中秋の名月

今日は中秋の名月でお月見の日です。

 

 

 

はじめの外で空を見上げたのですが、あいにくの曇り空でした。

 

 

 

明日が満月なので、このわずかな違いに佳さを感じる感受性が、お月見を楽しむ一つの要素なのでしょう。

 

 

 

月の文字が書かれていたので、父親の作品を久しぶりに載せておきます。

 

 

 

私の父曰く、孫の影響を受けているそうで、ただ字を書くだけでなく、新しい試みをすることも増えたのだとか。

 

 

 

この作品の下部は、野草の猫じゃらし?を束ねて筆にして草を描いたのだそうです。

 

 

 

楽しんで作品制作ができているようなので、心底納得がいく作品がいつかできることを願っています。

 

 

 

 

 

災害関連の報道を見ていると、千葉は長引きそうですね。

 

 

 

被災した他の地域も大変だと思います。

 

 

 

今後、台風が上陸しなくても、激しい雨やまとまった量の雨が降ることが最近では珍しくないため、雨雲の動きなどに対して注意が必要だと思います。

 

 

 

ゲリラ豪雨はともかく、地震と違って台風や熱帯低気圧に前線の動きは、事前予想から備えられる場合があります。

 

 

 

台風に発達しないと積極的に報道されないため、自分から情報に目を向けることも鳴れておいた方がいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

明日は、昼から夕方にかけての時間帯で、空きがございます。

 

 

 

来週16日(月)敬老も、営業いたします。

 

 

 

ご予約のお問い合わせをお待ちいたしております。