マスクの影響?

最近いらっしゃる方たちの体を見ていて感じるのが、「のぼせ」です。

 

暑くなってきたことと、湿気が多いことも関係あると思うのですが、マスクが影響していると私は考えています。

 

暑くて湿気が多い中でマスクをしていると、息苦しさが増します。

 

呼吸が深くできないことで、浅く速い呼吸になるのですが、これは気持ちに余裕がない状態の人の呼吸と同じです。

 

極端に不安になるわけではなくても、余計なことを心配したり、過度に考えすぎるなどして、頭をよく使い、神経も昂ります。

 

結果、呼吸が浅く、のぼせてしまい、足が冷えて自律神経の乱れも生じていきます。

 

足が冷えていると、お腹の調子も芳しくなくなります。

 

夜寝ても深く眠れず疲れがとれない、なんとなく落ち着かずイライラする。

 

すると、ちょっとしたミスが続いたり、周りとぎくしゃくするため、思うようにいかない感覚がつよくなります。

 

そして、心身共に休まらないためご来院、という感じの方が続いていました。

 

マスクをする必要がないところでもマスクをし続けていたり、外に出れば周りがみんなマスク姿なので、なんとなく息が詰まる感じがしないでしょうか。

 

意識して深く息をしようと思っても、なんとなくすっきりしないと思います。

 

一つ考えられる対処は、マスクをする必要がないところではなるべく意識して外し、好きなことややりたいことを時間を決めて夢中になってやってみることです。

 

すると、意識しなくても自分のやりたいように呼吸ができるはずです。

 

この状態が今後も長く続くようだと、夏の盛りの暑い時期や秋冬になってから体調を崩しやすくなるので、早めに体調を整えて、改めて負担の少ない生活習慣を身に着けていただくことが大事ではないでしょうか。

 

マッサージや鍼灸や整体に限らず、音楽や趣味にしっかり時間を割いたり、美味しいものを食べたり、夜景のきれいなところに出かけてみたり、自然豊かな場所でのんびり風に吹かれるなど、自分がホッとできたり落ち着くことで体調を回復させられる場合があります。

 

なんとなく気になったり興味がわくようなことがあれば、ちょっとやってみてはどうでしょう。

 

施術を受けにいらして下されば、上記のことを踏まえて体を整えたり、生活の中での注意点をお話できると思いますので、お疲れの方はぜひいらしてください。

 

スケジュールの空き時間をHPのトップページでご確認いただき、お問い合わせください。

 

当日ご予約が入ることが多いので、できれば前日までにご連絡いただけるといいと思います。

 

 

 

 

写真は、水元公園で撮った「あさざ」です。