土のうステーション

先月末の豪雨の際、当院も若干浸水被害を被りました。

 

翌日、区の土木課に電話して店の前の排水溝に溜まった土砂を片付けてもらうよう依頼していたのですが、その後連絡もなく、片付く様子もなかったので再度電話してみました。

 

すると、確認には行けるものの、実際の作業は業者に委託するため、10月~11月になる予定だそうです。

 

世田谷区の他の地域でも被害がけっこう出ていたようで、しばらく待たなくてはいけません。

 

そのため、できることを先にしておこうと思い、先ほど上野毛にある土のうステーションに出かけ、いくつか土のうをわけてもらってきました。

 

ここ何日かもゲリラ豪雨が何度かあり、いつ水害にあうかわかりません。

 

無料で土のうをわけてもらえるので、浸水被害などが心配な方は、早めに用意しておくといいのではないでしょうか。

 

他の地域ではわかりませんが、世田谷区ではこうしたサービスがあり、現在土のうが足りなくなっている地域もあるとのことでした。

 

実際に使うかどうかわかりませんが、余裕があるうちに備えておくと助かるものだと思います。

 

ちなみに、このあたりの排水溝などは、1時間あたり50ミリまでの降雨に対して造られているのだとか。

 

先月末の雨が111ミリだったそうで、同じような雨が降ると掃除したくらいでは追いつきません。

 

しかし、そこまでではなくても豪雨はありますので、浸水してから後悔するのもいやなので、できることはやっておきたいですね。

 

 

 

本日は急な仕事の打ち合わせがあり、いつもより早く閉めることになりました。

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

明日と明後日はまだお時間ありますので、お問い合わせをお待ちいたしております。

 

 

 

写真は子どもたちと妻が一緒につくったパンの写真です。