

 

 

そこに気づくことで、自分をよりよくしていくことができます。

 

 

 

 

 

間違った物の見方を正し、否定を減らすことで、少しずつありのままに捉えられるようになっていき、全肯定に近づきます。

 

 

 

間違った思い込みをより正しく変えない限り、ありのままが見れるようにはなっていきません。

 

 

 

より「ありのまま」がわかるようになると、言葉はシンプルになり、短い言葉で余計な説明も必要なく、相手に真意が伝わるようになっていくようです。

 

 

 

ひろかねさんと話していて、感じることです。

 

 

 

 

 

きちんと話をされたとしても、受けての思い込みもあるので、すべてを正しく理解はできませんが、そうした言葉には力があるので、なんとなくでも良い悪いがわかるのではないでしょうか。

 

 

 

なんとなくもわからないのであれば、考えが足りないか、相当つよい思い込みがあるということになります。

 

 

 

 

 

力のある言葉を聞くと「わかった気になりやすい」という面もありますので、実践できるようになるまでは謙虚に学ぶ姿勢が大事になります。

 

 

 

実践できて結果が伴うようになったら、自信をもって生きればいいのです。

 

 

 

実際できるようになっているのに、謙虚なつもりで「いや、まだまだ」というよりは、できることをできると素直に認めること、そこにはウソがありませんので、その方がありのままです。

 

 

 

 

 

写真は、私の父の二科展での作品です。