体をやすめること

息子作 冬の木の芽
息子作 冬の木の芽

確定申告の準備やHPを手直ししたり、施術以外にやることがあるため、このところ慌ただしく時間を過ごしています。

 

 

 

なかなかブログを書くことができませんが、時間を作りながら更新していこうと思います。

 

 

 

 

 

先日、思わぬタイミングで、患者さんの訃報を受けることになりました。

 

 

 

お知り合いの方を通して知ったのですが、亡くなった方とそのお知り合いの方が知り合いだということを私は知りませんでしたし、亡くなった方が「はじめ」に通ってくださっていることを、そのお知り合いの方は知りませんでした。

 

 

 

最近いらっしゃらないのでどうされているのか心配していた私に、わざわざご連絡してくださったかのようでした。

 

 

 

 

 

亡くなられたその方は、2ヶ月に一回くらいのペースでご来院くださっていたご近所のやや年配の女性です。

 

 

 

お仕事が忙しく、なかなか時間が取れない中でようやくいらしてくださると、体全体がパンパンに張っているかのような状態で、いつも施術が終わると深く呼吸をしてホッと一息ついたあと、笑顔で帰っていかれる方でした。

 

 

 

後悔なく生涯を終えられたことを願うばかりです。

 

 

 

 

 

改めて思うことですが、根詰めて働くことも時に大事ですが、体を休めることも忘れないようにしてください。

 

 

 

自分が目的をもって生きているのであれば、思うように生きていくためにも体調管理は大事なことです。

 

 

 

食事も気を付けたほうがいいですし、睡眠のとり方、休日の過ごし方、体力を養うための運動習慣、そうしたことはあちこちで昔から言われていることです。

 

 

 

 

 

思うように動けたほうが、思うように動けないよりは気分がいいでしょう。

 

 

 

自分が一番納得がいく生き方ができればいいと思います。

 

 

 

軽い運動でいいので習慣づけていく、食材を折に触れて確認しながら、体にいいものや負担の少ないものがどんなものなのか考えてみる、だらだら夜更かししないで早めに寝るよう切り替える癖をつけようとする、など、自分が納得する取り組みを考えて実行していくことをお勧めします。

 

 

 

マッサージは、体を休めるためにも効果抜群です。

 

 

 

責任をもって一生懸命施術させていただきます。

 

 

 

ご予約、随時受け付けております。

 

 

 

ご不明な点などございましたら、メールかお電話でお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

写真は、息子が学校で描いた「冬の木の芽」です。