ブログを書くことについて、なんとなくの振り返り

今日は、約1年ぶりにいらしてくださった方がいました。

 

 

 

その方の初診は、開業後まもなくでしたが、もうじき開業して丸5年、多くの方にいらしていただいて、ここまで続けてこれたことを感じています。

 

 

 

いらしてくださる方の中には、マッサージだけでなく、全肯定についてお話を聞きに通ってくださっている方もいます。

 

 

 

全肯定については、理解に時間がかかることなので、ブログでも学んでいただけるように続けてきました。

 

 

 

現在は「全肯定への道」というブログで、そうしたことを書くようにしていますが、こちらのはじめのブログでも、なにか役にたてばとおもって、書くこともしてきました。

 

 

 

生きやすい考え方を身に着けてもらいたい、ということは私の取り組みのベースとなっています。

 

 

 

私自身が全肯定を理解する過程にあるので、取り組みの途中です。

 

 

 

その取り組みの一環でもあるこのブログを書き続けてきたことで、自身の理解の助けとなったことはかなりあります。

 

 

 

ひろかねさんから教えていただいたことを、いまのレベルなりでいいからなるべく歪めずに伝えよう、そう思って書いてきたことで、カメの歩みですが着実に成長は続けている自負もあります。

 

 

 

ひろかねさんがいらしてくれた最初の時、成長することに目を向けることを話してくださいました。

 

 

 

そのことが自分に目を向ける機会を増やし、自信のもととなり、意欲を引き出すことになっていく、そう実感しながら今過ごしています。

 

 

 

今後も自ら成長しながら、なるべく自分の言葉で話をするよう、いまは取り組むようになってきました。

 

 

 

そうした取り組み全般に対しての印象は、やり慣れないことをやってきた、です。

 

 

 

そう実感が持てるようになってきたのは最近のことで、それまではただただ必死でした。

 

 

 

自分の都合で偏りを正当化してきたことが多く、まともに考えることしていなかったので、やり慣れていないことは当たり前なんだ、と気づいたこともありました。

 

 

 

代わり映えのしない内容だな、稚拙な文章だな、などと思いながら書くこともありますが、そのときできる精いっぱいをやってきたので、続けてよかったと思っています。

 

 

 

今後も気づいたことなど交えながら、ブログを書いていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

来週は比較的ご予約が入っているのですが、今週はけっこう空いています。

 

 

 

ブログを書く機会にもできますが、本業をやりながらのセカンドワークですので、ご予約のご連絡を待ちながら、ブログの内容も考えつつ過ごしていく予定です。

 

 

 

お問い合わせをお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

写真は、娘が描いた「へびさんと虫さん」です。

 

 

 

「うつぼにも見えるよね」と本人談。