モニター経過報告

 

9月に入り気温が穏やかになるかと思った矢先に、台風の影響で湿度や気温が高くなり、過ごしやすいとは言い難い日が何日かありました。

 

暑さ寒さも彼岸まで、というので、あと2~3週もすれば、今年も秋めいてくるのでしょうか。

 

 

 

最近は足が冷えている、体から冷えが抜けていない、そんな感じの方がちらほらいらっしゃいます。

 

今日施術をした女性も足が冷えていました。

 

そして、蕁麻疹のような湿疹がでていたのでお話を聞き体をみると、体が冷えていることと、汗の排泄がうまくいっていない感じがしました。

 

あるところを触れてじっと内観していると、私が手を当てているところからメントールのような香りがするなにかがその方の体から排泄されていく感じがしたので、なにか最近食べたもので心当たりがあるか聞いてみると、食べ物ではなかったのですが、汗拭きシートが思い当たったそうです。

 

毎年使ってきたものですが、今年は例年と異なり更年期症状が出始めた時期だったので、体に合わなかったのかもしれません。

 

そのまま手を当てて様子をみていると、その香りが抜けた感じがしたあたりから、体が緩み始めてお腹や足先も温かくなっていきました。

 

私は、以前お世話になった先生から、治療に関して自然な排泄はなるべく抑えないほうがいい、ということはなにかにつけて言われてきました。

 

今回久しぶりにそのことを思い出しました。

 

日ごろから使い慣れているものでも、体調や時期によっては合わなかったり負担になるものもあります。

 

エアコンで足が冷えて調子が悪いということばかりではないようです。

 

食事、睡眠、適度な運動、不満を残さない考え方など。

 

体調に影響を与えているものは日常のあらゆるものです。

 

調子がすぐれない方は、なにか特別なものを使ったりする前に、まず基本的なところを問題にならない程度にできているか考えてみるといいでしょう。

 

そのうえで自分の健康に役立つものがあれば利用してみると、合う合わないがわかりやすくなりますし、体への負担も少なく効果が出やすい場合も出てくると思います。

 

 

 

先日もこちらでご紹介させていただいた、頭皮への鍼治療のその後です。

 

これまでのところで、順調に抜け毛が減り、髪の毛が太くなるところまでは確認できていました。

 

しかし、発毛に関してはまだよくわからなかったのですが、先日モニターの方がいらした際に頭頂部付近を確認してみると、長い髪の毛の半分ほどの髪の毛があちこちに生えていることがわかりました。

 

どうやら新しく髪の毛が生えてきているようです。

 

これはうれしかったですね。

 

まだ密度はやや甘い感じはしていますが、しばらく続けることでそれも改善される可能性がでてきました。

 

ただ、前頭部が大きな課題です。

 

最初の1か月は頭頂部(後頭部寄り)へ毎週刺鍼して様子をみていましたが、2か月目は前頭部から頭頂部前面にかけて刺鍼しています。

 

話しには聞いていましたが、前頭部周辺はやはり難しそうです。

 

しかし、産毛のような細く頼りない髪の毛が、黒くしっかりした髪の毛に変わってきたことが見た目にわかります。

 

頭頂部よりは時間がかかりそうですが、続けていきながら様子を見ていきたいと思います。

 

あと、体に副反応のようなものが出ないかご本人に聞きながら継続していますが、いまのところ特に問題はなさそうです。

 

もうしばらく継続していけばさらに改善する可能性が高いので、モニターの方と楽しみながら施術を継続しているところです。

 

見た目の変化は分かりやすくていいですね。

 

 

 

写真は、7月最初の施術時と昨日の写真です。