BBSについて思うこと ⑦

BBSでのひろかねさんの投稿が201612月に初めて掲載されて、年が明けた頃だったでしょうか、五井先生の名前がBBSに出てこなくなった時期がありました。

 

 

 

ひろかねさんの投稿の中に、五井先生と同じ考えであることが書かれていたことに対して、なんらかの拒否反応がでていたのかもしれません。

 

 

 

このとき、私の上位意識からは

 

 

 

「次に五井先生(の名前)が出てくる時は、もっと上から(五井先生を)利用するように書いてくるよ」

 

 

 

と言われていました。

 

 

 

その後ほどなくして、BBS2017/2/4 No.3338が掲載されました。

 

 

 

その中の回答が、このことにあたります。

 

 

 

 

 

濁して書いていますが、ひろかねさんが書いているように、「自分が一番」というエゴ肥大した結果が、ここには表れていると感じました。

 

 

 

「遊撃手」にあやかるというのか、自分の本体であるということを理由に、それを利用していることを感じます。

 

 

 

また、さらに前の2016.11.26.No.3227の回答では、地球人類がどうにもならなくなっている、ということに対して、「彼ら自身が」という書き方をしています。

 

 

 

エゴの私たちにとって、本体が遊撃手や名のある神さまであろうとなんであろうと、やっていることや言っていることがおかしければ、まったく意味をなしませんし、結果が出ていなければ取り組みの正しさも実証もされていないことになります。

 

 

 

実証されていないのであれば、なにを引き合いにだしても大して意味はありません。

 

 

 

判断をしないで生きていると、こうしたことに価値があるかのように思えて、信じる根拠にしてしまいます。

 

 

 

「※※の神さまがついている」「※※※の生まれ変わり」というのも、結果が出なければ同じことです。

 

 

 

結果がでるまでは、判断のつかないそうしたところよりは、実際に確認のとれる現在の取り組みなど、「なにを」に目を向けることが大事になります。

 

 

 

 

 

地球人類というくくりにおいて、エゴ主体で生きている以上は他の人たちと変わりません。

 

 

 

自分をかやの外に置く理由はありませんので、こうした何気なく思えるところに、思い込みは顔をだします。

 

 

 

個性や能力の差はあってもエゴはエゴであり、覚醒したとしても因果応報は平等に働くので、自分を特別扱いする理由はないと私は思っています。