帰省してきました

息子の絵 構想中の龍
息子の絵 構想中の龍

 

先週末、帰省してきました。

 

 

 

都内はあいにくの雨でしたが、山梨に入るころには雨も上がり始め、山梨の盆地を見下ろすところでは、霧なのかガスなのかわかりませんが、巨大な湖があるかのような光景に、家族そろって「きれいだね~」と話ながらのドライブとなりました。

 

 

 

中央道で山梨を抜けて長野に入るあたりから雲間から太陽がのぞきはじめ、山々のきれいな紅葉を横目に見ながら、岐阜県へと入っていきました。

 

 

 

夜には根ノ上高原というところに出かけて、世田谷では見ることのない星空を見た後、息子がどうしても絵を描きたいというので、夜8時頃から父親のアトリエで大作に取り掛かることになります。

 

 

 

なにを描くのか知らなかったので、2時間くらいで終わるだろうと思っていたのですが、いざ描くときになって聞いてみると、「龍」と一言。

 

 

 

鉛筆で描いた時に時間がかかったものを、今回は墨で大きな紙に描きたかったのだそうです。

 

 

 

終わったのは深夜0時過ぎ、およそ縦100センチ、横140センチの和紙いっぱいに描いた龍は、裏打ちやパネルに貼る作業の関係で今回は間に合わず、年明けにお店に飾ることになりそうです。

 

 

 

今回は本人も迷うことが多く、私の父のアドバイスやサポートの他に、私にも何度も聞いてきたため、アドバイスやアイデアも出し合いながら仕上げることができました。

 

 

 

初めての本格的な水墨画でしたが、いままで描いた中で最高の出来でした。

 

 

 

「イノシシ」を越える迫力なので、年明けにご来院くださる際に、楽しみしていてください。

 

 

 

 

 

今週で11月も終わります。

 

 

 

12月も近づき、最近寒さが厳しくなってきたせいか、足が冷えてのぼせ気味になり、頭や首肩のつらさを感じてご来院くださる方が増えています。

 

 

 

自覚なく過ごしていても、湯船につかると足が冷えていることを実感しやすいため、そうした時には、よく温まってか湯船から出るようにするといいでしょう。

 

 

 

先日いらした方は、肩の動作時痛でご来院くださいましたが、最終的に改善につながったのは、冷えが原因と思われる足首から土踏まずにかけての筋肉の緊張を緩めることでした。

 

 

 

体の不調でイライラしたりぐったりしていると、思わぬミスやトラブルにつながることもあります。

 

 

 

体調管理に気を付けていただき、すっきりしないときには、マッサージも効果があるかもしれませんので、迷ったときにはお気軽にお問合せいただき、お尋ねいただければと思います。

 

 

 

 

 

写真は、構想中に描いたイメージ図です。