BBSについて思うこと ⑩

宇宙全史求聞持法について。

 

 

 

記憶が不確かなので調べてみると、最初に求聞持法について触れたのが、BBS2016/1/7 No.311だったようです。

 

 

 

BBS2016/1/7 No.311

 

 

 

『この「宇宙全史求聞持法」は、今の私たちの生活に合うように少し簡略化されていますが、その効果は中々のもののようです(まだやっていないので分かりませんが)。』

 

 

 

『空海の求聞持法は、精神といいますかスピリチュアルな面に強く作用するものですが、この「宇宙全史求聞持法」は、肉体にダイレクトに作用します。

 

 

 

特殊な真言を100万遍唱えるというシステムは虚空蔵求聞持法と同じです。

 

 

 

果たしてどうなってしまうのかお楽しみに』

 

 

 

 

 

BBS2016/1/12 No.312では、

 

 

 

私はすでにその修法に入っています。

 

 

 

入ってからわかったのですが、100万回の成就まで待たずに、すでにその効果が現れて来ています。

 

 

 

私自身はもちろん、私の周囲の人たちから、非公開権利者、このBBSで真剣に学んでいらっしゃる方たちへと、その効果は波及しているはずです。

 

 

 

驚きました。

 

 

 

こんなに即効性のあるものとは思ってもいなかったので、始まったばかりですが、何とか最後までがんばりたいと思います。』

  

 

 

 

 

BBS2016/1/29 No.313

 

 

 

『あと一週間です

 

 

 

果たしてどうなってしまうのでしょうか

 

 

 

おそるべし宇宙全史求聞持法』

 

 

 

 

 

100万回やるにはどれくらいかかるのかを、このとき計算してみました。

 

 

 

世界平和の祈りをできるだけ早口でやってみたところ、約6秒でした。

 

 

 

それをもとに計算してみると、

 

 

 

1分で10

 

 

 

1時間で600

 

 

 

10時間で6千回

 

 

 

100時間で6万回

 

 

 

1000時間で60万回

 

 

 

1500時間で90万回

 

 

 

・約1670時間で100万回くらい

 

 

 

ということになりました。

 

 

 

118時間使えば約93日、仕事もあり、実際あてられる時間が4時間ほどだとしたら、約418日です。

 

 

 

 

 

求聞持法の文言を知りませんが、「どう考えても、1月に始めて2月の節分に間に合わないよな、これは」と考えていました。

 

 

 

とりあえず、完全覚醒という結果は出ていませんし、求聞持法の取り組みについてその後どうされているのかも触れられていないのでわかりません。

 

 

 

しかし、できないことをできる気になるのは、自分に対する特別視があるからです。

 

 

 

完全覚醒を前にして、まだなお「慢心」というエゴがあった、ということです。

 

 

 

 

 

ひろかねさんが覚醒体験をされたときは、その翌日に私に電話をくださり、一つ一つ私の神さまに確認をとり、納得するまで質問をされていました。

 

 

 

また、小妹さんの漫画にも描かれていますが、「同じエゴなんだから、自分にできたら誰でもできる」という考えは今でも一貫している方です。

 

 

 

はっきりものをいいますが、きちんと理屈で説明できる筋の通った方であり、慢心があると私がひろかねさんに感じたことはありません。

 

 

 

しかし、その覚醒体験時の様子をBBSでは、「その瞬間『慢心』というエゴにとらわれ」と書いています。

  

 

 

BBS2016/12/11 No.3244の回答、

 

 

 

『あなたは実際にマニピュラチャクラ(太陽神経叢の辺りにあります)が一時期開いています。

 

 

 

しかしその瞬間「慢心」というエゴにとらわれ

 

 

 

「自分は違うんだ」

 

 

 

というエゴがチャクラの開花を止めてしまっています。

 

 

 

その「自分は特別な存在」「人とは違う選ばれた人間」という驕りがその領域に道筋をつけてしまったのです。

 

 

 

と書いていますが、上位意識がいうには、これは虚空蔵さんご自身の節分のときのことのようです。

 

 

  

また、ひろかねさんの過去世として書かれていることについては、ひろかねさんご本人と重なる感じがまったくせず、エゴで勝手につくった話であると私は考えています。

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    共有の心 (日曜日, 15 10月 2017 08:47)

    施術では何度も伺い、お話しを聞かせていただいております。
    今般、小妹いもこさんの漫画を読む機会を得まして、考え方を整理するのに役立ちました。
    質問です。
    全肯定は、他者に直接関われる個の世界では実践することに違和感がないのですが、集団の単位が大きくなるに従って迷いが生じます。例えば、分かりやすい話に置き換えますと、日本国民として北朝鮮の存在はともかく、専制的な指導者の「他者の幸せを阻害する言動」をどのように肯定的に考えればよろしいのでしょうか。

  • #2

    だい (月曜日, 16 10月 2017 21:08)

    共有の心さん

    コメントをいただき、ありがとうございます。
    返信が遅くなり、失礼いたしました。

    小妹さんの漫画を読んでくださり、ありがとうございました。
    今後の新作も楽しみですね。



    ご質問についてです。

    都合で見ないようにして、
    「そういう考え方もあるよね」
    と考えられれば、肯定的な見方になっていきます。

    例えば、
    「この人はこういうことを言ってはいけない」
    という思いこみがあれば、
    「この人だったら、こういうことも言うよね」
    と考え方を変えることにより、より偏りを減らして相手を見ることができます。
    さらに、思い込みが減ってエゴの不完全さがわかってくるにつれ、
    「この人に限らず、エゴだとそういうこともあるよね」
    と、それまで許せなかったことも、徐々に認められるようになり、より相手のことが正確にわかるため、よりよい問題解決や対処方法を考えられようにもなります。

    全肯定の「肯定」は「ありのままを認める」ことで、「否定」は「ありのままを認められていない」ということです。

    より、ありのままがわかるようになることは、否定が減っていくことです。
    ですので、歪めて見ているところ、つまり「否定」を減らすことで、肯定になっていきます。



    また、この場合の「幸せを阻害している」は、エゴでは正しい判断ができません。
    「カルマが返ってきただけ」
    「上位意識が私たちを成長させるための負荷としてかけている」
    ということも考えられるからです。
    ここは判断のつかないことを決めつけているため、思い込みですね。

    より全体を見て何を選ぶか決めることができれば、より正しい判断が可能となり、より自由な生き方になっていきます。
    そのため、エゴの私たちよりそれがわかる上位意識との繋がりを通して、よりよい選択をできるようにしていくといいのです。



    迷いが生じると書かれていましたが、私たちはエゴなので、関わる対象が大きなものになるほど、影響を受けやすくなります。
    ついぶれることもありますが、そういう時には、自分の出している方向性を考えます。
    例えば、
    「自分が幸せになるためにどうしたらいいか」
    を考えて、
    「自分のことだけを考えていても幸せになれない」
    とわかれば、自分の幸せを考えつつ他者のことも考えられるようになり、方向性にあった結果をだして自信にしていけば、迷いも減っていきます。