春の訪れ

月曜日の夜だったでしょうか、最近ではやや暖かな日でしたが、帰るころには雨が降り始めていました。

 

私が住んでいるところは、「はじめ」からバイクで15分程度の閑静な住宅地で、近隣ではタヌキやハクビシン、キツツキなどがいるようなところです。

 

毎年見かける光景ですが、今年もヒキガエルがどこからともなく何匹か現れて、道路を横断していました。

 

また、休みの日に出かけた先でも、カエルの卵をたくさん見かけました。

 

寒暖差があるものの、春が近づいている感じがします。

 

 

 

・ある患者さんとお話して

 

先日、ある患者さんかいらした時に、ご自身が不遇な目にあわれたことを私に話していた際、

 

「こんなにも自分を犠牲にしてきたのに・・・」

 

と、一言おっしゃいました。


自分を犠牲にして生きてきた結果、自分が犠牲になるような事態をむかえたのでした。


その後、ご自身の生き方を改めることができてきており、いまはそうした苦しさは和らいできているようです。


 

因果応報についていろいろ書いてきましたが、シンプルに自分のやったことがそのままわかりやすく表れているケースでした。


 

因果応報という言葉自体はその方自身、親御さんからも昔から何度も言われて育ったそうです。

 

しかし、その実際の意味がわかっていなかったり、思い込みでものごとを判断していると、それをうまく活かすことができません。

 

 

 

全肯定のお話に限りませんが、思い込みをまずとらないことには、話を自分に都合よく曲解してしまい、正しく理解できなくなってしまいます。

 

「はじめ」でお伝えしている全肯定のお話の知識は入っていても、結局わかっているつもりになって止まっているというのは、自身の思い込みに気づいていないからなのです。

 

そうした自分でなかなか気づけない思い込みを、神伝式施術では気づきやすくしていきます。

 

エゴを薄くする、エネルギーをためる、平常心を保つ、素直に生きる、幸せに生きる、こうしたことのどれをとっても、思い込みを外していくことでできるようになっていくことです。

 

体の不調一つとっても、考え方を変えるだけで気もちの負担が軽減し、ストレスが減ることで楽になります。

 

ただ体を休めるだけだったり、施術で改善させても、考え方を変えないことには、形をかえて同じようなことを繰り返してしまいます。

 

静かに施術を受けたい方もいらっしゃいますので、あまりそうしたお話をしないことももありますが、興味があればお気軽におたずねください。