一緒に登校・登園

以前は息子が登校するときに、一緒に学校近くまで歩いて送ることをしていました。

 

 

 

息子も大きくなり、最近は一人で登校するようになっていました。

 

 

 

しかし、登戸のことや天安門事件の報道などを目にして、息子自身がすこし不安になっていたため、改めて一緒に登校に付き添うようにしています。

 

 

すると、来年小学校に通う予定の娘も一緒に行きたいと言い出し、保育園と方向は違うのですが、息子と一緒に学校近くまで歩いた後、保育園まで娘も一緒に歩いて登校と登園をするようになりました。

 

 

 

時間にして1時間前後、朝から歩くようになり、健康的な生活になってきました。

 

 

 

梅雨時で涼しい時もありますが、日差しが強い時もあるため、けっこう汗をかきます。

 

 

 

妻はこの機会を逃してなるものか、という感じで、「私はいろいろやらなきゃいけないから忙しいのよ!!」という雰囲気をどんどんだすようになり、子供の送り担当が私に定着するよう懸命です。

 

 

 

仕事で帰りが遅くなることがしょっちゅうなので、私としても子供と過ごすいい時間になっていることから、多少疲れはしますが、けっこう楽しみながら歩いています。

 

 

 

コースが変わると見つけるものも変わり、リスやウシガエルに大きなモズクガニやザリガニなど、普段気づかない生き物を子供と一緒に見つけて楽しんでいます。

 

 

 

今朝は娘と歩いているとき、あまり普段意識していなかったのですが、ニコっとほほえんでみました。

 

 

 

すると、一呼吸おいてから、娘もすごくうれしそうに満面の笑みで駆け寄ってきました。

 

 

 

そのことで、大事な人に対して大事ということを相手にわかりやすく伝える、そのことの大切さを改めて思いました。

 

 

 

大事な人とのコミュニケーションのとき、惰性やおざなりにした態度で接することは、大事にしている態度でありません。

 

 

 

本音で生きたい、ということをいう方がいますが、態度に本音はでています。

 

 

 

そうしたことを繰り返す毎日は、それが返ってくる毎日になっていきます。

 

 

 

自分のやることに気づいて変えていける、そうすることで自分が気分よく生きられるようになっていく。

 

 

 

私たちは、自分をよくする力を備えています。

 

 

 

なにかに頼らなくても、自分を信じて行動することで、運命をよくしていける力をもっています。

 

 

 

特別なことでもなく、特別な誰かでもなく、それはみなが等しく備えたものです。

 

 

 

みながそれをやっていくことで、個々で取り組むことで、個々の集合である全体もよくなっていきます。

 

 

 

自分の幸せのために自分を生きることで、全体も変わっていくのです。

 

 

 

 

 

明日は最後の時間帯で一件空きがございます。

 

 

 

土曜日はまだ空き時間がたっぷりありますので、ご検討中の方はお早めにご連絡をいただければ、ご希望の時間でご予約をおとりできます。

 

 

 

 

 

写真は以前掲載したものと同じような絵ですが、今回は息子がTシャツに描きました。

 

 

 

今朝はそれを着て学校に行きました。

 

 

 

袖の「野鳥」の文字も含め、けっこう気に入っている自信作みたいです。