ナマズの絵

息子作 ナマズの絵
息子作 ナマズの絵

先日の土日、久しぶりに実家に帰省してきました。

 

途中の渋滞や運転の疲れはあるものの、道中の景色を見ながらと、子供たちが一生懸命に絵を描く姿を見て、気分よく帰ってくることができました。

 

東京は桜が散り始めていたのですが、山梨では桜はもちろんのこと、桃の花が満開でとてもきれいでした。

 

長野まで行くと、桃とこぶしの花が運転しながら見れましたが、新緑はもう少し先みたいで、地域ごとの季節の移ろいを感じながらの移動です。

 

実家近くでは、こぶしもそうですが、つつじがあちこちに咲いています。

 

とにかく花があちこちで咲き乱れているかのような感じで、花をとおして春をかんじてきました。

 

意外だったのは、夜になって、まだ水を張っていない田んぼから、カエルの鳴き声が沢山聞こえてきたことです。

 

季節の感じ方が年々ずれてきている気がしていますが、東京の桜の花が例年より早く咲いたように感じたり、カエルのことだったり、多少違和感を感じながら春を過ごしています。

 

 

 

今回、子供たちが何を描くのか楽しみにしていました。

 

息子は、先日多摩川で釣ったナマズを描き、娘は桜の木を描きました。

 

私の父が所々描き方や色の混ぜ方を教え、私とも形を相談しながら、なんとか描き上げたナマズの絵が写真のものです。

 

息子は、色を混ぜて描くということをここ最近のテーマに頑張って描いており、何度も確かめながら真剣に描いている姿は、見ていて楽しいものでした。

 

CGできれいに仕上げられる時代になっていますが、微妙な色を作ったり、ときに濁った水を混ぜたりして色を考えていく過程も、また絵を描く楽しみ方の一つかもしれません。

 

仕上げのひげを描き、落款を押したところで、笑顔になっていました。

 

一つやり切った達成感があったようです。

 

 

 

出張施術で外出する機会が増えています。

 

ご予約やお問い合わせでお電話をいただいても出ない場合は、メールでお問い合わせいただいた方が早いこともあります。

 

お急ぎの場合で電話がつながらない場合は、お手数ですがメールでもお問い合わせください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

余談ですが、最近地震が多いようです。

 

先月から気になっていたのですが、いまだに落ち着きません。

 

そんな時にナマズの絵を描くものですから、笑ってしまいました。

 

今年は水害も含め、自然災害が多いような気がしています。

 

前もっての備えで防げるものは、余裕があるうちにやっておくといいと思います。