7月も残りあと少し

息子が描いたサバ
息子が描いたサバ

今月も残り1週間をきりました。

 

先月半ばから体調がすっきりしない方のご来院が増え、それは今月も継続しています。

 

梅雨がまだ明けず、このままグダグダが続くようだと、不調の訴えがさらに増えそうです。

 

のぼせ気味の方も多く、頭が熱く足が冷えているケースがよくみられます。

 

就寝時、冷凍庫ではなく冷蔵庫で冷やした氷枕で少し頭を冷やしたり、湯舟にゆっくり浸かってお腹と足をよく温めて内臓の負担を減らして元気に活動しやすくすること。

 

また、しっかり汗をかいて気分をリフレッシュさせたり、考えすぎて煮詰まっている頭をリラックスさせるために笑えるようななにかや好きなことや趣味に時間を決めて没頭する、わりきってなにもしないで一日休むようにするなど、体の不調を立て直すことを休日はやってみるといいと思います。

 

晴れた日にゆっくり散歩でもできればいいのですが、いつ梅雨があけるのかわかりません。

 

長引くとおかしくなりやすいので、なんとなく調子がすっきりしない程度の段階で、早めに改善させておくといいと思います。

 

体の不調のみならず、精神面での不調もちらほら聞くようになっているため、ご自身も含め、身の回りの方たちの状態には少し気を付けてお過ごしいただいた方がいいかもしれません。

 

ウツっぽいだけでも心配になりますが、それ以上のことも起こりやすい気がしています。

 

我慢したり心配かけないように隠すような人は、ため込んだ反動で突発的に一線を越えてしまうことがあるため、些細に思えるような異変やSOSと感じることについては、一応確認するようにしていた方がいいでしょう。

 

あと、ちゃんとした食事を心がけることです。

 

偏った食事もそうですが、元気がでるなりのものを食べていなければ、なんとなく落ち込むこともあります。

 

お菓子や甘いものは、血糖値が上がり元気になりますが、その後血糖値が下がることで気分の浮き沈みが激しくなることもあるので、感情的になりやすかったり、集中力がおちてミスをしやすくなり、自分から落ち込む原因をつくってしまうこともあります。

 

野菜も大事ですし、肉や魚もなるべく摂るようにして、温かい食事、美味しい食事、栄養も考えたしっかりした食事、そういうことを意識しながら食事内容を選んでいただくと、陰鬱とした感じになりにくいのではないでしょうか。

 

いらしていただければ施術しながら、個々に気を付ける点などお話もしています。

 

来週はまだ空きがありますが、不調の方は増えているため、当日の申し込みでは空きが少ないことが増えてきました。

 

なるべく数日前の早めのご予約をお願いいたします。

 

 

 

写真は息子が描いたサバです。