岐路に立つ人たち

墨と筆で龍を描く息子
墨と筆で龍を描く息子

現在、小妹さんがエゴについて、「吾輩は『エゴ』である」というタイトルで、ご自身のブログで書いてくれています。

 

 

 

まだ3回ほどの更新ですが、内容がとてもわかりやすく、エゴについてこれまで考えてきた方たちにとっても、新たな気づきや理解が深まる内容になっていると感じました。

 

 

 

内容がしっかりしており、いつものイラストやこれまでの漫画と違う、いい緊張感が伝わってきます。

 

 

 

集中して描けているのでしょうね。

 

 

 

有料で掲載していますが、お金を払ってよむだけの価値は十分ありますので、こちらで学んでくださっている方の中で少しでも興味があれば、是非一度読んでみてください。

 

 

 

日々の取り組み方に対しても、見落としていたことに気づける可能性が高いです。

 

 

 

精神世界でいわれているエゴについて、「思い込み」という言葉を使って、実践しやすい考え方、区分け、そうしたことをわかりやすく解説してくれています。

 

 

 

あと、実際に読まれた方は、ぜひ「いいね」ボタンをクリックしてあげてください。

 

 

 

書く際の励みになるものですし、彼女がいま集中して書くことによって降ろされてくる内容も、そうした後押しによって変わってくるようです。

 

 

 

集中が高まり、より本質に近い内容を受け取れるようになることで、読む側にとってもより役立つ内容を、彼女がインスピレーションとしてキャッチして漫画にしてくれます。

 

 

 

応援お願いします。

 

 

 

 

 

明日で今週も終わります。

 

 

 

来週から年末にかけて、ご予約をいただくことが増えてきました。

 

 

 

新規でご来院の方へのキャンペーンも年内で終了予定です。

 

 

 

この機会にぜひ一度ご来院ください。

 

 

 

 

 

今月新規でいらしてくださっている方たちを見ていると、運命の岐路に立っている、そんな方が多いです。

 

 

 

全体としても大きな岐路に向かっている感じがしています。

 

 

 

極端にきこえるかもしれませんが、何気ない選択が運命の分かれ道となり、場合によっては命とりとなるようなこともあると思います。

 

 

 

責任を取りたくない、そういう生き方をしている方は世の中にかなりいます。

 

 

 

自分の運命を人任せにすれば、自分の都合ではなく任せた相手や知らない誰かの都合に利用されることもあるのですから、世の中の風潮とまではいいませんが、気づけそうな人たちには、自分で判断できる力をつけていくことが早急に求められていくと思います。

 

 

 

いま目の前のことをおろそかにしないようにしてください。

 

 

 

これから変化が激しくなっていくと、大事な局面に足を踏み入れた時では遅いこともあります。

 

 

 

可能性は常にあっても、それを選び取るだけの力がその人に備わってなければ、無いに等しいのです。

 

 

 

日々の取り組みとは、そうした場面で自分に必要なことを選び取る力を身に着けはぐくむことでもあります。

 

 

 

自身のエゴに向き合うことにより、そうした取り組みは具体的になっていきます。

 

 

 

ひろかねさんから聞いた基本的なエゴについての考え方は、このはじめのブログで書いたり、「全肯定への道」のブログにも書いてきました。

 

 

 

小妹さんは、ここで学んだことや、ひろかねさんから直接聞いたお話をもとに、ご自身がこれまで学んできた様々なことも踏まえて、自身の言葉で漫画に描いてくださっています。

 

 

 

視点を変えたり言葉を変えることで、気づけることも変わります。

 

 

 

「エゴについて学びたい」、そういう思いで読んだ方の無駄にはなりませんので、少しでも自分をよくして自分の幸せを生きられるようにするためにも、彼女の作品に目を通すことをお勧めします。

 

 

         ・小妹さんのブログ