過労の患者さん

今日は土曜日ということもあり、いらしてくださった方の中には、平日なかなか来られない方もいました。

 

仕事が忙しいため帰りが遅いことが、主な理由になります。

 

ご本人にはくたびれている自覚があるものの、忙しさややることの多さに時間を費やしているようで、ご来院までに時間があいてしまっていました。

 

施術をしていると、久しぶりに「過労」という言葉が何度も頭に浮かびました。

 

 

 

 

 

 

以前勤めていた治療院では勤務時間帯が遅かったこともあり、残業の帰りにマッサージを受けにきて、開始5分ほどでいびきをかいて寝始めてしまうような方もいて、過労を感じる方がすくなくありませんでした。

 

ふだんの疲れは、睡眠や食事、運動に入浴、好きなことをやった、のんびり過ごしたり、人それぞれの生活の中での解消法があります。

 

しかし、仕事が忙しい時期などはそうもいってられない、という方もいますので、いまががんばりどころといって期間限定で無理をすることもあります。

 

ただ、そういう時期もそうですが、そうした時期が過ぎた後も、寝ても疲れが抜けないどころか、夜中に目が覚めて寝た気がしないとか、寝起きが疲れている、そんな話を聞くことがあります。

 

そういうケースでは、体がけっこうかたくなっており、「鍛えたんですか?」と言いたくなるような筋肉が硬く緩みづらい状態の方もいたりします。

 

せっかくの休日ですから、効率的に体を休められれば、その後の一週間が変わってきます。

 

土日休みという方であれば、土曜にマッサージを受けて、日曜に体力を回復させてリフレッシュした状態で月曜から仕事を始められると、能率も上がるでしょうし、気分がずいぶん違うはずです。

 

体調を崩したことがあるとわかると思いますが、崩すまではけっこう無理がききます。

 

しかし、一度くずしてしまうと、そこから元のようにもどすことは簡単ではありません。

 

「あまりため込む前にいらしてくれればいいんだけど・・・」、そう思う施術者は私の周りでもけっこういました。

 

GWに仕事が休みになる方も多いと思いますが、普段忙しくてゆっくりできないから家でゆっくり過ごしたい、そう考えているような方は、思っている以上に体がくたびれているかもしれません。

 

マッサージを受けたくても平日は忙しくて行けないという方、時間に余裕がもてるこうした機会を利用して、体のケアに時間をあててはいかがでしょうか。

 

GWに限らず、来週以降のご予約は随時受け付けております。

 

ご希望の方は、空き状況をトップページでご確認いただき、メールにてご連絡ください。

 

営業時間内であれば、電話で対応できることもあります。

 

最近、出張施術が少し増えてきている関係で、不在の場合があります。

 

お電話いただいても出ないときは、メールでご連絡いただければより早く対応ができることもりますので、お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

 

写真は息子が学校で作ったパチンコのようなものでしょうか。

 

家に置いてありました。